原価厨の知らない“原価”の正体とは?

某掲示板やSNSでたまに湧く「原価厨」。
例えば「2,500円の宅配ピザの原価は400円!ぼったくりだ!」と主張し、ある時は「ファストフードのフライドポテトは原価に比べて高すぎる!」と持論を述べる。
この原価厨の主張する“原価”とは一体何者なのだろうか?彼らの論は時にバトルにまでも発展するが、なぜそのようなことが起きるのかを考えていきたいと思います。

まず、原価と一言で言ってもおおまかに3つに分けられます。
1.製造原価 製品の製造活動に要した原価
2.販売費 販売活動に要した原価
3.一般管理費 一般管理活動に要した原価

この3つの合計は「総原価」と呼ばれます。
さらに製造原価は3つに分類でき、
1.材料費 原材料費など製造に使用する材料を消費することで発生する原価
2.労務費 労働者を雇うことにより発生する原価
3.経費 上記1.2以外の製品の製造に要した費用

となります。ここでもう原価厨の言っている事にズレがあることがお分かりだと思います。
原価厨は材料費以外の原価を無視しているのです。だから無益な争いが起きる。

先に出した例の宅配ピザは、材料費としてはそんなものかもしれません。
ですが、配達と製造にかかる人件費や燃料・光熱費、ピザを作るのに必要な備品の調達費、店舗の家賃などを考慮した上での価格設定なのでしょう。店舗まで受け取りに行くと割引になるサービスもありますが、配達コストがかなりかかるそうです。
原価厨は原価ではなく原材料費という言葉を用いて主張すればいいだけの話ですね。
原価計算のお話はもっと深入りするとこんなもんでは済みませんが、いずれ勉強していく中で書けたらなと思います。

今年1月に起きた格安バス事故は、料金が1万円強なのにも関わらず往復バス代と宿泊費とリフト券にレンタル代まで含まれていたそうです。
そのお金で泊まれる宿はどのレベルで、食事はどんなものが出てくるのか、どこでどのようにバス会社に利益が出ているのか……
を考えると………この手のサービスを利用しますか?
原価を学ぶことにより、自分自身がお金をかけるべき財を適切に考えることができるのではないのでしょうか。

原価の正体を知らない原価厨クンには今すぐアツアツのフライドポテトを200円やるから食わせろと要求していきましょう。

Amazon Studentを1ヶ月利用してみての感想、プライム・ビデオがなかなかイケル

今年の年頭にクレジットカードを作ると共にAmazonプライムの会員になってみました。
Amazonの有料会員は2種類、一般向けのAmazonプライム(会員費:税込3900円)学生向けのAmazon Student(会員費:税込1,900円)がある。
学生向けは「書籍に10%分のポイントが付加される」という特典がある一方、一般向けの「Kindle端末の割引」特典はありません。違いはその2点と会員費という認識で大丈夫です。
ちなみに大坪由佳さんの写真集にも10%のポイントが還元された(小声)
コミックや雑誌はダメだそうだけど。

僕はプライム・ミュージックとプライム・ビデオが目当てだったので他のサービスにはさほど感心がなかったけど、やはり配達日時を指定できるのはありがたい。
お急ぎ便は使ったことがありませんが、配達会社の人は相当割を食っているのではないのかと心配になりました。

最も使うのはプライム・ビデオですね。
視聴できるコンテンツが意外と充実しているのです。
洋画も邦画もあるし、『孤独のグルメ』のシーズン1~4、『ドラえもん』・『クレヨンしんちゃん』・『あたしンち』の大長編もカバーされている。ゲームしながら過去に放送されたあたしンちを観るにハマってます。
アニメで言うと『てーきゅう』が1~4期、『高宮なすのです』、今放送中の『だがしかし』、『ゆるゆり』1・2期、『ごちうさ』1・2期、『中二病でも恋がしたい!』1・2期、『変態王子と笑わない猫。』、『あっちこっち』、『ワカコ酒』、『ヤマノススメ』、『未確認で進行形』などなど……
ゆるゆりはOVAも観られるのがホントに最高でした。
「放送時はマジメに観なかったけど改めて見ようかな~」なんて使い方もしていこうと思います。
映画に関しては、「わざわざレンタルするほどでも無いけど興味はあるんだよな~」くらいの作品(失礼!)を鑑賞できるのがツボ。実写版Anotherとか
過去の名作をもう一度観られるので大満足。

その一方でプライム・ミュージックは曲数が少ない。アニソンも(一部のてーきゅう・鳴海杏子・ヤマノススメソングがある他は)いまひとつ。
クラシックを垂れ流す分には十分ですがね。

プライム・ビデオとプライム・ミュージックは有料会員でないと利用できない(無料体験期間中は使えない)ので、すぐに有料会員に切り替えました。
Amazon Studentを利用するにはクレジットカードと学生証もしくは大学から配布されるメールアドレスが必要です。本人確認は僕の場合は特にありませんでした。

年間1,900円でこれらの恩恵が得られるので非常にお得だと思います。
プライム・フォトなど新しいサービスも発表するAmazonですが今後どのような進化をするのか楽しみです。
この記事は執筆時点での内容なので変わる恐れがある事にご注意下さい。

Amazon Studentの詳細リンク



Amazonの価格推移をチェックできるChrome拡張機能「Keepa - Amazon Price Tracker」が便利すぎる

どうもAmazonポチリまくりマンです。
実店舗には置いていないようなマニアックな商品も何件ものレビュー付きで確認できるし、配送も無料。
実は最近クレジットカードを作ったので支払いも非常にラクになり、ますますAmazonで買い物をする機会が増えました。

そんな便利なAmazonですが、今回はAmazonをさらに便利に使う裏ワザの紹介です。
裏ワザと言っても、ブラウザの拡張機能を使うだけです。
Keepa - Amazon Price Tracker はAmazonの価格推移をグラフで見ることができる拡張機能です。





このようなグラフが商品画像の下に表示されるようになります。特別な設定やアカウント作成は必要なし(アカウントを作ればメールで買い時を教えてくれる的なサービスがある)
Amazon価格、マーケットプレイスの新品、マーケットプレイスの中古品、そしてタイムセールの履歴まで把握することができます。

この拡張機能を使えばよりお得に買い物をすることができます。
「現時点では2,400円だけど1ヶ月前は1,700円だな……もう少し待って値下がりを期待するか」といった使い方や、「今は3,000円だけど先週は4,000円だったのか…よし、今が買いだ」という風に、ポチるタイミングをバッチリ把握できます。
Amazonの価格変動って意外に大きいんですよね……
ChromeとFirefoxに対応しています。
これとクレカの組み合わせはほんと危険です。落ち着きながらポチリをしていこうと思います。

iPhoneのバイブの振動がうるさかったら「おやすみモード」を使うべし




どうも僕です。
大学の講義中にシャッター音を鳴らす奴をなんとかしてほしいという事を、ちょくちょく書いていますが、
実はもう一つなんとかならないものかと思っている事があります。

それは「スマートフォンのバイブの振動」です。
分かる人なら「あーアレね」と思うでしょう。振動が机に響いてうるさい!
僕もまれにやってしまうので偉そうに言えないのですが、そういう時はカバンやズボンのポケット(かさばるから机上に出しちゃうんだけど)にしまっています。
でもたまに振動音を物ともせず、机上に放置したままの輩もいます。

ゴルァァァアアアアアア!!!!!!!うるせえええ!!!!!!!
この手の奴は授業中ではなく、自習室でよく見かける!!
うるさいって自分で分からないのかね????一度気付いたらその時点で仕舞い込め!!!!

通知が気になるのだろう。まあ、それは分かる。
そこで!iPhoneには「おやすみモード」が、iOS6以降搭載されています。
デフォルトの機能なので別途アプリをダウンロードしなくても使える。

解説しているサイトもありますし、詳しく説明はしませんが、
ざっくり言うと「音やバイブを鳴らさずに通知を受け取る機能」です。

ロック画面や通知センターを見ると、しっかりと通知は表示されます。バッジ表示ももちろん。
おまけに通知が来た際に画面が点灯しないので、勉強中は特に役立ちますね。

使っている人をあまり見たことがないので書いてみました。
それでは

FC2ブログを見直す時が来たか

【ブログ】FC2ブログの誤凍結に関してのお詫び

FC2ブログにおいて大規模なブログ誤凍結騒動がありネットで話題になりました。
僕のブログは小規模ですし、検知の対象となるキーワードも入っていなかったためか凍結はされませんでした。
しかし自分のブログが凍結していたらビックリ半分恐怖半分でしょうね。
ある日アクセスしたところ「このブログは凍結されました。規約違反があったため、多数のユーザーに迷惑を与えたためです」というようなメッセージが表示されたら、変な汗が出てきそうです。

FC2は社長が逮捕された件もありましたし、今回のお粗末な騒ぎはブログ運営を見直すきっかけになるのではないでしょうか。
以前入り浸っていた某ゲーム攻略サイトのユーザーにFC2ブログ使いが多かったのでFC2に決めた、というのが僕がこのサービスを使い始めた理由です。
後々感じたことですが、アメブロやライブドアブログ、はてなブログよりも使い勝手が良いと思います。
訪問者リストの機能や、自由度が高くてカスタマイズし易い所も気に入っています。

訪問の流入者数を稼ぐのであればはてなブログが有利に思われますが、どのサービスを使おうと最も大切なのは中身=コンテンツなので、結局はいい記事を書くと見てくれる人は見てくれるのです(いいこと言った)。

完全な引っ越しをするつもりはまだありませんが、予備としてサブブログを立ち上げるべきかなぁなんて思っていたり……
理想を言えば、PHPとネットワーク系を勉強してワードプレスで開きたいところですが……(時間の制約やPCのスペック的にも厳しい)

いくら無料のサービスと言えど今回の騒動はあんまりですね。
ブログはその管理人の積み上げてきた創作と経験と情報のカタマリです。
一番安全なのは自宅サーバーを開設して自分でプロバイダを設立することでしょうか(無理)。

【野球】自分用リンク集

これは普段の記事とは違いリンク集的なページです。
普段の生活やブログ記事を書く際に、参考にしたり情報入手源にしているホームページを掲載していきます。
お世話になっているサイトがいくつもあるので、自分のために整理するつもりで書いていきます。



ニュース・ヘッドライン

野球 : ニュース : スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/baseball/
スポニチ Sponichi Annex 野球
http://www.sponichi.co.jp/baseball/index.html
Yahoo!プロ野球
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/

野球のニュースを確認する時は主に報知とスポニチを使う。
報知は読売グループなので巨人の情報が多くて◎。スポニチは昔からの習慣。
ヤフーは一球速報や試合結果(特に出場成績)を見るのに使う。



巨人情報

my favorite giants 【読売ジャイアンツ(巨人)データサイト】
http://www.my-favorite-giants.net/

知りたい情報が全て載っていると言っても過言ではない。レイアウトも公式より見やすい。
選手名鑑は1・2軍成績やポジション別の出場数、ポストシーズンの成績まで載っている。
特にオフの動向・選手近況(ケガ情報もある)・二軍情報は非常にありがたい。


セイバーメトリクス系データ

プロ野球ヌルデータ置き場
http://lcom.sakura.ne.jp/NulData/
プロ野球データFreak
http://baseball-data.com/
Baseball LAB[ベースボールラボ]プロ野球×データ 選手成績など情報が満載
http://www.baseball-lab.jp/

野球と統計学が融合したような領域が「セイバーメトリクス」。まだ勉強中だけど。
ヌルデータは守備位置別の出場数が、データFreakは年俸が載っているのが便利。
データスタジアム社が主宰するベースボールラボはコラムなど読み物も充実。これから学びたい人にも。



