スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

2012年に引退した選手でチームをつくる

タイトル通りです。
大物選手が数多く引退した昨季。


彼らの全盛期の成績と共に振り返ってみる。
成績等は独自に調べたものなので誤りがあるかもしれません。






1(遊)石井琢朗    .314 *7本 *48打点 39盗塁 OPS.820 (盗塁王、最多安打、GG、B9)

永遠のリードオフマンは戦力外受けても腐らず。来季からは指導者として優勝を目指す。



2(右)福地寿樹    .320 *9本 *61打点 42盗塁 OPS.815 (盗塁王)

移籍するたびに才能開花。通算安打数<通算盗塁数になっていた時期もある。



3(左)金本知憲    .327 40本 125打点 OPS1.044 (MVP、B9)

説明不要の鉄人。阪神の一時代を築いた功績は計り知れない。



4(中)松井秀喜    .334 50本 107打点 OPS1.044 (MVP、本塁打王、最高出塁率、打点王、GG、B9)

日本人初のMLBスラッガー。彼を超える和製大砲は今後現れるのか。



5(指)カブレラ     .336 55本 115打点 OPS1.153 (MVP、本塁打王、最高出塁率、B9)

破壊力抜群の助っ人。日本では3球団渡り歩いた。



6(三)小久保裕紀   .314 41本 *96打点 OPS1.013

リーダーシップ発揮した大砲。晩年は腰痛に苦しみながら2000本の大台に乗った。



7(捕)城島健司    .330 34本 119打点 OPS.993 (MVP、GG、B9、最優秀バッテリー賞)

「捕手として引退」を志し、ユニフォームを脱いだ。日本人で初めて捕手としてMLBに挑戦した功績は大きい。



8(二)今岡誠      .279 29本 147打点 OPS.834 (打点王、B9)

チャンスの強さは他の選手と比べ物にならない。故障の影響が大きかった。



9(一)北川博敏    .303 20本 *88打点 OPS.856 

2001年の代打逆転サヨナラ満塁優勝決定釣りなしホームランは多くの野球ファンを魅了した。指導者として再出発。





代打

草野大輔 .320 *8本 *44打点 OPS.845 

高齢ルーキーは勝負強さで生き残った。



佐伯貴弘 .302 16本 67打点 OPS.856

横浜時代は4番も務めたメカゴジラ。浪人し復活目指したが・・・。



平尾博嗣 .285 7本塁打 32打点

阪神から移籍後に覚醒。「チャラ尾」の愛称で親しまれたムードメーカーは記憶に残る。



宮出隆自 .275 9本塁打 59打点

まさかの引退をした元投手の苦労人。パンチ力、勝負強さ、強肩を生かした守備、すべてが魅力だった。




守備代走

英智 .269 0本 19打点 11盗塁 (GG)

落合野球の象徴。数々のプレーで窮地を救った。



田口壮 .294 10本 *56打点 OPS.767 (GG)

外野手コンバート後に花開き、優勝に貢献。MLBでも攻守で魅せた。



阿部真宏 .291 6本塁打 43打点

猛牛戦士がまた一人引退。三振が少なく四球が多い打撃と、堅実な守備は貴重な控えに。



福川将和 .207 7本塁打 35打点

ヤクルト投手陣を支えた捕手。意外性のある打撃も魅力だった。


先発

小笠原孝 26試合 8勝11敗 4.70

遅咲きの左腕。谷間から見事にローテに定着した。



土肥義弘 26試合 10勝11敗 3.83

西武→横浜→西武→海外独立リーグ。巨人キラーとして名を馳せた。



下柳剛 24試合 15勝 3敗 2.99

のらりくらりな印象だが元々は速球派のリリーバー。規定投球回を投げずに最多勝。



門倉健 29試合 11勝 8敗 3.37

日韓通算100勝。社会人野球でもプレーした経験豊富な右腕は来季から韓国チームの指導者に。




中継ぎ

大沼幸二 54試合 4勝7敗15H 3.14   

制球不安定ながら快速球でブルペンを支えた。長髪のライオン丸としてブレークも。



川岸強 54試合 4勝3敗13H 1.92

戦力外から復活した苦労人。中継ぎの中心的サイドハンド。



渡辺恒樹 65試合 3勝 4敗 12H 3.40

楽天の初代背番号18。リーグ最多登板を果たしたが故障には勝てず。ヤクルトでは貴重な左腕として貢献。



山村宏樹 34試合 6勝 2敗 1S 10H 3.26

阪神時代には精神を病む苦労。先発、中継ぎ、抑えと何でもこなした。最後の分配ドラフトで楽天入りした投手。



有銘兼久 66試合 2勝 2敗 2S 17S 2.05

延長12回、188球を投げ抜いたこともあるスタミナ抜群の左腕。沖縄訛りが人気。



抑え


高津臣吾 52試合 0勝4敗37S 2.61 (最多セーブ)

MLB、韓国、BCリーグでもプレーした野球を愛するサイドハンド。伝家の宝刀シンカーでスワローズ黄金時代を支えた。



マイケル中村 64試合 5勝1敗39S 2.19 (最多セーブ)  

独特のカーブで打者を翻弄。晩年は先発も。



小野寺力 59試合 7勝 3敗 29S 2.82

危なっかしい火消しぶりを見せたが、長続きせず。来季からは西武に戻って球団職員。








以上です。


ここに書き切れていない選手は、また別の記事で触れたいと思います。
にしても大物揃いだなぁ…


関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2038位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
45位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。