スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D7500を購入するべき4の理由と、D7200を購入するべき3の理由

僕がニコンのD7200を購入してから9ヶ月が経ちました。
D3300にこのカメラ買い足した格好になるのですが、ここまで使ってきた感想を書いていきます。
変にイキったタイトルの通り、後継機種であるD7500が発表されたことがきっかけで書いておこうと思いました。

入門機種と中級機種の外見の違い






ニコンのAPS-Cサイズの一眼レフカメラは現在4つのラインがあります。
最も廉価な入門機種・D3000番台シリーズ、入門機種に機能(可動式液晶画面など)がプラスされたD5000番台シリーズ、中級機種であるD7000番台シリーズ、そして最高峰・フラッグシップのD500
上記の2枚の写真はいずれも上に写っているのがD3300、下がD7200です。
当然上位機種にいくにつれてサイズ・重量共に大きくなります。
重量は、D7200は765gなのに対しD7500は720g。
サイズもD7500の方がわずか小さく、さらにグリップ部分の構造が握りやすくなったそうです。
展示品を触れていないので喉につっかかったような書き方ですが、D750やD500のような構造になったということです。
この2機種は触ったことがあるので断言できます、持ちやすいです。
これがD7500を購入するべき理由の1つめ。

連射性能は向上したけど……?




D7200を使い始めて最も恩恵を受けたのは連写速度です。野球の写真を撮りまくるのでシャッターを押す度に買ってよかった!という気持ちになる。
連射速度はD3300が5コマ/秒、D7200は6コマ/秒(クロップモード時は7コマ/秒)、フラッグシップのD500は10コマ/秒。5コマ毎秒でも撮れないことは無いですが、連射性能が良いほど上のような決定的瞬間を撮れる確率が上がります。
そしてD7500は……8コマ/秒です。さらにrawでも50コマまで連射できる。やったー!うれしー!
……となるはずなのですが、素直に喜べない理由があります。

それは、メモリーカードスロットがひとつしか無いということです。
D7200はSDカードを二枚挿して、順次に記録したり、バックアップを記録したり、rawとjpgを別々に記録したり出来たのです。
連写速度が上がった→撮る写真の枚数が増える→でもカードは1枚しか入らない。ってなんでやねん。
しかもD7500では4K動画を撮れるようになったので、映像を撮る人は記憶媒体の容量が必要になると思うのですが……

これはD7500を購入するべき理由の2つめと、D7200を購入するべき理由の1つめです。
大容量のSDカードを用意するなど運用を工夫すれば事足りることですし、連写性能がアップしているという事実もあります。
不安だからバックアップを記録したい、という人はダブルスロットのD7200を……ということで。

画像エンジンがEXPEED 5に




D500と同等の画像エンジンです。
上の写真はD7200でf/6.3、SS1/2000、ISO8000という設定で撮影しました。
EXPEED 4搭載のD7200も高感度耐性が優れていると謳われたものの、さすがにISO8000まで上げるとノイズが目立ってしまいますね。
さらに画素数は2416万画素から2088万画素にダウンしていますが、その代わりノイズ耐性や連射性能をアップさせて全体最適を図っている意図が見えます。
フラッグシップ機と同じセンサーということでこの点は期待が大きいです。D7500を買うべき理由3つめ。

D7500にバッテリーグリップは装着できない!




これも運用次第なのですが、バッテリーグリップが非対応になります。
グリップありの方が縦構図もやりやすいですし、重いレンズを装着した際にボディとのバランスがとれて持ちやすくなります。
遠目から見たらフラッグシップ機、という威圧感も気に入っているところです。
バッテリーグリップがどうしても必要な人はD7200を買うべきですね。中華製の製品は出るかもしれないけどね……

液晶画面がチルト式に


チルト式液晶はローアングル構図、三脚に載せた時の使い勝手で差が出ます。
しかも画面はタッチ操作ができるようになりました。スマートフォンのようにタッチでピント合わせすることも出来ます。
これは待望論がよく出ていた点なのでよかったと思います。D7500を買う理由の4つめとして数えていいでしょう。

価格差をどう捉えるか


現在予約受付中のD7500は価格コムの最安値で¥142,162
D7200最安値は¥83,079。バッテリーグリップキットの最安値は¥122,958(いずれも2017年5月23日時点)。
ボディ本体で考えると価格差は¥59,083。
旧機種といえど、D7200の性能はまだまだ現役です。対してD7500は正統進化といえる点はあれど、少々残念なところも見えてきます。
僕は正直、性能によってはD7200を下取りにだして買い替えすることも考えていましたが、やはりバッテリーグリップを装着できないことや、SDカードを1枚しか挿せないところが引っかかりました。何より、今使っているD7200に愛着が湧いたのも買い替えをしない理由です。
旧機種扱いのD7200がどの程度値下がりするかは分かりませんが、今でも充分過ぎる性能なので、価格差を考慮して購入……というのも購買理由のひとつ、D7200を買う理由3つめになると思います。

こんなところでしょうか。
撮った写真はインスタや井戸掘り野球観戦記というブログに掲載しています。
せっかくのカメラなので写真を交えて細かい記事も書いていきたいところですが……
とりあえず今回はこれで以上です。






スポンサーサイト

D7200を買った理由 D3300に買い足し




どうも僕です。
実はNikonのD7200を買っていました。
まだ一日しか使っていないので詳しい使用感とかは書けませんが、なぜこのカメラを買ったのかという理由と、開封時の様子だけ書いておこうと思います。

これまでD3300を使っていて楽しく撮っていましたが、いい加減新たなボディを持っておきたいという欲が今年の春先頃から出ていました。
僕がそう感じるようになったのはやはり野球を撮るためです。一眼レフは写りが綺麗だ!わーい!と選手の躍動する姿を撮ろうとしても、毎秒5コマの連写では限度というものがある。入門機種ですしニコンさんはせいぜい小学校の運動会くらいの用途しか想定していないでしょう。
連写とそれに耐えるバッファがもう少し欲しい。さらに、D3300は入門機種があるがゆえに小雨程度でも故障リスクが大きい。レジ袋やタオルを巻いて凌ぐのも本体に良くは無いでしょう。悪天候でも動じずに使いたい。
そして、写真をもっともっと自分の趣味として公言できるところまで持っていきたいという思い。そのためにはもっと操作性の良い機種も使っていきたい。
これらの点を踏まえて次の機種選びを始めた訳ですが、かなり前途多難(?)でした。

まず候補に挙がったのはこのD7200。これで決まりかと思いきや、フラッグシップ機のD500が発売された後とあって、お店で触り比べても「うーん…」としか言えなかった。
じゃあD500を買うかと言われたら、20数万円もボディにつぎ込んでも、それに見合うレンズ資産は持ち合わせていない。買うお金も無い。それにフラッシュが付いていないし(室内で撮る時に意外と重宝する)、XQDカードも高い高い。

そんなある時YouTubeを見ていたらオリンパスのOMD EM-5なる機種が絶賛されていることを知りました。手ブレ補正も優秀だし何より軽量コンパクト。良いことずくめだと思い店頭で触ってみるものの、EVF(電子ビューファインダー)とその連写時の挙動がどうも慣れず断念。いつかは技術が進歩してミラーレスが主流になるのかもしれませんが、現時点では好感を持てませんでした。同じ理由でソニーのα7系もボツ(こちらは価格面も障壁となった)。

その他にもパナソニックのFZ1000(もはやコンデジじゃねーか)やキヤノンの7DM2を調べるなどかなり荒れた時期もありましたが、原点に帰って「いや、お前はニコンユーザーだろ!自覚をもて!」と自分に言い聞かせました。
という訳でD7200をについて今一度調べた訳ですが、案外評判は良いらしい。
ニコンマウントのレンズを既に持っているという理由もありますが、DxOMarkのセンサースコアが最も購入を後押ししてくれたかもしれません。D500は連写に特化、オールラウンドならD7200と割り切ることができました。





とまあかなり長い道のりを超えてある意味“消極的に”D7200を買いました。
ヨドバシ・ドット・コムで11万6420円でした。もちろんネット上にはそれより安く販売されていますが、初期不良が怖い(失礼な話この点ニコンはあまり信頼できない)ので大手で購入。それにポイントを考慮したらネット最安値+5,000円くらいの差でした。
ちなみにバッテリーパックキットの価格です。

まあでも、お店で散々触っているし、消極的購買だし、開封するときの感動は大してありませんでした。




そんなのは大嘘です。大感動です。梱包をひとつ取り除く度にわーわー言ってしまいました。
カメラを開ける瞬間はドラマなのです。




とりあえずシグマの18-300mmを付けてみた。
余裕が出てきたら別の望遠レンズも試してみたいが、今のところこれで充分。
肩液晶に強い憧れを持っていただけに感激ですよ。




液晶画面には保護シートを貼りました。↑の写真は梱包の状態です。
液晶保護フィルムは一眼レフカメラに必須です。ファインダーを覗く度に鼻の脂が容赦なく付着しますからね。




で、バッテリーグリップですよ。




威圧感マシマシ。遠目に見るとD5。
見た目だけではなくて、素晴らしい持ちやすさ!持った瞬間に声が出ました。
D3300はコンパクトなんですが、それがゆえに握った時に小指の置き場所が無いんですよ。縦構図もやりにくいし。
それを解消すべくバッテリーパックキットを選びました。これは大正解





ファインダーを丸窓にしました。これの方が撮りやすいのです。
開けるまでを書いただけなのに長くなってしまいました。ファースト・インプレッション的なものは次回以降、詳しい感想はガッツリ使ってから書きたいと思います。

それではまた~






Nikon D500とかいうバケモノカメラ

Nikon D500とSONY α7
3ヶ月程前にこんな記事を書きました。
この時はまだ自分の買うレベルの製品では無いと思っていました。しかし、いざ発売されてお店で触ってみると、欲しくなるもんですね。
D500の最大のウリは、153点のオートフォーカスと秒10コマでRAWでも最大200コマまで撮影できる連写性能の高さです。
僕はアマチュア野球をちょくちょく撮るので、この凄さはハンパないものだと感じています。
今の巨人打線に山田哲人と筒香嘉智が加わるようなもんですよ。

僕の今使っているD3300は秒5コマの連写ですが、意外と撮れなくもないんですよ。



SIGMAの18-300mmで撮ったもの。インスタグラムにも上げました。
自分で言うのもアレですがこの写真は結構気に入っています。
投手の動きを完全に止めてシャッターを切るのではなく、左腕と右手の手先は微妙にブレており、躍動感がある。
それでいて顔・足は静止しているようにも見える。帽子の奥からわずかに見える、力強い表情は全体にアクセントを与える。
……自分で言うなって話ですよね。

D500を使った所で自分の写真の腕が向上する訳ではないし、目の前にシャッターチャンスが出現する訳でもない。
ただ、「撮れる可能性をアップできる」ことは事実です。
D3300ではワンプレー撮影した所で書き込みになり、次のシャッターチャンスを逃す事が多々あります。
その心配をせずに済むのであればD500はとてつもない武器になるでしょう。

まあ、いずれにせよこのカメラが自分に必要かどうかはもっともっと考え抜かなければいけないと思います。
物欲の塊になってしまいますからね。

Nikon D500とSONY α7

2016年1月、ニコンがフルサイズ機とAPS-C機のフラッグシップモデルを発表しました。
僕が買ったところで(そもそも買えない)猫に小判なのでブログで触れてはいませんでしたが、本当にワクワクするようなカメラです。
2009年発売のD300s以降、D7200がAPS-C機における実質的なフラッグシップ扱いでしたが、その歳月の分相当の進化(連射・AF・チルト液晶)をしていると思います。

しかし“仮に”僕に潤沢な資金があって、D500を買うのであれば、ボディ約23万円・レンズキット約30万円の価値があるのか?というのを考えてみました。
この値段であればフルサイズ機のD750が買えますし、重量も同等くらい。画像処理エンジンが最新のものとはいえ連射性能を重要視しなければフルサイズ機の方が風景写真では有利になるのでは?と思ってしまいました。

APS-Cとフルサイズ。撮影者の悩みどころです。
30万円というお金があれば他社マウントへの乗り換えという発想も生まれてくる。
個人的に気になっているのは「フルサイズミラーレス」のソニーα7シリーズ。
フルサイズセンサーを搭載しながらもミラーレスの利点を活かしたコンパクトなボディが魅力的です。

ニコンマウントのレンズを散々買っているので今さらというのは遠回りかもしれない……
新宿から池袋へ行くのに丸ノ内線を使うくらい遠回り。え?分かりづらいならもういいです。

ニコンもフルサイズミラーレス機を出すという噂がありますがまったく様子は見えません。
D500のフィードバックを受けるであろうD7200の後継機を待つことにしますかね。

一眼カメラのダブルズームキットはお得なのか?

ニコンのD3300をダブルズームキットという形で購入し、1年以上が経過しました。このカメラを使ってみての感想や気付いた事を記事にしていこうと思っていますが、今回はその第一弾です。
D3300や、キヤノンのEOS Kissなどのエントリーモデルの一眼カメラは、標準ズームレンズと望遠ズームレンズの2本が付属したダブルズームキットや標準ズームレンズが付属したレンズキットといった、「ボディ本体+レンズ」とセットで販売されている。
前述の通り僕はD3300をダブルズームキットで購入しましたが、果たしてその選択は正解だったのかを考えてみました。

まずD3300のボディの最安価格が約¥38,000。18-55mmの標準ズームレンズが約¥16,000。55-200mmの望遠ズームレンズも約¥16,000。
全部足すと¥70,000。ダブルズームキット購入価格は約¥60,000(キャッシュバックキャンペーン期間中だったので実質¥52,000)。
全部バラバラに買うよりは(そんな人居ないだろうけど)レンズ1本程度お得だ。
ちなみにボディ+標準ズームレンズのキットである「18-55 VRII レンズキット」は約¥42,000です。後に登場したダブルズームキット2の現在の価格は約¥50,000なので、やはりダブルズームキットのお得感は目立ちます。

さてここで購入から1年経過した感想を言いますと、正直、ダブルズームキットの望遠ズームレンズはたいして必要ないと思っています。ここまでダブルズームキットはお得だのなんだの書いてきましたが…無理して買う必要は、ない。
その理由は使う機会が少ないからです。例えば料理の写真を撮ったり、風景を撮ったり、小物や花を接写したり、人物を撮ったりする時に出番となるレンズは18-55mmがテッパンです。
55-200mmのレンズはある程度距離のある被写体でなければピントも合わないですし、野鳥やスポーツを撮る時はそもそも200mmでは足りないのです(Eos Kiss X7のキットは55-250mmだけどどうせなら300mmくらい欲しい)

それじゃあ望遠レンズは何を買えばいいんだよ!とツッコまれそうですが、その問に対してはシグマの18-300mmをオススメします。
手元も撮れるし遠くも撮れるという便利なズームレンズです。585gと重量はマシマシですが旅先ではこれ一本で事足りてしまいます(+単焦点レンズで運用すればすごく捗る)

なので無理してダブルズームキットを買う必要は無い、というのがこの記事の結論です。予算が許すのであれば買ってもいいと思いますが…
レンズの紹介記事を乗っけておきます。
D3300のキットレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II」がなかなかイケてる件
SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 撮影編





光学8倍ズームならスマホカメラをちょうどよく補完できる/Canon IXY150

ヨドバシカメラの福袋に入っていたCanon IXY150でちょこちょこ試し撮りをしています。
6日間使っての感想ですが、やはり光学8倍ズームは心強いです。

あくまで比較はスマホのカメラだけどね。正直、画質だとか写真の綺麗さはスマホカメラと同等かそれよりも下。
ただ、スマホが不得意なズーム機能が備わっているだけでこの製品の価値はあるんじゃないんですかね。参考のために写真を載っけます。





これが通常の状態。35mm換算で28mm相当。まあこれはスマホでも撮れちゃう写真。





8倍ズームだとここまで大きく写せる。猫なんて近付いたらすぐ逃げちゃいますからね。ある程度距離が離れてても大丈夫。





これが8倍ズーム換算224mm相当。外を歩いていて「あ!」という時にパッと取り出してパッと撮れる。これがコンパクトデジカメの良い所なんじゃないですかね。





デジタルズームだと最大32倍、換算896mm相当にもなる。16倍までだと画質が落ちにくい「プログレッシブファインズーム」だが、それ以上となると画質も怪しいものになる。ブログに上げるのなら充分だと思いますケド。

手ぶれ補正機能が付いていないので、遠くの被写体を狙う時は明るい屋外でシッカリ構えて撮る事が大切です。
このカメラは、スマホカメラの不得意分野をうまい具合に穴埋めしてくれるでしょう。

【ヨドバシカメラの福袋2016】コンパクトデジカメの夢【中身ネタバレ】




あけましておめでとうございます。
新年一発目の記事は昨年に続いてヨドバシカメラの福袋レポートです。
昨日の記事で思わせぶりな事を書いておきながらタイトルでソッコー内容がバレるというのがブログの辛い所であります。





これがコンパクトデジカメの夢・¥5,000の全容だ!
中身を詳しく見ていくことにしよう!





CanonのIXY150でした。一部ではSONYのWX220が出たという情報もありますが、ほんの僅かです。言わずもがなWX220が当たりです。
有効画素:2000万画素 光学ズーム:8倍 撮像素子:1/2.3型CCD 
動画撮影サイズ1280x720 フレームレート 25 fps 総重量:127g
ネット価格:¥7,880 (価格コム最安値)





ELECOMのSDHCカード8GB。Class10対応なので悪くはない。
ネット価格¥1,880 (ヨドバシ.com)





出た―!「ボ撮ルンです」!
福袋マニア垂涎の一品です(ほんとかよ)
ネット価格:¥515 (ヨドバシ.com)





大きさガバガバなケース。使い勝手いまひとつ。
ネット価格:¥680 (ヤフーショッピングストアのセール価格。楽天市場だと¥980)

入っていたのは以上4点です。
早速IXY150を開けてみました。

















比較対象はiPhone5Sです。1万円未満で買えるコンデジとだけあって非常にコンパクト。僕が求めていたものです。
入っていた物の合計金額は¥10,955でした。¥5,000の福袋(ポイントを考慮すると実質¥4,500)ですから非常にお得だと言えるでしょう。
昨年のデジカメの福袋と比べると??ですが…(汗)
あ、今年も開封動画を撮りました。





今年のヨドバシの福袋はどうやらPC系がイマイチで一眼レフ・ミラーレス一眼・クラシックミラーレス一眼が当たりなようですな。
まあ僕は満足していますよ。転売なんか絶対しません(笑)
それでは良い年を過ごしましょう。本年もよろしくお願いします。


☆【ヨドバシカメラの福袋2015】「キッチン家電の夢」を買ってきた【中身ネタバレ】




親指AFを知った



どうも、カメラで色々撮る者です。
僕は一眼レフカメラを1年近く使っていますが、ほとんど触ったことのないボタンがある事をふと思いました。
それがこの「AE-L」「AF-L」ボタンです。

何のためのボタンなのかと言うと、「親指AF」をするためのボタンなのです。
その言葉自体はなんとなく聞いたことはあったのですが、詳しくは知りませんでした。
シャッターボタンを半押しするAFと違い、本体背面にあるこのボタンをグリップを持った手の親指で操作してピントを合わせるのです。
要するに「シャッターは人差し指、ピントは親指」という事なんです。

このページで親の敵かという程詳しく説明されているので、是非参考にして下さい。
知ってた?ピント合わせが超高速になる親指AFの使い方と設定方法! http://photo-studio9.com/oyayubi-af/

この“親指AF”を使うようになってから、写真が撮りやすくなった!
日常的なスナップはもちろん、特に被写体が速い動きをする場合にうってつけ!
先日アップした大学野球の試合の写真もこの親指AFで撮りました。

いやー、もっと早く知っておけばよかった(こんな事で感心しやがって…と思われた方スンマセン)。
ニッチな情報でも役に立つと思ったことは積極的に書いていきたいです。

Nikonが2015年11月より冬季キャッシュバックキャンペーンを開始&D7300に望む事

ニコン、Winter ChanceキャッシュバックキャンペーンD7200・D5500・Nikon 1 J5が対象 最大1万円還元

ニコンがキャッシュバックキャンペーンを行うそうです。
かくいう僕も、昨年のキャンペーンで8,000円戻ってくるという文句に後押しされ、D3300ダブルズームキットを購入したのです。
当時約6万円だったので実質5万2,000円で購入した事になりますね。カカクコムの最安値が最近ようやく5万円台前半で安定してきたので、お得感があります。
そして今回の対象製品はこちら。

・D7200
ボディー:8,000円
18-140 VR レンズキット:1万円
18-300 VR スーパーズームキット:1万円
バッテリーパックキット:1万円

・D5500
ボディー:5,000円
18-55 VR II レンズキット:8,000円
18-140 VR レンズキット:1万円
ダブルズームキット:1万円

・Nikon 1 J5
標準パワーズームレンズキット:5,000円
ダブルズームレンズキット:1万円
ダブルレンズキット:1万円


去年は確かD3300とD5300、ミラーレス機とコンデジが対象だった記憶がありますが、今年はD7200も対象なんですねー。
ニコンにおける7000番台は現行ではAPS-C機の最上位機種になります。
予算や機動性を考えるとフルサイズ機には手を出せませんが、7000番台には憧れがありますね。
D300sの後継機が9000番台で出るのではないのかという推測も一部では出ています。
順当に行くと“D7300”になる訳ですが、個人的に望むのは
・バリアングル液晶
・ライブビュー撮影時の挙動の改善
です。

バリアングル液晶というのは液晶画面が360度自由自在に動くというものです。
バリアングル搭載のD5300ではなくD3300を選んだ時は必要性を感じていませんでしたし、壊れる確率が上がると考えていました(任天堂DSのヒンジ割れを何度も経験したもので…)。
しかし、固定型の液晶画面では不便な時もあるのです。
ローアングルやハイアングルでの撮影、そして特に動画撮影する時は必須ですね。
外付けのハンドルグリップを取り付けても撮影しやすそうですし、自由にアングルを買えられるのでビデオカメラとしても使いやすくなりそうです(どのように映っているのか分からないという面白さもあるかもしれないけど…)。

ファインダーを覗かない時は液晶画面を見ながらライブビューで撮影する訳ですが、その状態でシャッターを押すと若干もたつきがあるんですよね。
キヤノンの機種だとライブビューでの挙動はまるでコンデジのようにサクサク動くので感心してしまいます。
70Dと8000Dは動画に強いとよく言われますが、まさにその通りだと思います。

そしてもう一つ気になったカメラニュースを。
ソニー、4,240万画素フルサイズコンパクト「RX1R II」【作例あり】 光学ローパスフィルターの“効き”を変更可能
>価格はオープン。店頭予想価格は税別43万円前後の見込み。
43万円のコンパクトデジカメ……
誰が買うのだろうか…

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
49位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。