その他データ系

こちら、プロ野球人事部
http://home.a07.itscom.net/kazoo/pro/pro.htm
「戦力外速報」や「給与明細」をよく見る。小学生の頃からお世話になっています。

スタメンデータベース 
http://sta-men.jp/
1981年から今に至るまでのプロ野球全試合のスターティングメンバーを確認できる。

マネスポ
http://www.monespo.com/
選手の年俸推移を知りたい時に。

ドラフト・レポート
http://draftrepo.blog47.fc2.com/
アマチュア野球の選手を調べる時には必ず使う。

日本野球機構オフィシャルサイト
http://www.npb.or.jp/
公示や過去の試合結果を見るために。個人成績に的を絞るサイトが多いだけに意外にも役立つ。レイアウトには触れるな



読み物

色彩 野球~baseball color~
http://www.h5.dion.ne.jp/~snake17/
データ系のコンテンツが増える中、独自の着眼点からプロ野球界を斬る。読み応えあり。

プロ野球死亡遊戯
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/nakami/
有名ブログ。巨人の記事がほとんど。文章に中毒性がある。



てな感じで羅列してみました。また追加等すると思いますが。
「個人的によく使う」というテーマで書いてきたので、「あれがないこれがない」が人によってはあると思います。
はてなブックマークではありませんが、こうやってお気に入りを晒すのもアリでしょう。

『タンタンの冒険』を懐かしむ

僕は読書の傾向として、気に入った作家さんの作品を執拗に読み漁るという特徴を持っています。
多種多様に渡るジャンルの本を広く読もうとは心の内では思っているのですが、図書館やブックオフでやはり同じ作者の本を選んでしまう。
この手の本のチョイス法は他の人も同じかもしれませんが、時々昔傾倒していた作品をふと見かけて懐かしむことがあります。

先日、某笑顔動画サイトを見ていたら、昔読んでいた『タンタンの冒険旅行』のアニメがアップされていたのです!
NHKで放送されていたものはチラっと過去にテレビで見たことはありますが、ネットにもこの作品のファンがいるということに親近感が湧きました。

あ、↓のキャラが主人公ね 横はスノーウィという飼い犬

http://www.tintin.co.jp/


この主人公が世界中を旅して様々な事件に巻き込まれていくという、冒険まんがです。
ちょうど小学生の時に図書館で偶然見つけてひたすら読んでいた。
活字ばかりの空間にまんががあるという意外性も手伝ってドハマりしました。
小学生の頃はタンタンと『ズッコケ三人組』を読みまくっていたなぁ…

これはまた先述とは違う話ですが、某動画サイトでなんとなくプロ野球動画を見ていたらとんでもないことに気づいた。
QVCマリンフィールドにタンタンの広告があるのです!外野スタンドの壁にデカデカと!
調べてみると千葉銀行がタンタンを公式キャラクターに採用しているそうで、その看板でした。
千葉銀行の担当者のセンスが凄いです。会ってなぜ採用したかを訊きたいです。

とこんな風に、近頃タンタンが猛烈に懐かしくなっている。
大学の図書館にはまず置いていないでしょうから、地域の図書館にでも行ってみようかな…
児童書コーナーに置いてあるはずなので、不審者に間違われないように注意して読みに行きます。

ミニマリズムが許される条件

 はてなブックマークを見ていると、ミニマリストが書いたブログ記事が炎上していたので気になった。
家電量販店に行って物が溢れている空間を目にして、うわぁミニマリズムを信仰する私には考えられなぁい><というような事が書かれていましたが、所々鼻につく表現がありそれが原因で爆発炎上したようです。
その記事自体についての意見は他の人が書きまくっているので僕はしないが、これを機にミニマリズムについて考えてみることにします。

 そもそもミニマリズムとは、無駄な所持物を断捨離しシンプルイズベストの生活を営み、人生の本質と向き合うライフスタイルのことだ。ミニマリストにもタイプがあるようだしこの言葉自体俗語なので正確な定義ではありません。
要するに必要最低限な物だけで暮らしていくことです。

