投手の打撃タイトル・2012

さて、今日はセ・リーグの面白い所の一つである「投手の打撃」について、2012年の投手打撃タイトルを発表したいと思います。



ゴールデングラブ賞

C・前田健


まあ、普通だね。これは。うん。
PL時代は桑田二世と揶揄された打撃センスは、もう一つレベルアップしたら楽しみ。



首位打者

D・中田  .222 (36-8) OPS.521 二塁打1 内野安打1

DB・藤井  .222 (18-4) OPS.522



どちらもよく打つ印象。
中田は解説者にも野手顔負けと言われるセンスの持ち主。
藤井は5、6回で降りてしまうので打席が少ない。実に楽しそうである。





最多安打

S・石川   .222 (47-10) OPS.426 内野安打2


守備面でも定評があるなど器用。
内野安打も2本と俊足。





打点王

C・前田健 打点6 .107 (56-6) OPS.314 二塁打4


情けない野手の代わりに勝負強さを発揮。
率こそ低いが二塁打4本と長打力見せた。





本塁打王

G・ホールトン   .167 (48-8) 1本塁打 打点5 OPS.413



他に長打はないものの、投手で唯一のフェンス超えで単独受賞。
見事なドームランだったが、パワーは外国人選手の強み。





最高出塁率

DB・藤井 .300


選んだ四球は2つ。中田は一つで、率は.243。




盗塁王は該当者なし。










以上!

DH制は元々、パ・リーグが人気増を狙って制定したルール。

しかし、昨年辺りから「セ・リーグにもDH制を導入してはどうか」という意見がオーナー会議でも議題に上がっています。
僕はセ・リーグの指名打者制には反対です。
投手のバッティングが見られなくなるなんて寂しいじゃん!
だからね、うん!
ピッチャーが投げて、打って、勝つ、なんてたまらなく楽しい。

ファン球団である巨人が指名打者制には前向きだったのはアレだとして
(たぶん松井秀を呼びたかったのだろう)




キャンプが始まって、既に今シーズンは始まっているのに、昨年の記事を書いちゃいました。

今年はWBCもある。
楽しみが始まる。
オフシーズンも楽しいけどね


読んで頂きありがとうございました。
関連記事

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
34位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク