スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

【2013プロ野球展望】戦力分析~東京ヤクルトスワローズ~

東京ヤクルトスワローズ



故障者続出なのは相変わらずも、苦しい中Aクラス入り。
ストライプユニフォームが復活した今季は優勝だ。



↓の「続きを読む」からどうぞ

スポンサーリンク

東京ヤクルトスワローズ




ドラフト★★★★☆


× 藤浪 晋太郎
1位 石山 泰稚 ヤマハ 投手
2位 小川 泰弘 創価大 投手
3位 田川 賢吾 高知中央高 投手
4位 江村 将也 ワイテック 投手
5位 星野 雄大 四国IL・香川 捕手
6位 谷内 亮太 国学院大 遊撃手
7位 大場 達也 日立製作所 投手


外れ一位ははっきり言って「誰?」って感じだが、星4評価。
2011年がヒドすぎただけで、即戦力と素材型のバランスがいい結果となった。



新入団選手★★☆☆☆

投手

藤田   西武


野手

岩村   楽天


毎年通りの消極補強の中、岩村は久々の大物。
復活したら貴重な戦力だ。





野手



予想メンバー


スタメン



1(左)ミレッジ△
2(二)田中
3(遊)川端△
4(右)バレンティン
5(一)畠山
6(三)宮本
7(中)雄平△
8(捕)相川



捕手★★★★☆
内野★★★★★
外野★★★★★


昨年とあまり変化はなさそう。
宮本の後継、センター争いはまだ続く。

2000本安打を達成し、引退も考えたが球団から慰留され現役続行した宮本慎也。
恐らくシーズン途中にも川端が3塁、遊撃に山田が入るだろう。
遊撃以外のゴールデングラブ賞を受賞した鉄壁の内野陣が若返りする。

新人の谷内亮平(國學院大)も候補の一人。
「守備だけなら1軍クラス」という前評判はプロ入り前の宮本とダブる。
オープン戦では課題の打撃もアピール、開幕一軍入り争いは激しさを増した。

センター争いは、昨季後半に雄平が1番・中堅に定着。
上田・松井淳・比屋根も結果を残しており、やはり激しい争い。
打順の組み方によってバリエーションが広がるのは良いこと。




控え



(捕)中村
(捕)川本
(捕)星野
(内)森岡△
(内)藤本△
(内)三輪△
(内)武内△
(内)野口
(内)岩村△
(内)山田
(内)谷内
(外)飯原
(外)上田△
(外)松井淳△
(外)比屋根
(外)松元ユウイチ△




※△は左打ち、□は両打ち





層は厚い。
怪我人が出ても多少は平気そうな布陣だ。








投手陣



故障者が出ても平気じゃないのが投手陣。
新人の評価は上々で光が差す。



先発★★★★☆


防御率は高めだが、ローテを守れる投手が揃っている。
石川・館山の左右のエースに、サウスポーの村中・赤川、そしてタフネス右腕のロマンがローテ確定。

ドラ一・石山泰稚(ヤマハ)は伊藤智仁二世とも囁かれる右腕。
他球団の指名リストには載っていなかったという選手の指名には賛否両論だが社会人出身らしく完成度は高め。
フォームは手投げ感があるが、即戦力候補であることは間違いない。

2位の小川泰弘の方が前評判は良いかもしれない。
背中を丸め、左足を大きく上げる変則フォームはノーラン・ライアンを参考に作り上げたという。
オープン戦では絶好調で、開幕一軍もあるかもしれない。
ネックなのは低身長と制球難。
課題を克服すれば大化けするはずだ。



1.館山
2.石川△
3.村中△
4.ロマン
5.赤川△


(七条)
(中澤△)
(八木△)
(由規)
(石山)
(小川泰)




リリーフ★★★★☆


バーネットが抑えに定着し、若い日高・山本哲がフル回転で押本と共にブルペンを支えた。
これに九古が復活してくれば面白い。勝負所で痛打を浴びるのが目立った増渕も成長を見せて欲しい。
勝利の方程式完成までもう少しだ。

4位の江村将也はサウスポー。
ロッテの直也を弟に持つ。
最速は139キロ止まりだが、変化球との総合力で社会人時代にリリーフとして頭角を現した。
2011年の九古になれるか。

7位の大場達也も社会人出身の投手。
最速152キロ、恵まれた身体能力を持つ右腕。
大学3年の秋に監督にかけられた言葉が野球を真剣にするきっかけとなったという。
それまではアルバイトに明け暮れ、焼き鳥屋でバイトリーダーをした経験を持つ。


日高△
押本
山本
増渕
正田△
平井
松井光
阿部
(松岡)
(江村△)
(大場)



バーネット







総評



黄金時代の象徴・ストライプユニフォームが復活した。
宮本、岩本ら黄金期を知る選手がこのユニフォームを着ているのを見ると、やはりわくわくする。
セ・リーグは3強3弱とよく言われる。圧倒的な強さを見せて「消去法Aクラス」という言葉は返上したい。
主軸の外国人2人の契約延長にも成功。
小川監督の堅実な采配は窮鼠猫を噛むという場面で本領を発揮する。
読売には散々痛い目に遭ってきた。
仇討ちの時が来た。





~戦力分析2013・東京ヤクルトスワローズ編終了~


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2040位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
44位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。