世の中には物が溢れすぎている!
車なんてバス電車で代用できるからいらない、家なんて4畳半の部屋で十分だ、衣類も清潔が保てればオシャレなんてどうでもいい、ストレスが溜まるだけの労働をするのなら少ない賃金でのんびり働くほうがいい…
みたいな主張があります。
労働で溜まったストレスを労働で稼いだお金で発散するのがバカらしいという考えはなるほどなと思った。
まるでストレス解消のために働くなんて状況だったら、初めから働かない方がよっぽどマシです。

 1日8時間働いて得られる賃金と失われる自由、どちらが重いか。
やろうと思えば月々の生活費なんて5万円で済むでしょう。高校生のアルバイトでも稼げます。
生活を切り詰めてフリーターで生きていく方が、自由度や満足度で言ったら高いのではないのでしょうか。
社会のレールから外れるのと安定した給料の代わりに、自由を手に入れることが出来るのだ。

 しかしもちろん、これはおおっぴらにすることではないですよね。
まずここの国民には労働して税金を納める義務がありますが、ミニマリズムはそれと真反対の生き方です。
若者がこぞってミニマリストになったら恐ろしいです。年金も税収も激減することは間違いありません。
下手なテロよりもよっぽど脅威です。ドラえもんで全国民の知能がのび太レベルになるという話がありましたが、まさしくあれを思い出しました。

 経済的な影響も計り知れません。
消費が落ち込みGDPも右方下がり、労働人口も減少し、企業は倒産しまくるでしょう。
国際的な競争力を失った日本はやがてアメリカの支配下に収まり…
って近未来小説か。
要するに労働者は絶対に必要という事なのです、

 炎上した記事では働く人に対し無神経に小馬鹿にするような言動をし、「どうして働くんだ?」と言わんばかりの勢いで煽っています。
ここが炎上したポイントですね。
ミニマリストはひっそりと静かに生きていけばいいんです。
そして、労働者や社畜は絶対に尊敬しなければなりません。
ブログに書く分には自由ですしお好きにしてくださいとしか言えませんが、ミニマリズムを信条として生きていくには謙虚さを失ってはいけないと思いました。
ミニマリストがブログを書いてるその電子機器だっていろーーんな人の努力や労働があって使えるものなんだぞ、と。

 炎上したポイントは抜きにして、ミニマリズムは今までの自分には無かった考えなので今後も勉強していきたいです。
年収50万円の人のブログを去年から見ているのですが(月収じゃないぞ、年収が50万だぞ)、その手の生活ぶりには非常に興味があります。
僕も就職して働くのだろうか。
働くことが全ての人生にはしたくないなぁ…なんてこの頃思う。
あと2年もしない内に就職活動が始まるはずなのに、近未来のビジョンがまったく浮かびません。
とりあえずテストが終わってから考えますね。


炎上した記事→ミニマリストがビックカメラへ買い物に行った結果

目についたツッコミ記事→何がミニマリストだこの知性ミニマリズム女が

僕もポロシャツ3枚でしのいでいます。

何のためのツイッターなのか

 どうもネットウォッチャーです。
今日はサックリと。

 最近はプロ野球球団の広報だけでなく、選手自身もツイッターのアカウントを持つようになった。
やるやらないは選手の考えだしどうでもいいのだが、個人的にどうも苦手だ。
何と言うか…夢が無いと言うか…

 選手とファンの距離がSNSによって短くなり、コミュニケーションが取れるようになったというのは喜ばしいハズなのだ。
にも関わらず、僕の心の中には嫌悪感がある。
やっぱり、野球選手は雲の上の存在で居て欲しいという観念がまだあるのだ。

 アスリート系ツイッタラーの走りである(要出典)ダルビッシュ有のアカウントはフォローするくらいには好きなんですがね。
あの人くらいのレベルになると雲の上どころか異次元と接するような気分だし、そもそもツイートがおもしろいのだ。
ツイッタラーとしてのアイデンティティを確立している、とでも言うべきか。

 一方一軍半の選手やルーキー選手がやっているのを見ると「いやいや呟いてる場合ちゃうやろ」とツッコみたくなる。
大きなお世話であることは重々承知ですが…活躍を期待している選手がアカウントを持っているとなると、あっ…(察し)みたいな。
まあまあ、ツイッターというのは見たい人だけをフォローすればいいし、そういうツールなので納得するしかない。
評判を上げるのも下げるのも選手の勝手だ。

 しかし、そうでないのが球団公式ツイッターだ。
悪い意味で知られているのはオリックス・バファローズ公式とソフトバンク・ホークス公式だ。
オリックス公式は流石に上司が注意したのか最近は落ち着いていますが、ホークス公式は未だに過激なツイートが目立ちます。
他球団ファンを煽ったり、対戦相手チームの選手に無礼な発言をしたり、ツイート内容がやたらくっさい…
いやいや、するのは自由だけど、公式って銘打っているんだからチームの顔に泥を塗りたくるようなことするなよ…

 あとシャープの公式アカウントも好きじゃありませんね。
流石に煽りや暴言はしませんが、発言内容がゆるゆる過ぎるのです。
中期経営計画を発表した日にも呑気に呟いてるし…
中小企業化案も叩かれまくってたのに(断念したけど)よく続けられるなと。
株主の顔面が白物家電の如く真っ白ですよ。(上手くない)

 距離感が縮まるのは良い事ばかりではありません。
ブログでも気を付けます。

宝塚の「ブスの25箇条」が話題に

 TBSラジオ・大沢悠里のゆうゆうワイドで紹介されていた「ブスの25箇条」が面白かったので、忘れないようにここに書いておきます。
宝塚歌劇団の団員はこれを毎日目にして意識しているそうです。


1. 笑顔がない

2. お礼を言わない

3. おいしいと言わない

4. 精気がない

5. 自信がない

6. グチをこぼす

7. 希望や信念がない

8. いつも周囲が悪いと思っている

9. 自分がブスであることを知らない

10. 声が小さくいじけている

11. 何でもないことに傷つく

12. 他人に嫉妬する

13. 目が輝いていない

14. いつも口がへの字の形をしている

15. 責任転嫁がうまい

16. 他人をうらむ

17. 悲観的に物事を考える

18. 問題意識を持っていない

19. 他人につくさない

20. 他人を信じない

21. 人生においても仕事においても意欲がない

22. 謙虚さがなく傲慢である

23. 人のアドバイスや忠告を受け入れない

24. 自分が最も正しいと信じている

25. 存在自体が周囲を暗くする




 う~ん……
提示されてみると当たり前のことだが、これと逆のことを欠かさず行うは難しい。
と言うより、当てはまるものが大半です。
これは一時的な詰め込みで習得できるのではなく、毎日常に意識することで身に付けることなんでしょうね。

 個人的に「ハッ!」と特に思ったのは「9. 自分がブスであることを知らない」「7. 希望や信念がない」「21. 人生においても仕事においても意欲がない」あたりです。
「23. 人のアドバイスや忠告を受け入れない」「24. 自分が最も正しいと信じている」は己の信念を押し通して成功するタイプの人には当てはまらないのでは…?と思ってしまう。

 ブスとは顔面偏差値ではなく、意識・態度・仕草など内面で決まるのだということを、この25箇条は教えてくれる。

 坂東眞理子氏の『女性の品格』を読んだ時、抽象的な話よりハウツー的な話の方が多かったので少し拍子抜けしてしまいました。
なのでこの25箇条を掘り下げた文章を読みたいと思った。『女性の品格』の要素をひとつひとつ拾い上げて抽象化すると25箇条みたいなものになるのかな。

 大沢悠里さんが「うまいうまいと言いながら食ってくれたらまた奢りたくたる」と言っていましたが、自分がされて気持ち良いことを思い浮かべると考えやすくなるかもしれません。




プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2399位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
55位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク