18年夏アニメ感想 その5

すっかり期間が空きましたね……。一通り見終わったので、全話通しての雑感を。
今期は1話で切ってしまう作品も多く、どうなることやらと思っていましたが、これはオッ! となる作品も散見されて少数精鋭なシーズンだった印象です。

『グラゼニ』

僕の好きな野球が題材。ひいき目なしに安定感は随一でした。
最後の方で飲み屋だか定食屋だかの女の子店員とコイニハッテンシテな描写もあり、また続編やらが放送されたら見ていないなぁと思わせられました。多様な切り口がある野球をテーマにしたことが、いつまでも見続けていられるという安心感をもたらしたと思います。
いかにも漫画的な魔球だとか打法が出てきたわけではありません。毎話リアリティのある展開が繰り広げられたからこそ、おもしろく感じたんでしょうねぇ。

『はねバド!』

この作品で素晴らしかったのはキャラクターの個性! あやのんが幼い雰囲気からのサイコパス顔へと豹変したのもインパクト大ですし、渚、コニー、泉先輩、伊勢原兄妹、エレナといった脇を固めるメンツも表情豊か。
この登場人物のボリュームがスポ根基調のこの作品にうまい具合の味付けをしています。

幼さが同居していた頃のあやのんを見返そうと1話をまた見て気付いたのですが、エレナが半ば強引にバドミントンへの道へと連れ戻していなければ数々の名勝負は生まれていなかったんですよね。エレナ、プレイヤーでこそないものの重要な役割を果たしています。

ひとつ気になったのは原作との相違。原作ファンいわく原作とアニメは展開がまったく違うと。僕はアニメを見て十分楽しめましたが、原作読んでいる人はどう思うのか。原作とそのファンも尊重するべきなのか、はたまた別物としてとらえるべきなのか。考えたことのない議論なので答えは出せません。
細かいこと抜きにすると非常に楽しめました。それは間違いありません。ほえほえに萌えるあやのんも最高でした。

『はるかなレシーブ』

キャラ、かわいい。けど、スポーツ・部活モノとして考えたときに前出の『はねバド!』と比べると2,3枚落ちてしまう感は否めない。
結局のところ、ビーチバレー初心者の遙が都合よく上達しすぎたような印象を受けました。
もちろんエクレア姉妹とか他のキャラやライバルとの出会いが彼女を上達させていった、という展開であったわけですが……。

もしかしたらこれもまた原作通りに描ききれなかった部分があるのかもしれません。もうちょっと味が濃くてもよかった気がするなぁ。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック


〈スポンサードリンク〉

〈スポンサードリンク〉

プロフィール
【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



最新記事
FC2カウンター
バロメーター
カテゴリ
広告
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
8771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
228位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2拍手ランキング