免許取れました&MT車に乗る意味とは?

教習所に通い始めてから3ヶ月弱。ようやく免許証が交付されました。
第一段階の効果測定・学科試験、第二段階の効果測定、技能の卒業検定、本試験の学科試験、すべてをストレートで通ることができた。
教習所が1年で最も混雑する時期に通っていたので、下手したら夏休みまで卒業がずれ込むのでは、と心配していました。
が、空きが出たらすぐに予約を入れたり、試験対策を十分にして挑むことで対応することができた。

2015年度の普通自動車免許取得者の内、AT限定の割合は52%だった(Wikipedia)。
車種の中にはMT車がそもそも設定されていないものもあるし、商用車についてもAT車は増えているという。

だがしかし僕はMT車を選んだ訳ですが、その理由はまず第一に楽しそうだったから。
それにAT限定だとAT車にしか乗れない。わざわざ自分で乗れる車を制限しなくてもいいのでは?
また、AT限定は教習時間がわずかに短くなり料金も若干安めに設定されてある。これを理由にしてATの道に進む人も多い。
自動車免許は人生で最も長く使える資格だと思いますし、それにかかる時間や費用は目を瞑ってもいいと思います。
ぼくの身の回りでも「乗れる機会が無いからAT限定で十分!」という人を何人か見てきましたが、だからと言って乗れる車に制限をかけていくのはツマラナイ。と思いませんか?
これ以上書くと喧嘩腰になりそうなのでここらでやめておきますが……

教習でもAT車に乗りましたが、やはり将来はMT車に乗りたいと確信しました。
アクセルペダルを踏むだけで進んで(踏まなくてもクリープ現象で進むが)ブレーキペダルを踏むだけで勝手に止まってエンストしない。
楽には楽ですが、僕にとってはオモチャのような感覚でした。

実用的な面からMT車の利点を挙げると、エンジンブレーキがよく効くのと、ペダルの踏み間違い事故が起こりにくいという点ですかね。
これから免許取得を考えている人には断然MT車を勧めます。
AT限定の人の方が多いから、教習の予約が取りやすいかもしれませんよw

関連記事

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
32位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク