『くまみこ』最終回はなぜ批判を浴びるのか

↓くまみことイカ娘に関するネタバレあります、注意!


『くまみこ』最終回はなぜ批判を浴びるのか。
簡単に言うと、オタクの期待を裏切ったからだ。

具体的な中身に入る前に、くまみこを見ていてふと気付いた事について書く。
それは『侵略!イカ娘』のイカ娘と似通った要素があるということだ。

まず、喜怒哀楽の表情の豊かさ。見ていて飽きないし、オタク受けする要素の一つだと思う。
雨宿まちは都会の高校への進学を夢見て、イカ娘は地上侵略を夢見る。
喋れるだけでなくIT機器にも精通する熊、海洋生物のような謎の能力を持つイカ娘。
まちとナツはニコイチな部分もあると思うので、イカ娘単体との比較でも問題はない。
この3人(?)は仲良くなれると思う。

しかし、決定的な差異が最終回で如実に現れた。
それは、まちとイカ娘が接する社会の広さだ。

イカ娘の場合だと家族同然の栄子、千鶴、タケルと、早苗、シンディー、渚、吾郎がレギュラーポジション。加えて3バカトリオ、偽イカ娘、南風のおっさん、タケルの担任など、何らかの関係を持つキャラを挙げるとキリがない。
まちの場合はどうだろうか。ナツ、良夫、響に、エツ子、松さん、子供たちなどの“熊出村”の人々。
最終話で失踪したまちを探すシーンで「今日だけでまちがこれまで会った人の数を軽く超えてる」という発言があったのが象徴的だ。
これこそが、あの最終話を産んだ原因である。

イカ娘1期の最終話で、イカ娘は触手の能力が退化してしまう。
リハビリのため海に戻ったイカ娘は、1年後にショートカットにした姿で再び現れる。
触手ではなく手を使ってアルバイトに励むイカ娘を見たタケルは、「こんなのイカ姉ちゃんじゃない!」と叫んだ。
一人で悩むイカ娘の前に謎の少女が現れて助言をした。それがターニングポイントとなり、やがて触手は回復、また日常に溶け込むのであった。
というストーリーだったのだが、決定的な違いは、まちが現実から逃げたという事である。
社会が狭いから、ナツに依存する描写で締めくくられてしまったのだ。
助言やアドバイスをしたり、まちが目標に進むことを誘引したりするキャラは、まちの接する社会にはいなかった。

アニメや漫画のオーソドックスな展開だと、絶望に落ちた主人公は這い上がり再び目標へと向かう――はずだ。
物語の王道だ。もちろん、王道はマンネリになりがちだし、冒険した方がアクセントになる場合もある。
ただ、ゆるい作品を求めるオタクが待ち構えている前で、その冒険はリスクが高すぎる
もしリスクを冒すのであれば、その分の見返り、つまり作品を通して表現したかったコトをキッチリ描写するのが正統ではないだろうか。
まちが本気で嫌がって悲しむ様をまざまざと見せ付けた後の、まちとナツのあのイチャイチャは視聴者を一層不気味な気持ちにさせる。あの最終話がとやかく言われる根底にあるのは、不気味さだと思う。

くまみこ最終話は、日常系作品を好むオタクは冒険して台無しになるよりも、マンネリで終わる方がマシだと思っているという証明になっているのかもしれない。
オタクは田舎を舞台にしたのんびりほんわかとしたアニメーションを楽しんでいたのに、最終話でメンヘラエンドを突き付けられて空振りを食らったわけです。

作品を批評することは、作品を新たにつくり出すよりも何万億倍も楽で単純なので、せめて改善案でも考えようと思う。
まず一つは、まちの都会行きを支援するキャラクターを配置すること。せめてでも肯定的に考えるキャラは必要なのではないだろうか。最終話でデパートの屋上で出会った少女が味方になりきらなかったのが惜しかった。
二つ目は、まちの接する価値観を増やすこと。熊出村の人々は人数としては少なくない。しかし、全員田舎者である。価値観は多様ではない。心の拠り所がナツだけというのは、まさしく共依存エンドである。
くまみことイカ娘は設定や背景の性質が異なるし、過疎に悩む村を舞台にしているのだからそもそも多彩なキャラクターを出しにくいという事も考えられる。

自分はこう思ったという紹介でした。
ここに書いたのはあくまで個人的な意見や思想ですが、気を悪くしたら申し訳なく思います。

イカ娘の魅力を語る

どうもアニメ漫画大好き人間です。
僕が特に気に入っている作品である「侵略!イカ娘」が22巻で終了してしまうという事を嘆く記事をしばらく前にアップしましたが、
その魅力を改めて考えてより一層イカ娘を楽しみつつイカ娘を知らない人に布教してみようのコーナーです。布教ではなく紹介ですね。

さて、イカ娘のストーリーを簡単に説明すると…
イカ娘が地球を汚す人間に激怒して世界征服を企むなんやかんやあって海の家で働かされることになる
こういう流れです。大雑把ですがギャグ漫画なのでこれで充分です。
ギャグ漫画と言っても、大爆笑!面白い!という雰囲気ではないのです。

イカ娘という漫画における第一の魅了は、実はこの雰囲気にあるのではないのかと僕は考えます。
大ボケや派手なストーリー展開や、露骨なお色気シーンも無い…
そんなユルい作風が受ける人には受けるんですよ。

そして何と言ってもイカ娘の生態・キャラクターが個性的で飽きないのです。
10本の触手とヒレのような頭部にイカスミを吐く能力…
語尾は「~でゲソ」とまさにイカ。
イカスミ吐きまくる女の子っておもしろ過ぎだろ…
性格は強気で臆病で人懐っこい小心者な女の子(イカ)で、イカ娘を中心に繰り広げる日常がゆったり・ほんわかしていてなんとも微笑ましいじゃありませんか!

ここまで読んでいて「興味が湧いた!」という人は、秋田書店のサイトで立ち読みが出来るそうなので読んでみてください。
「分からないよ!」という人も、ぜひ読んでみてくださいな。
侵略!イカ娘/秋田書店

うーん……自分の好きな作品を伝えるというのはなんとも難しいものです……
これからも懲りずに書いていこうと思いますケドね。




2015年秋季アニメ感想

そろそろ16年冬アニメがスタートする頃合いなので忘れない内に個人的感想(感想と言うより一言コメントだね)をまとめておく。

・『かみさまみならい ヒミツのここたま』
ニコ動のコメ付きだから見られた感。こころちゃん可愛かったし楽しめたけど。
・『温泉幼精ハコネちゃん』
続編期待したいと思います。和やかな作品。
・『ゆるゆり さん☆ハイ』
シリーズ最高傑作。原作買います。
・『ご注文はうさぎですか??』
いわゆる「あざとさ」がくどすぎるのでは?という声もあったけど、そういう作品なのでいいんじゃないんですか。
・『終物語』
集中力が乏しい自分には少々合わない西尾維新作品。そろそろ原作読みます(もう何年も前から言ってるけど未だに読んでない)
・『小森さんは断れない!』
小森さんと大谷くんのコンビ◎。ニヤニヤできる。
・『てーきゅう6期』
季節を重ねる毎に魅力が増していく。既定路線の7期決定に喜んでいたけどキービジュアルが明らかに終了の雰囲気を醸し出している…
・『あにトレ!EX』
続編期待。アングルが良かったです。
・『JKめし!』
料理系アニメということで期待していたけど思っていたよりもゲテモノ料理寄りだった。飴ライスは許されない。

やっぱり今季は見る本数が少なかったですね。ちなみにおそ松さん庶民サンプル巨人中学校は1話で切りました。
冬アニメも見たいと思う作品が少ないので不作が続くかなあというのが僕の思うところです。

漫画『侵略!イカ娘』、次巻が最終巻に

とてもつらい。






中学生の頃、アニメの1期を見てハマり原作コミックも買い続けていた作品。
イカ娘がきっかけで他の作品も観るようになったし、まさに僕にとってイカ娘は聖なる地、聖なる漫画のような存在なのです。
作中の季節はずっと夏。夏縛りで20巻以上も続けて安部先生も苦労されたことでしょう。






終わるのは非常に残念ですが、温かく見届けたいと思います。

ゆるゆり3期がシリーズ最高の出来だと自分の中で話題に

ゆるゆりさん☆ハイ。
10話まで見た時点での感想ですが、、、
素晴らしい!

ゆるゆりはコミック百合姫連載作品としては百合要素が少なく、ギャグ要素が強いと言われています。
1期を見て原作を3巻まで買い、2期ももちろん見ましたが、3期の完成度がダントツで高いと思っています。
ギャグもしくは百合一辺倒の作品だと、観ている途中でマンネリを感じてしまったり飽きてしまうこともあるのですが、ゆるゆりのアニメにはそんな部分が一切ありません。

3期を見ていて特に思うのは、百合が非常に自然なものとして描かれているという点です。
日常というベースの上に百合があるというよりは、あくまで日常=百合であり、それが違和感なく自然なため、日常と百合が分離されているように思えてしまう。
コッテリ・ガッツリではなく「自然体としての百合」を3期では最も強く感じます。

小気味よいテンポで入ってくるギャグがそうさせてくれているんでしょうかねえ…
大坪さんの演技もバカウケです。

制作会社が変わったのを危惧する声も放送開始前もいましたが、今ではそんな話聞かないですね。
調べてみると制作会社以外にもスタッフが大幅に入れ替わっているそうです。





Wikipediaを見てテーブルを作りました。
3期から、というよりは2014年のOVAからガラリと変わっていたんですね。
キャラデザや背景が1期2期とかなり違っているのはお分かりだと思います。

どのような意図があってこのような異動があったのかは知りませんが、これまでの良い部分を継承しつつ飽きさせない作品になっていると思います。
原作もまた集めたくなってきてしまいました。

2015年秋季アニメファーストインプレッション

ここ2、3日で一気に気温が下がり肌寒くなってきました。
秋季アニメの季節だ―って感じだ(?)
という訳で見始めた内の感想を……

・『かみさまみならい ヒミツのここたま』
今期は見る作品が少ないので切らなかった。ニコニコのコメント付きだと面白く感じられるふしぎ。
・『温泉幼精ハコネちゃん』
ショートアニメ。キャラがかわいいし笑えるのでいいですね。
・『ゆるゆり さん☆ハイ』
この時を待っていた…!2期でやらかした感あったけど、3期は1期に勝るとも劣らない完成度。ギャグと百合で二重に楽しめる。大坪さんキレキレ。
・『ご注文はうさぎですか??』
1期は実は見ていないんですよねぇ。。ゆるい作品が好きなので楽しんで見てます。
・『終物語』
安定の西尾維新作品。原作にもそろそろ手を付けたい。
・『小森さんは断れない!』
『旦那が何を言ってるか~』と同じ作者。『森田さんは無口。』をなんとな思い出した。
・『てーきゅう6期』
ショートアニメとして今期ナンバーワン。アーススタードリームという謎アイドルが歌うOPも結局クセになる。1話からユリちゃんの可愛さマシマシなのも◎。
・『あにトレ!EX』
視点が主観なのがいいですね。ストーリー性はあまり無さそう?

以上8本です。30分アニメが4本だけ…
少ない……
今期は見るアニメが一気に減った。
夏期は個人的に大豊作だったんですが、その反動が来てしまいました…
巨人中学校と庶民サンプルは切りました。巨人中学校はギャグが狙いすぎと言いますか、ボケが素直過ぎて退屈でした。
庶民サンプルはお嬢様の概念を考えなおした方がいい。あれただの世間知らずやんけ。わかばガールを見た後だとね……

色々書きましたが、今期はずば抜けて良い作品(ゆるゆりとてーきゅう)があるのが救いですかね…

2015年夏季アニメ感想

久し振りの更新なのにオタッキーな記事でどうも申し訳ないです。。いろいろとドタバタしていました…
それでは恒例のアニメ感想です。


・『わかばガール』…きんモザ作者原悠衣さんの作品。のんびりゆったり見られるアニメが僕は好きだ!

・『だんちがい』…短い枠。山もなく谷もなくという感じで。あまりツボではなかった。。

・『がっこうぐらし』…ニコ動の再生数の割には円盤の売上がアレという…。僕も初めの頃は絶賛してたけど考え直すと1話がピークだったのかも。ゾンビの恐怖も女の子要素も中途半端。もう少し人間関係をギクシャクさせた方が、他のホラー作品ともっと差別化を図れたかもしれない。

・『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』…第1話のおもしろさと衝撃が最終話まで継続しました。びんかんちゃんの反応が面白かった。小倉唯ちゃんもハタチになったんだしああいうのもしないとね(ゲス顔)。原作ラノベがどんな感じなのか少し読みたくなった。

・『戦姫絶唱シンフォギアGX』…結局全部見ちゃった。最後まで設定を完全に理解できなかったけど、勢いで楽しめた感。

・『干物妹!うまるちゃん』…第1話でクッソ腹立ったけど終わるのが惜しいと思った。回を重ねる事に視聴が楽しみになっていった、超尻上がり型の作品。2期あるよね?

・『WORKING!!!』…現時点でまだあと1話だけ残っているのかな?作画がアレ?な部分が多かったらしいけど特に気にならなかった。人間関係の絶妙な駆け引きやすれ違いが素晴らしいと思いました。

・『ワカコ酒』…2分アニメながら存在感は抜群でしたね…。真似したくなる。

・『てーきゅう5期』…言わずもがな僕が今季で最もハマった作品。個人的好きな話をランク付けすると、焼き芋回>猫の恩返し回>たこ焼き回 だ!好きな話というよりユリちゃんが可愛い話ランキングだ!

・『おくさまが生徒会長』…「今季のアニメは30分以外の作品が充実しているのが特徴だ」とファーストインプレッションの記事で書いたけど、これはその象徴的な存在。津田美波さんの大地を割る歌声が好き。規制解除ver見たい。


やはり夏季アニメに当たりが多いの法則はハマりましたね。
良い作品と出会うと嫌な事もいつの間にか忘れてしまいますね。
巨人の選手が賭博した事とか…あっあ!ああーーっ!(嫌なことを思い出し死亡)

『てーきゅう』原作コミック購入

久しぶりに1日に2本の記事を書きます。
2本目は僕が最近ハマっているアニメ『てーきゅう』についてです。

最新話の第57面「先輩と賢者の石」が素晴らしかったです。
5期ではトップクラスのギャグセンスじゃないでしょうか。
テンポが抜群で引きこまれていく感じはThis is てーきゅう といった回でした。そしてユリちゃんかわいい!

え?まだ見ていないって?
しょうがないなぁ、ニコ動の外部プレーヤー貼っておくよ!(誰も何も言ってないだろ)




てーきゅうをまだ何も知らないという人は是非この回を見てください。
今期の中では最もてーきゅうらしさが出ていると個人的に思います。
ユリちゃんの可愛さも加速している!




という訳で原作コミックを買った。
「平成の井上準之助」と呼ばれたこの僕が購入を決断するくらいですから、相当ハマっていると言えます。
出版社にお金を落として続編をどんどん作ってもらいます。まるでクラウドファンディングみたいな感覚ですね(ネット通してないからクラウドではないけど)。

表紙でお察しの通りキャラデザが漫画とアニメではそこそこ違うんですよね。ユリちゃんなんか髪の色まで違うし。
それはそういうものなので気にしませんし、聞き取れなかったセリフを復習できるのがいいですね。
キャラだけでなくギャグそのもの・作品そのものが好きな人であれば、原作コミックも楽しめるでしょうといった感想です。





イカ娘も全巻制覇を目指してぼちぼち買っています。
最近めっきり涼しくなってきましたがイカ娘の夏はまだ終わりません。
これもギャグ漫画ですが、ネタバレすると面白くはないイカちゃん可愛い。






【てーきゅう】好きな押本ユリちゃんのツッコミ7選

どうもアニメ『てーきゅう』大好き人間です。
コミックスも読んですっかりハマってしまい、6期決定もうれしい限りだ。
今回は押本ユリちゃんがこれまでにしたツッコミの中で、個人的に好きなものを列挙していこうと思う。


「いきなりパンチの効いたやりとりしますね」


第5期の猫の恩返しの話で、なすのとまりもの掛け合いに反応し。
作画開放パンツ丸出しでしたし、5期特有のユリちゃんの可愛さが色濃く出ている回でした。


「生暖かいって近所のガキじゃないですか!」


1期のプール回で変態のまりもの発言に対して。
まりもとかなえが「バカは風邪ひかない!」と発言していた割には、ユリちゃんだけが唯一風邪をひかないという…
そんなユリちゃんのどこかが抜けている感を垣間見た話でした。


「包丁の持ち方ヤベえしなんで虎の肉!?」


なすのがどら焼きを父親にプレゼントするという1期のエピソードにて。
ツッコミ役というのは本来、豊富なボキャブラリーが要求されるが、それでいて即座にボケに対し的確な返答をしなければならない。
「ヤベえ」という語彙は低位なものであるのにも関わらず、それがうってつけだったという類まれな例。


「なんすかこれ!?この辺浮いてないですか物理法則無視しないでくださいよ、つーかどうやって着るんですかこの服!?」


これも1期。かなえの家に遊びに行くという話ですね。
わずか数秒のセリフでここまで視聴者の気持ちを代弁するのが流石ツッコミ役であると言えます。
「なんすかこれ」というユリちゃんの代名詞的なフレーズが全てをつかさどる。


「今日の近藤さん全然人の話聞かないね」


4期の近藤うどん子回。
「ボケに対するツッコミ」という括りにおいては少しズレるかもしれないが、ユリちゃんの不満気な口調が気に入った。


「うんこ↑みたいに下手くそですからね先輩たち」


1期の対決回。
先輩をうんこ呼ばわりするその辛辣さがたまりません。
イントネーションもイイ。


「夜叉の構え出てる!? 」


1期1話。すべてはここから始まった。
「ツッコミありきのボケ」なのか「ボケありきのツッコミ」なのか、議論は今日まで活発に続いているが(ほんとかよ)、
とりあえず亀井戸高校てーきゅう部にユリちゃんは絶対に必要という結論が下されたのであった。


番外編・てーきゅうスピンオフ『高宮なすのです!』の押本陽大で好きなツッコミ2選

「合コンバカ女のムチャ振りか!」


「ビジホかよ!」





それにしてもこのブログ、記事のジャンルがバラバラである。

【速報】てーきゅう6期制作決定

公式発表がありました。

http://te-kyu.com/

やったー!!
新OPはユリちゃんかとてっきり思っていたけど、
謎のアイドル集団が歌うんですね…
なんなんだこの人達…

先日ネットカフェで原作コミックを読みました。
この手のギャグアニメは映像だからこそオモシロイという風潮があるのですが、
原作もなかなか笑えました。

アニメ版では聞き取れなかったセリフを確認できたのも良かったですね…
ただキャラデザは5巻以降のものが好みです。

所有欲求を満たしたい感が出てきましたが迷う…

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
32位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク