【2013プロ野球展望】戦力分析~横浜DeNAベイスターズ~

横浜DeNAベイスターズ





心機一転も最下位からは抜け出せず。
変わったのは親会社だけだった。
大企業の本領発揮で大型補強、試されるシーズン。




↓の「続きを読む」からどうぞ


スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ





ドラフト★★★★☆


× 東浜 巨 --- --- ---
1位 白崎 浩之 駒沢大 遊撃手
2位 三嶋 一輝 法政大 投手
3位 井納 翔一 NTT東日本 投手
4位 赤堀 大智 セガサミー 外野手
5位 安部 建輝 NTT西日本 投手
6位 宮崎 敏郎 セガサミー 二塁手
育1位 今井 金太 広島国際学院高 投手


東浜こそ逃すも、昨年度とは打って変わって即戦力中心の指名。
ドラ一級を二名に加え、課題の先発候補を獲得。
二年でバランスをとってきた。



新入団選手★★★★★

投手

ソト   中日
ソーサ  中日
神内靖  ソフトバンク
吉川輝昭 ソフトバンク
土屋健二 日本ハム


野手

ブランコ 中日
モーガン ブルワーズ
多村仁志 ソフトバンク



中日から3人の助っ人を獲得する荒業。
福留、西岡、松坂こそ手に入らなかったが、競争意識が高まった。






野手



予想メンバー


スタメン



1(中)荒波△
2(二)内村□
3(右)モーガン△
4(一)ブランコ
5(左)ラミレス
6(三)筒香△
7(遊)石川△
8(捕)高城



捕手★★★☆☆
内野★★★☆☆
外野★★★★☆


復活を遂げた中村、ラミレスの3、4番が機能。
筒香はフォームに試行錯誤し伸び悩み。主軸候補が加わる今季は真価が問われる。
高城、荒波、石川、内村、梶谷らで形成されるセンターラインにはもう一つ確実性が欲しい所。
石川は二塁で持ち味を発揮していたが、遊撃を直訴。うーん。
1、2番が出塁しなければ意味がない。
バリバリのメジャーリーガーとして入団したモーガンは左投手に弱いのが難点。
走塁センスはメジャー時代からかなり良いと評判だが、状況によって使い分けるのが無難か。外野候補はいくらでもいる。
3番モーガン、4番ブランコ、5番ラミレスは早くも公言されているが、それに加えて足を絡める攻撃ができたら鬼に金棒。盗塁数、成功率でリーグワーストだが積極的な走りで得点に繋げていきたい。


ドラ一ルーキー・白崎は強打自慢の遊撃手候補。
駒大の先輩・中畑監督の元アピールしたかったが、2月10日に右太ももを肉離れ。
競争が激しいポジションだけに開幕一軍は難しいか。
大学時代にはSB・東浜から外野の頭を超えるツーベースを放ったことも。
ドラフト後の会見の時、ジャビットくんをバットで打ち返すポーズをとっていたは……中々面白いキャラである。




控え



(捕)鶴岡
(捕)黒羽根
(内)渡辺直
(内)一輝
(内)白崎
(内)後藤
(内)梶谷△
(内)中村
(外)金城□
(外)小池
(外)井手
(外)下園△
(外)森本
(外)多村
(外)赤堀



※△は左打ち、□は両打ち





競争が厳しくなったが、チャンスは必ず回ってくるはず。






投手陣



悪の根源はなんといっても投手陣にある。
昨季のチーム防御率はリーグ最下位の3.76。
次に悪いのはヤクルトの3.35なのでここが改善出来ればAクラスに手が届くはずだ。




先発★★★☆☆


昨季の勝ち頭は9勝で三浦。
そろそろ彼を脅かす投手が出てきて欲しいのがみんなのホンネ。
そもそも100イニング以上投げたのが三浦、高崎、国吉だけなのでこれはまた辛い所。
ソト、加賀美、神内がいかに上乗せできるか。
神内は意外にもキャンプから高評判。開幕ローテもほぼ内定か。
三嶋、井納も結果を残しており楽しみ。
鬼教官デニーコーチに鍛え抜かれた精鋭達は輝きを見せられるか。


ドラ2・三嶋はドラ一級の評価を受けるほどの即戦力候補。
対外試合でも頭ひとつ抜ける好投で、新人王ダービーを揺るがす存在となりそうだ。



1.三浦
2.高崎
3.ソト△
4.国吉
5.加賀美


(藤井△)
(小林)
(神内△)
(三嶋)
(井納)




リリーフ★★★★☆


先発に比べると充実。
さらにソーサを抑え起用するプランもあり、山口もうかうかしていられない。(本人は来オフにポスティングでのメジャー移籍を考えているようだが)
60試合の菊池、加賀、山口、50試合の篠原、藤江。
さらに大原、林も頭数として計算でき、小林は便利屋要員。


山口
菊池
加賀
篠原△
大原△
林△



ソーサ







総評



2006年から7年連続Bクラス。2008年から5年連続最下位、その勝利数の推移は48、51、48、47、46……
過去二年間は3時間半ルールで引き分けを増やし、勝率をお茶を濁してきたが、その特別ルールも今年から廃止。
プロ野球球団の経営にやる気満々の親会社の元、チームは着実に変わりつつある。
しかし、上層部が変わっても、現場(=選手の意識)が変わらなければ意味は無い。
平成の鉄人・金本知憲も、引退試合でのスピーチでそれを促した。
順位予想で解説者全員が最下位は横浜、というのはもうやめにしたい。
横浜が強くなれば、確実にセ・リーグは面白くなる。
一体何度めの「今年こそ」になるのだろうか―
常勝球団のDNAが注入された。
過去数年で、一番期待が持てるシーズンだ。
今年こそ―最下位脱出、いや、Bクラス脱出…Aクラスだ!









~戦力分析2013・横浜DeNAベイスターズ編終了~









関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
17位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク