スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【巨人】2015年春季キャンプ感想 春季キャンプ#3

ついに3月に入った。
キャンプ開始からあっという間にオープン戦期間突入。
あと1ヶ月もしたらペナントレースで白熱の戦いが繰り広げられる…
今回は春季キャンプのまとめ、オープン戦に期待することを書いてみる。

今年のキャンプの中心だったのは、やはりドライチの岡本和真だろう。
キャンプでは「打撃よりも守備が少しマシになった」と語る岡本だが、ゴールデンルーキーの加入によって選手の競争意識がかなり高くなったと思う。
特に同じ内野手の辻、和田、坂口、大塁。
ポジションがダブるのであれば、他者よりも優れたモノを見せなければならない。
原監督が掲げる今年のテーマ「野性味」もその一つだろう。

新加入の選手で言えば、前中日ドラゴンズの堂上剛裕。
しかし、支配下登録からわずか6日で骨折という悲劇。
怪我したのがこの時期、このタイミングというのが不幸中の幸いか。
やはり無理して一塁手として使うのではなく、外野手として起用するのが無難なのだろうか。
練習試合で放ったHRでの豪快なバット投げが印象に残っているだけに残念。

今年のジャイアンツのキャンプは、高卒新人と戦力外のテスト入団の選手が大きな話題になるほど、大きなニュース性はない。
むしろ坂本のスキャンダルと髪型が一番の事件だ。
FA加入のおじさん二人組に華があるとはお世辞でも言えない。

練習試合では阿部と村田の故障による欠場が目立った。
逆に、代わりに出場した鬼屋敷・中井、そして4番の大田にチャンスが巡ってきた。
これは非常に嬉しく思う。
今日のヤクルト戦でのスタメンの4番センター大田・7番ファースト中井はかなりフレッシュに感じられた。

しかし長野・アンダーソンが故障明けの現状では、若手だけでは流石に物足りない。
そこで出てくるのがフレデレク・セペダ。
キャンプ前にはキューバ代表で優勝に貢献と野球漬けのオフを過ごした。
春からチームに合流しているので去年よりも適応はしやすいだろう。
「やっぱり、セペダの復活こそが最大の補強だったな…」と胸を張って言えるようなシーズンになって欲しい。

「キャンプ時期だけ活躍」「スイッチヒッターの外国人」という点で元阪神・コンラッドを連想してしまうが…
まあまあ、シーズン前だけ、もう少しだけ夢を見させて欲しい。

スポンサーサイト

【巨人】野間口、フリー打撃に2015年初登板 春季キャンプ#2

野間口「まず支配下」3年ぶり1軍登板へ好スタート 2015年2月9日6時0分 スポーツ報知

 右肘手術からの復活を目指す巨人・野間口貴彦投手(31)が8日、今季初めてフリー打撃に登板した。昨年11月の侍ジャパン21Uとの強化試合以来の打者への投球で、52球中安打性を5本に抑えるなど、3年ぶりの1軍登板へ好スタートを切った。。


メスを入れた右肘の回復具合は順調なようだ。
2015年初めて野間口に関する記事を読んだので安心。

サイドスローからオーバースローに戻したことによって、直球にも良さが出ているようだ。
ストレートしか投げなかったが、制球・キレ共に好調な様子。
打席に立ったのは中日から移籍した吉川と、育成枠の青山誠。

個人的には、この青山という外野手にも注目している。
2013年育成ドラフト1位指名。
日大出身なので長野二世とも呼ばれる。

昨季は開幕早々2軍で出番をもらい、12試合で33打席打率.379という数字を残した。
が、4月の試合でフェンスに派手に激突してしまいそれ以降はリハビリ生活。

今年は長野、矢野、アンダーソンが手術をしたので外野手にとってはチャンスの年だ。
チームのピンチは個人のチャンス。
野間口も青山も支配下登録され、東京ドームで活躍する姿を早く見たい。


【巨人】野間口、1年2ヶ月ぶりに実戦復帰!1回1安打無失点  2014/11/05

【巨人】岡本和真、推定130m超え場外弾!大田泰示の1年目と比べると/春季キャンプ2015 #1

衝撃!岡本“プロ1号”場外弾!侍コーチ稲葉氏も絶賛 2015年2月3日6時0分 スポーツ報知

衝撃弾だ。巨人のドラフト1位・岡本和真内野手(18)=智弁学園高=が2日、宮崎・ひむかスタジアムでのフリー打撃で、“プロ初アーチ”を放った。キャンプ2日目は58スイング中、6本のサク越えを披露。左翼の防球ネットを越える推定130メートルの場外弾もぶっ飛ばした。1日のフリー打撃では初球を空振りし、サク越えなし。「昨日ダメだったことを修正して、考えながら打った」と大器の片りんを見せた。


順調な滑り出しだ。
岡本のコメントによると、初日に悪かった点を修正した結果6本の柵越えが生まれたとのこと。
甲子園でも見せた長打力に加えて、修正能力もあることが分かったのはいい事だ。

何かにつけて比べられる大田泰示さんの1年目のキャンプがどうだったのか気になり、検索してみた。
しかし「柵越え○本」のような具体的な記事は見つけられなかった。
大学の図書館のPCでデータベースを使えば出てくるかもしれない。

とりあえず見つかったのは ・原監督が早々フォームをイジって右打ちの松井風にする(中井共々) ・伊原コーチが髪型にキレる くらいだった。

岡本は態度や素行で叱られたという記事はこれまで見たことがない。
せいぜい新人研修で漢字が読めなかったという事くらいだろうか。アレに関しては事前に資料が配布されたものだったので、尚更怒られてしまった。

あるルーキー選手の1名が正力松太郎を読み間違えたという一幕もあったが、それは流石にどうかと僕は思った。予め準備をしておくべきだということを大森剛育成部ディレクターからも一喝されていた。

原監督もむやみに手を出さないほうが良さそうですね。
大田の場合、色んな人から色んな意見を言われて混乱してしまったという過去もあるだろう。
破壊力バツグンの和製大砲が、いつの間にやら俊足外野手になっちゃった、というモデルチェンジ。
三塁手にこだわらずに、初めから身体能力バツグン系5ツールプレイヤーとして育てた方が良かったのでないかという論調もファンの間ではある。
内野手としての動作を覚えてからコンバートさせるという明確な意図があるのではなく、完全にコンバート「しちゃった」というコンバートですから…

岡本君は当面はそっとしておいて、その真価を見せて欲しい。
大田は1年目、ファームで17本塁打を放った。
しかし、大田は大田、岡本は岡本として、2015年を歩んで欲しい。

黒田博樹がカープ復帰

黒田 8年ぶり広島復帰!年俸総額4億円超、27日正式発表

2015年オフで1番のビッグニュースだろう。
黒田のカープ復帰説は毎オフの風物詩だったが、本当に帰ってくるとは。
メジャー年金の満額支給条件まであと2年なので、まだ帰ってこないと思っていた。
今回はあまりにも突然で本当に驚いた。

報道によると21億円のメジャーオファーを蹴ったと出ている。
2006年にFAを封印して残留を宣言した時といい、男気のある選手だ。
ファンで真っ赤に染まった広島市民球場の写真がとても印象的だった。

前田健太がカープ初の3億円プレイヤーになったそうだが、カープが4億円払うというのもビックリ。
メジャー志向のマエケンにとっても、非常に良い環境になると思う。

メジャー通算79勝を挙げしかも昨年199イニングを投げ第一線でバリバリ働いている
現在進行形メジャーリーガーが日本球界に復帰するのは史上初だ。
市場価値20億円クラスの選手が日本球界にやってくるのだ。

松坂大輔はメジャーでローテ入りしていた時期もあるが通算30勝にも満たない。
中島裕之はメジャーで………………
ともかく、同じ年俸4億円でもその価値が違うのだ。

来季のセ・リーグは面白くなるだろうなぁ。
非常に楽しみ。
カープ女子は黒田を知っているのだろうか。

オリックス中島裕之誕生!ストーブリーグの主役・オリックスの来季予想オーダー

オリックス補強は“大勝利” 総額35億円は優勝への「本気度」
まさかの大逆転で、阪神・西武・中日を出し抜き、「オリックス中島裕之」が誕生した。
メジャー移籍1年目(というより渡米1年目)から「阪神中島裕之」が既定路線として囁かれていたが、オリックスが過去に例を見ない本気補強を敢行中。
小谷野栄一・ブランコ・バリントンの獲得にも成功し、超大型戦力が悲願の優勝へと動き出す。

ここで過去5年間のオリックスの戦力補強を見てみる。
・2010年
・木佐貫洋 (トレード)
・赤田将吾 (トレード)
・バイナム
・バルディリス 
・田口壮

続きを読む

「ロッテ・AJ」「DeNA・ロペス」誕生か?/外国人選手移籍まとめ2014

12月までに、12球団合計でおよそ40人の外国人選手が自由契約公示となった。
NPBで実績を残した選手は現有戦力の底上げに直結するだけに、動向が注目される。
今回はチームを退団した外国人選手の移籍状況・移籍予想を書いていく。
※◎…決定的○…獲得報道アリ

巨人 ホセ・ロペス DeNAが獲得か◎
来日1年目は3割18本塁打をマークしたが、今季は低打率&来季の阿部ファーストコンバートのため解雇。
ブランコの代わりとしてDeNAが興味。

広島 キラ・カアイフエ オリックスが獲得報道も見送り?
ブランコに方向転換。
他球団の情報はなし。長距離左打者だけに楽天あたりが獲るかも?

広島 ブライアン・バリントン オリックスが獲得か◎
4年間で40勝も、外国人枠の関係で退団へ。
金子がまさかのねずみ手術のため、先発完投型投手の補強が急務に。

広島 キャム・ミコライオ ヤクルトが獲得か◎
投手陣強化が急務。
3年連続防御率2点台という安定感が魅力。楽天も獲得調査。

DeNA 陳冠宇 ロッテが獲得◎
台湾出身のサウスポー。
前中日・矢地健人と共にテスト入団。

DeNA トニ・ブランコ オリックスが獲得か◎
ペーニャと交渉決裂のため右の長距離砲を獲得へ。
故障が癒えればペーニャ以上の爆発力。

オリックス ウィリー・モー・ペーニャ 楽天が獲得か○
大物メジャーリーガー路線から一転、他球団の逸材探しへ。
ユーキリス・ファルケンボーグ・ブラックリー・ファンミル・エバンス・ボウカーは退団。

楽天 アンドリュー・ジョーンズ ロッテが獲得か○
デスパイネ流出に備え大物を調査。
大砲が1人いるだけでも打線がかなり強化される。


年内には多くの去就が決定するだろう。
ストーブリーグもいよいよ追い込みの時期だ。

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
53位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。