東京六大学リーグの有望株トップ25を考える

ワールド・ベースボール・クラシックの開幕まで1ヶ月を切った。
日本代表チームも28人のメンバーが出揃った。
全12球団が70人を支配下選手登録したと仮定すると、28人は上位3%にあたる。
ハイレベルな戦いを見ることが面白いのは、大学野球においても同じである。
今回は、日本全国に26ある大学野球リーグにおいて最もレベルの高い東京六大学野球連盟で、さらに有望な選手を選定した。MLB風に言うと“プロスペクト”だ。
まずは野手16人から(画像はクリックで拡大・学年は来年度の新学年で表記)。



野手を選定するにあたって、4年生は30試合以上、3年生は20試合以上、2年生は10試合以上出場している事や、何らかの成績が秀でている事を目安にした。
もちろん明確なものでは無いが、それぞれの大学のファンが「そうそう、確かに○○は期待だよね」と納得するものにはなっているはずだ。

さて、真っ先に目に付くのは慶應大の岩見雅紀だろう。
今春卒業する選手を含めても9本塁打は最多タイだ。特筆すべきは本塁打率9.56という数字で、つまり10打数に1本はホームランが出る計算になる。
ドラフト会議を意識しているプロ野球ファンであれば彼の名前を知っているだろう。
僕自身、彼にかなり期待しているが、少し気になる点もある。
それは四死球率の低さ(.055)と三振率の高さ(.291)だ。
言うまでもなく、レベルが上がるにつれて投手が甘い球を放ることは少なくなるので、この辺りの粗さは要改善だ。

右の大砲だと法政大の中山翔太にも期待を寄せている。
昨秋早大戦で2ランと3ラン、慶應戦で2ランを放ち、一瞬でレギュラーの座を掴んだ。
ヤクルトとの奉納試合ではプロ相手に2ベース2本を含む3安打とその名を知らしめた。ガッチリした体格も和製大砲の名に相応しい。

ドラフト会議について言及すると、岩見をスルーして1年待って中山を指名するという選択肢もアリかもしれない。
また、今年は谷田成吾(JX-ENEOS)と北川利生(日本通運)という左右の社会人パワーヒッターも候補に挙がっている。
いずれにせよ、長距離打者を見るにあたって“確実性”はひとつのキーワードになってくるだろう。

法政大の外野手だと、大西千洋は現役トップの安打数と盗塁数を記録している。新3年生なのに、だ。
日米大学野球でも見せた、露骨に内野安打を狙うバッティングは少しもったいない。
俊足を活かした守備走塁と打撃にもうひと味出てくれば、世代を代表する選手になるはずだ。
3年生だと明治大の渡辺佳明にも注目。ちなみに横浜高校の元監督・渡辺元智氏の孫。
昨春に打率が1割以上アップし戦力として明治大の優勝に貢献した。
補足として言っておくと、法政大の選手が多い理由は、上の学年のメンバーがなかなか調子が上がらず、下級生の起用が続いたためである。

新2年生の中にも既に台頭している選手がいる。
小藤翼郡司裕也は捕手同士好ライバルとして早慶戦を盛り上げてくれるはずだ。
慶應大の柳町達はデビューとなった春の法大戦でいきなりホームランを放った。3番を任される試合もあり、期待度の高さが伺える。
個人的に「六大学の柳田悠岐」と勝手に呼んでいるが、是非パワフルな部分ももっと見せて欲しいものである。

次に投手9人だ。



柳裕也や加藤拓也といったタレントが揃った昨年までに比べると、少し華が無いというのが正直な感想。
慶應大は加藤が、立教大は澤田圭佑と田村伊知郎が大部分を投げていたために選出はゼロ。

史上初東大からドラフト1位の期待がかかる宮台康平だが、来季の道のりはかなり険しいだろう。
日米大学野球で自己最速の150キロを出したが、その後は故障に見舞われた。実戦から遠ざかったことが悪く影響しなければいいが、ベストシーズンを送ることを期待している。

その一方で名を上げているのが明治大の齊藤大将だ。
鋭いスライダーを武器に三振を奪う変則左腕。奪三振率9.79という数字も好印象。
このままリリーフか、それとも先発に転向するかは分からないが、この類の左投手にとって永遠の課題である右打者相手の投球にさらに磨きをかける必要があるだろう。
柳の後ろには齊藤と水野匡貴という左右の切り札が控えていた。美しいまでの世代交代の流れは、学生野球チームすべてが理想とするべき姿だろう。
以前も書いたが、2勝先取制のルール上、エースを擁立することは特に重要である。
石田健大が抜けた後、後継候補の筆頭だった熊谷拓也が伸び悩んだ現状の法政大を見れば、それは明らかだろう。

早稲田大の場合、特定の投手の酷使が目立つが、継投を細かく行うゲームも増えた印象がある。
今年卒業のサウスポー・竹内諒やアンダースロー・吉野和也といういぶし銀のプレイヤーが昨季も活躍した。
大竹耕太郎がダメなら小島和哉が投げるぞ、小島の後は柳澤一輝、北濱竣介だ、頼むぞーー
といった持ちつ持たれつのような関係もまた、学生野球にとって理想なのかもしれない。
来シーズンは大竹の復調を望みつつ、速球派の柳澤と新3年生の小島がどのような結果を残せるかに注目したい。

一発勝負の高校野球と異なり、大学野球は負けてもそこで全てが終わるわけではない。
チームのサイクルは1年間、リーグ戦は7週間、選手にとっては4年間。
個々の選手を追うことが楽しいのは、これらの継続性が重なり合うからだと思う。
いずれ世界の舞台で戦う選手が、その中から生まれるかもしれないという可能性を考えたら、なおさらだ。

関連記事

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
32位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク