スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝山寺に行ってみた

3億8千年ぶりに地元に帰った。
大学に入ってから初めての帰省なので実際は2年ぶりです。が、体感的にはそれくらいの長さに感じる。
という訳で今回はぼくの地元のスポットについて紹介してみようと思います。

奈良県北西部、奈良と大阪を隔てる生駒山の中腹に位置するのが宝山寺である。
日本最初のケーブルカーに乗って宝山寺駅まで向かう。



地元の人間にとっては極めて親しい車両であるが、県外から来た者にとってはただのエキセントリックな物体である。
(写真は帰りに撮ったもの)

宝山寺駅を出て歩くと、「聖天通り 観光生駒」と書かれたアーケードが出迎えてくれる。



あたりには料理旅館など観光客相手の商売屋が何件も立ち並ぶ。



が、「18歳未満お断り」の旅館もあるのがこの地の特徴である。
まあ、どういう場所かはご想像におまかせしますがね。

つまり、宝山寺とは、「聖」と「性」の地なのである。(それが言いたかっただけだろ)
生駒山の歴史や文化は実はなかなかディープなもので、本が出るくらいである。



宝山寺は初詣スポットとしてもよく利用されるが、閑散期の平日ともなれば人はほとんどいない。
行く手を阻むほどキツイ階段と坂を登るにつれて、神秘性と荘厳さが感じられるライブ感は、寺社マニアにとってはたまらないのではないだろうか。







いわゆるパワースポットとしての人気もあるそうだが、個人的にそういうのは好きじゃない。
だってパワースポットに行くだけのパワーがあるじゃないか、矛盾している。



また、ぼくはお寺を特別厚く参るという趣味もなく、ご先祖様のお墓に手を合わせさえしたら救われるという単純な信仰を持っている。
だが、宝山寺で何百体ものお地蔵さんに囲まれながら歩くと、自然とありがたい気持ちになるのだ。
「無事に免許が取れますように」だとか、「第二外国語の単位が今年こそは取れますように」だとか(!)、「今度第二外国語の単位を落とすと留年なのでどうか進級させてください」だとか(!!)、ついつい願ってしまうものであう。

意識せずに、いつの間にかありがたい気持ちになってしまう―それこそが真のパワースポットなのではないだろうか。



強引にまとめた感がありますが、第二外国語はホントにヤバイのでヘラヘラしていられませんね……
久し振りに育った地元に帰ったので、住んでいた当時よりも、その地域の事をもっと知りたくなりました。

















みなさんも地元のディープな場所探索をされては如何でしょうか。

スポンサーサイト

蒼樹うめ展に行ってきたって話




僕です。
10月3日~10月12日まで東京・上野にある上野の森美術館で開催されていた、蒼樹うめ展に行ってきました。
『ひだまりスケッチ』や『魔法少女まどか☆マギカ』のキャラクター原案などで有名な漫画家・イラストレーターの蒼樹うめ先生の個展です。
アニメ4期まで放送されたひだまりスケッチしか僕は触れていませんが、半年以上前から行こうと決めていたのです。

平日昼間に行きましたが、むちゃくちゃ人が多かったですね…。それでも15分待ちで入場できましたが。
スーツ姿の人や明らかに中学生風の人達も多く居たので「この人ら仕事や学校は大丈夫なのか??」と一人で思っていました。すんません。

唯一撮影可能な展示箇所だったのがゆのっちの部屋。



















アニメで見たのと同じだ!シャフト感溢れる演出だった目覚まし時計もバッチリありました。

内容はひだまり8割、まどマギ1割5分、残りその他といった感じ。
蒼樹うめ先生の絵は、キャラクターから生き生きとした雰囲気が感じられました。
何というか、一枚の絵にそのキャラが宿っていると言うべき…
衣服のシワの様子や髪の毛先が跳ねている描写などが、キャラと絵をすごくビビットなものにさせているんですね。

絵を見た受け手に空想をふくらまさせるような、ストーリー性を感じさせるのも彼女の絵の特長だと思うのです。
僕の好みの絵や写真もそういうものです。
静止画と動画の決定的な違いは連続性、つまり時間を記録しているかどうかだと思うのです(シャッター速度とかそういうことじゃなくて)。

絵や写真で、受け手を空想の世界に誘うような表現をするのは難しいことです。
僕はブログをやっていますが、「そんな写真や文章をつくっていきたいなぁ」とこの個展を通して思いました。

さて、展示ではゆのっちの絵描き歌コーナーもありました。
「これでお絵かきレベルが上がるぞ!」と鼻息を荒くして実際に書いてみました。





……うん。
上手では無いしオチに使うのにも弱い中途半端な絵やね…………

霞ケ浦に行った時に寄ったスーパーまとめ

普通のシティサイクルで霞ケ浦までに行った時に、水分補給と休憩を兼ねてコンビニやスーパーに数軒寄りました。
スーパーマーケットというのはおもしろいもので地域によって品揃えから値段や売り場までいろいろと異なります。
という訳で立ち寄ったスーパーをメモしておきます。


西友 取手駅前店 茨城県取手市新町1-9-1

利根川を超えてすぐの所にある。2時間まで無料のロック付き駐輪場もあるので安心。
年中無休で営業時間7:00~24:00というのもありがたい。
売り場は1階のみですが、西友らしく広めの店舗で日用品も売っています。
PB(プライベートブランド)と惣菜類、パンが安いですね。
なぜか2階がパチンコ屋という謎設計。


ヤオコー 竜ヶ崎佐貫店 茨城県竜ヶ崎市小通幸谷町松ノ下201-1

訪れたスーパーの中で最も良かったと言ってよい。
埼玉県を中心に関東圏に約120店舗を構えるが東京23区には無い。
噂に聞いていたので気になっていました。
売り場は広くて綺麗だし、商品の棚もキッチリ整理されていてどこに何が置いてあるかが明確。
「yes!」というPBを展開。
一番良かった点はイートインスペースが8席あったところ。涼ませてもらいました。
ちなみに近くにビバホームやドン・キホーテもある。


FOOD OFFストッカー牛久ししこ店 茨城県つくば市高見原1丁目3番地10

株式会社カスミが運営するスーパーマーケット。
調べてみるとなんと元東証一部上場企業でした……
2015年2月に「マルエツやマックスバリュ関東と共にユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社を設立し、その傘下となる」とWikipediaに記載がありました。
なるほど、道理でトップバリュ製品が置いてある訳だ。
年表を見て興味が湧いた。
この店舗でセルフレジを初めて見ました。
効率は良いのかもしれませんが、初見だと使えないですね。
大型のダイソーが併設されています。


スーパーマーケット ハリガエ 茨城県土浦市小岩田東1丁目2−36

寄った中で一番冷房がガンガン効きまくっていた。
全国のスーパーマーケットが加入する共同仕入機構であるCGCジャパンの加盟店ということを、PBを見て察しました。
あとは謎。とにかく謎。
公式サイトらしきHPにアクセスすると、何故かFC2 SNSという……
小学生が情報の授業でワードで作ったようなバナーが表示されるし……
店舗もここだけみたいです。
ここでとんかつ弁当と巻き寿司を買いましたが美味しかったです。
立地の割に店舗はさほど大きくない。


ヨークベニマル 土浦真鍋店 茨城県土浦市真鍋新町20-19

本社を福島県郡山市に置き福島・宮城・山形・栃木・茨城に200店舗を展開。
ここの公式サイトも面白いことに、トップページは造り込んであるけれどコンテンツをクリックすると一気に手作り感あるれる作りになるという……
1973年にイトーヨーカ堂と業務提携を結んでから社名を現在のものに変更したという。
2006年にセブン&アイ・ホールディングスの完全子会社化。
個人的にPBだとセブンのものが一番好きです。
大型店で品揃えは豊富でした。


という訳で5つのスーパーに寄りました。
普段行かないスーパーを見て廻るのは面白いものですなぁ……

自転車で霞ヶ浦一周してみよう

前回の続きです。

霞ヶ浦の周縁はサイクリングロードが舗装されており、湖に沿って走行できるのです。
霞ヶ浦大橋でショートカットすれば94km、しなければ120kmだそうです。
僕はショートカットを選び、土浦を起点に反時計回りに進みました。






まだ完全に日の上がらない内に出発。空が広い!




とにかくだだっ広い。
この開放感は中々味わえない。




コサギやアオサギが水中の魚を狙っていました。
朝6:00から活動している釣り人もゾロゾロ。




水!蓮畑!田んぼ!という景色の連続。




サイクリングロードは車も人も少ない。散歩中の地元民か釣り人の車両ぐらい。
コンビニも少ないので飲料は事前に調達しておくのが無難。

水辺を通れないのは、出発してすぐの防衛省の施設がある二箇所だけ。(甲子園出場の霞ヶ浦高校も近くにある)




途中で飽きてくる
湖!湖!湖!ってもう水見飽きたわお腹タプタプやわ状態なのに、限りなく透明に近いブルーな湖と空が広がる。
青白くかすむ対岸を見てため息が出そうな程長く感じる。

当日は雲が多かったとは言え、陽射しが容赦なく日焼けに突き刺さるのでイタイ痛い。
ふくらはぎのヒリヒリが本当に辛かった。
あ、だからロードバイクガチ勢の人って皮膚を隠しているのか…(早く気付けよ)




変わらない景色・日焼け痛にヒーヒー言いながら、例の霞ヶ浦大橋まで到達。
行方市(なめがた)側に道の駅があったので涼んでいきました。






やったー渡り終えた―と思ったら、ここから土浦までが本当に遠いんだまた。
ここからは大きな橋もなく、再び変わらない景色との戦いになる。

ここまで来たからには行かねばならぬ。
いや、進まなければ帰ることができない。

最後は半分キレながら無事土浦まで帰ってきました。
湖沿いから国道に合流できた時、名状しがたい脱力感に包み込まれましたね…
「やったー!」とか「よっしゃー!」みたいな達成感ではなく、「はいはい終わった終わった長い長いながかったよおおおおお」みたいな感じだった。

さっそくその足で「湯楽の里」という銭湯に行き、日焼けした肌を思い切り冷やしました。
2日間で150キロ以上走行した体の疲れを癒やし、岐路へのエネルギーを充電しました。

朝の6時前に出発し午後2時頃到着と、思ったよりも時間が余ったので、その日の内に牛久市まで進むことに。
そしてその日はネットカフェに宿泊した…(ここで『てーきゅう』を読みまくった)

ネットカフェはあまり行かないのですが、ドリンクバー付きでネットと漫画をふかふかの座席で楽しむのはムチャクチャ充実感がありますね。
アウトドア趣味とインドア趣味を二刀流で大満喫した一日でした。

東京から霞ヶ浦まで自転車で行ってみよう

「よし…せっかくの夏休みだし、大学生らしい事を今の内にやっておくか…」のシリーズです。

11日から13日にかけて自転車で小旅行に行きました。
行き先はズバリ、茨城県の霞ヶ浦です。
そうそうオフィスビルが建ち並んでいるビジネスマンの街…って霞ヶ関ちゃうねん(激寒)

都内からだと約60キロという距離。
これまでに1日に自転車で走った最高距離はせいぜい30キロ
という僕にとっては、
高い壁です。

それでも、今年の夏は泊まりがけで自転車でどこかに行こう、とかなり前から思い描いていた。
自転車での遠出というのは男の夢なのだ。
という訳で、このくらいの距離ならなんとかなるかな?という
初心者のゆるい計算で計画を立てました。

さて、どうなるのか…




出発地点はスカイツリー。
スタートらしいでしょ(?)

ルートは「国道6号をひたすら直進」という単純なものです。
あなどるなかれ、国道沿いはコンビニ等の店舗も多いし、まっすぐ進むだけなので迷うハズが無い。
歩道も整備されている区間が多い。
自転車は車道を走るのがルールなんだけど、車の交通量が多い場所では歩道を走ってもイイというアレね。
それに都市から外れると、歩いている人自体ほとんど出くわさなかった。

いずれにせよ安全第一を心に刻んでペダルを漕ぎました。
急ぐ旅でもないし…




スカイツリーから10キロ程で江戸川を渡ることになる。
この橋を超えたらもう松戸なんですね。
関東の地理にはまだまだ疎い。




約32キロ地点。利根川を大利根橋で渡る。
千葉県我孫子市と茨城県取手市を結ぶ。
取手駅前のスーパー西友に立ち寄りました。
非常にありがたく朝7:00から営業しているので、帰りにも寄りました。




メチャメチャあっさり書いてるけど、色んな景色を見て色んな事を思いました。
たぶん茨城に入ってから撮った。(よく覚えていない)
都内で大学生活を送っていると、田んぼを見るだけで感動するようになる。
漕ぐことに集中したかったので写真はあまり撮れていない…




約39キロ地点、小貝川の手前にていい感じのベンチを見つけたので休むことに。
コンビニやスーパーを見るとちょくちょく飲料を買って休むという走り方だったので、体は自分が思っていたよりも疲れませんでした。




言い忘れましたが乗ったのはフツーの自転車です。
写真には写っていませんが、前カゴにはリュックサックを乗っけます。
27インチ6段変則1万9800円というシティサイクルです。
本格的なスポーツ車ではありませんが、これはこれで需要がありそうなので、
装備品については別の記事で書きます。

「ただ真っ直ぐ進むだけだから絶対に迷わない!」と豪語していた割には迷った。
まあでもほんの一部なので…
側道に入ると迷いやすくなる。




夕焼けが美しかったです。




なんだかんだで到着。
とにかくのんびりこまめに休みながら行ったので、8時間かかりました…
佐貫あたりでぐるぐる迷っていたのもいけなかった。
帰りは5時間で帰ることができた。




霞ヶ浦総合公園には蓮畑が広がる。
花の写真を撮ろうと近付いたのですが、実?がグロくて無理でした…(いわゆる蓮コラってやつ)




次の日はこの湖を一周します。




1日目の夕飯。
…。
美味しかったです。

とまぁこんな感じで自転車小旅行の1日目は終わりました。
この日は公園で野宿をし、翌日の霞ヶ浦一周に備えます。
さぁ、どうなるのでしょうか…



ルートです。

ブログには霞ヶ浦一周編も含めていくつか記事を書こうと思います。
それでは最後に…
道中で見つけておもしろかった場面をひとつ。




うん、大学生がブログでオチに使うネタではないよね
下セカのエンディングかよ!上坂すみれかよ!

続く…

続き[自転車で霞ヶ浦一周してみよう

【画像・動画】早稲田通りにて冠水騒動

 どうも出かける時はできるだけカメラを持ち歩きたいと思っているものです。
6月7日日曜日の午後、僕は用事で高田馬場に居た。
突如鳴り響くサイレンと拡声器の音に何かあったのかと思い、Twitterでエゴサをかけてみたところ早稲田通りで水が溢れていると情報を見た。
これはシャッターチャンスと言わんばかりに自転車にまたがり超全速力の超安全運転で現場に急行したのであった。











 工事中に誤って水道管を壊してしまったのが原因らしい。
一時は通行止めになり、飲食店やコンビニにも浸水した。






 排水溝が開放され水が引いた後も、泥が地面に残りその爪痕を示す。
↑の写真で街灯が傾いているのが分かる。





 水が引いた後になってマスコミ到着。
テレビ局のハイエースが何台か来てて、現場感がすごかったです。
某新聞社の記者に写真を提供してくれって言われましたが、断りました。誰がタダで渡すねん。





 珍しかったのでパシャリ。実は僕は緊急車両フェチでもあるのです。(?)
エスクードってところがまた渋い。





 動画も撮って既にYouTubeにアップしました。
他にも写真はありますがキリが無いので、動画を見ていただくと臨場感があると思います。
水道緊急隊の車両がサイレンを鳴らす場面も終わりの方にあります。

 こういう事件事故の時のためにカメラは持ち歩きたいですが、一眼レフは重いしかさばるので悩みどころですね。
何かあったらどこのマスコミよりも速く駆けつけたいです。

☆使用カメラ→NikonのD3300ダブルズームキットを買った

初めて横浜へ行った

生まれて初めて、横浜へ行った。
海を見るのは久しぶりなのでテンションが上った。いえーい
中華街にも行き、様々な料理を食べ歩いた。
料理の写真はない(なぜ撮らなかった)。

ひとつショックだったのは、新しく買ったレンズを持って行くのを忘れたこと。
SIGMAの10-20mmという、超広角で撮れるレンズなのだが、それを使って海と空を撮りたかった…
以下カメラで撮った写真。















































時間があったので工作船資料館という場所にも行った。
2001年に九州で起こった「九州南西海域工作船事件」で沈没した工作船を見ることができる。
工作船から回収された武器、金日成バッジ、無線通信機器などの遺留品が生々しく展示されてある。

小学校1年生の時の事なので詳しくは覚えていないが、この資料館は非常に興味が沸くものだった。
不謹慎かもしれないが、アウトローな闇社会の雰囲気が感じられておもしろかった。
資料館といっても、船一隻入るくらいの簡易小屋みたいなものですがね。

あと、都会のJKはスカートが短すぎる。
地元だと一発アウトだな、と同行した友人と頷いた。
化粧もケバケバだし、雑誌に載っていそうなギャル(死語)だと思った。

修学旅行生とみられる、ひざ下丈スカートを翻すのっぺりとした顔の中学生(失礼)も多かった。
あの息が詰まりそうになるほど青くて短い春を楽しむ少年少女…
中学生独特の若すぎるリビドーが激しくぶつかり合うさまは、見ていて
自分の中学時代が懐かしくなる。

あれ、せっかく横浜行ったのに最終的な感想がJKJCについてというのがなんとも…

激安ケーキを食べまくる

上野にあるドンレミーアウトレット上野不忍店に行ってきた。
業務スーパーの1kg入り粒あんををリピ買いするほど、僕は甘いものが好き。
食べログを漁ってたら偶然見つけたので行ってみることにした。

コンビニやスーパーで売られているデザートの製造・販売をしているドンレミーのアウトレット店。
通常の商品として売れないケーキの切れ端などを安価で販売している。

平日の夕方に行ったが、店内には多くの人がいた。
店舗の大きさはよくあるコンビニよりも少し小さいくらいか。

そこには食べログのレビュー通り、通常価格よりも安いデザートが!
僕は「しあわせミルクレープ」(160円)ひとつと「しあわせスフレロール」の切れ端(180円)をふたつ買った。
ちょうどバイト代が入ってきたというタイミングも相まって、少しお金を使いすぎたか?

まあでも、やはり甘いものはおいしい。
ミルクレープは層になったクレープ生地を口に入れた瞬間、そこからバニラの風味豊かなクリームが口の中に広がる…!
クリームがふんだんに使われたスフレロールは、食べたら口の上がクリーム洪水ときた!(食レポ下手か)

クリームがコーヒーに合って美味しい。
そういえば近頃ケーキを食べていないことに気がついた。

去年、いや2年前のクリスマス以来だ。
たしか塾で差し入れを頂いた時だったような。

スーパーで半額のシュークリームならたまに買うが、ケーキは久しぶりだ。
これはリピート決定。

ドンレミーアウトレット 上野不忍店(Domremy Outlet) - 食べログ

ニトリデコホーム池袋サンシャインシティ店へ行ってきた

チラシアプリでお買い得商品をチェックしていたところ、池袋にニトリが新しくオープンするというチラシを見つけた。
2015年2月6日オープン、そしてその翌日の今日行ってきた。

本来のニトリとは少し異なる「ニトリデコホーム」という名前は始めて聞いたが、公式HPによるとニトリの売れ筋商品を取り揃えている比較的小規模な店舗のことらしい。大型家具の配達は行っていない。
位置するのは池袋サンシャインの地下1階、専門店街アルパ。

僕は池袋に普段あまり行かないので、サンシャインに行くまでに時間がかかってしまい、サンシャインに着いてからもニトリまで行くのに少し迷ってしまった。
が、案内板がたくさんあるのでなんとか辿り着くことができた。

店内はお客で溢れており、とてもじゃないがゆっくり物色できる余裕は無かった。
それでも一応欲しいモノは買うことが出来た。

前述の通り大型家具はあまり置いていないが、ちょっとした小物類なら手に入る。
今日はセール品のシートまな板(249円)などのキッチン用品を中心に買い物をした。

ニトリの組み立て家具は数種類部屋にあるが、正直安かろう悪かろうなイメージ。
しかし小物類はそこまで安っぽい印象は無いのでまあ良いかと。

とにかく人が多かった。
新装開店セールは2月15日(日)までなのでお早めに。
休日は人が多いので平日に行けばよかった。
つかれたつかれた。


ニトリデコホーム店舗一覧




秋葉原で買ってきたもの2014/12/21

カメラ用品を買うべく、秋葉原へ行ってきた。





実は日曜日の秋葉原というのは初めてで、歩行者天国も初めて。
関西在住の頃に難波・日本橋は何度も行ったことはあるが、やはり日本橋とアキバは別物だと思う。
日本橋の方がいい意味でのゴチャゴチャ感がある気がするし、全体の規模はアキバが上だと思う。

オタクを自称する人はぜひ両方行って比べてみてほしい。新たな発見もあっておもしろいと思う。
大阪の場合、ヨドバシに行くためにはわざわざ梅田まで出る必要があるが、アキバは駅の近くにあるのでその点で良い。
代わりにジョーシンがあるけどね。
食べる店の少なさではどちらも同じ。

行くルートだが、上野公園から御徒町を過ぎてアキバまで歩いて行くのが定番になっているがこの日は時間も無かったので
秋葉原駅の西エリアから東エリアを攻めるという方針をとった。

この日はとにかく人が多かった。
日曜日をチョイスしたのはマズかった。
アニメイトに入っても人が多い多い。







イカ娘と森田さんは無口を購入。実はどちらも全巻コンプリートしていないという。
アニメイトは透明のブックカバーを付けてくれるのでありがたい。
ちなみにポイントで景品交換は狙っていない。欲しい景品が無いので値引きに使っちゃう。

14時になろうかとしていたタイミングだったので、そろそろ店も空いてきているだろう、なんて思い適当に昼食にしようと思っていたが、どこも行列。
結局、昭和食堂に入り唐揚げ定食を食べた。
比較的人が居ない平日に、食べログで評判が良い店に行きたい。

ブックオフにも行ったが、ここもむちゃくちゃ人が多い。
パワプロ15の攻略本を買おうとしたが700円以上したのでやめた。15の人気は異常である。
古本市場にて1,980円で手に入れた僕は勝ち組だ。
ブックオフでムカつくのが108円コーナーで立ち読みしているヤツ。
108円なんだから買って家で読めばいいだろぉおお!!なぜ店舗でわざわざ立って読むんだ???!!!
あまりの人口密度に体が参ってしまい、ヨドバシカメラへ行った。

と、ヨドバシも人が多い!!
ポイントカードを持っているのでヨドバシにはよく行くが、この日は店員も客も多かった。
少なすぎても、店員さんと2人きり状態になって非常に気まずいが、どこのフロアも多かった。
こんな時は自分を棚に上げて「コイツら、何を買いにきているんだ??」と思ってしまう。

とりあえず文房具売場で下敷きを買った。文房具と言ってもホントに売場が広い。
くにゃくにゃと曲げられる素材の硬筆下敷きが欲しかったのだが、残念ながら無かった。
(今検索したらAmazonにあった…)

気になっていたノンフライヤーなどのキッチン家電はチラ見程度に留め、本命のカメラコーナーへ行った。
が、もちろんここも人が多い。
カメラ本体のコーナーならまだ分かるが、カメラバッグコーナーも人が多かったので参った。

カメラバッグもネットで買おうかと思ったが、大きさが分からないし実際に手に取って見たかったので品揃えが豊富なヨドバシへ行ったのだ。





様々な製品と比べた結果、値段と容量でこれを選んだ。
大きすぎず、小さすぎず、ちょうど使いやすいサイズだと思う。






これまでカメラバッグを持っていなかったので、PCバッグに無理やり入れていた。
さすがにひどいと思ったので買えて良かった。

そして、入門本も買った。



まだチラッと目を通しただけだが、全編カラーで分かりやすい!
説明書よりも親切。

専門店フロアで買ったが、ここでも立ち読みガチ勢が多かった。
図書カードが余っているので何を買うか迷っている。


明日もアキバ行こうかなー。

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
53位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。