【2013プロ野球展望】戦力分析~千葉ロッテマリーンズ~

千葉ロッテマリーンズ





大失速でファンを失望させた。
新監督を迎えて、コーチ陣も入れ替えた今季は常勝復活。




↓の「続きを読む」からどうぞ

スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズ





ドラフト★★★☆☆



× 藤浪 晋太郎 --- --- ---
1位 松永 昂大 大阪ガス 投手
2位 川満 寛弥 九州共立大 投手
3位 田村 龍弘 光星学院高 捕手
4位 加藤 翔平 上武大     外野手


藤浪指名は個人的には意外。
松永、川満と前評判の高い左腕を獲得し、田村の獲得にも成功。
少数精鋭の指名となったが、果たして。




新入団選手★☆☆☆☆


投手

ゴンザレス  巨人


野手

G.G.佐藤



星ゼロでもいいくらい。
小林宏之、佐伯貴弘が入団テスト不合格だったし仕方ないか。
いや、それにしても…






野手



予想メンバー


スタメン



1(左)角中△
2(中)岡田△
3(二)井口
4(指)ホワイトセル△
5(右)清田
6(遊)根元△
7(一)サブロー
8(三)今江
9(捕)里崎



捕手★★★★☆
内野★★★☆☆
外野★★★★★


個人的な考え(というか趣味)が出てしまった予想オーダー。
伊東新監督は1番角中という攻撃的なプランを提示。
首位打者のヒットメーカーを1番に据えるには、ランナーを返すクリーンアップが強力でなければならない。
昨季二桁本塁打を打ったのは11本の井口ただ一人。
ホワイトセル、清田、根元、サブロー、今江、里崎と長打がある選手がズラリだが…
低反発球の現在のプロ野球。足を生かした選手も揃っているので、伊東監督の腕が試される。
昨季大不振で大ブーイングも浴びた大松の復活はなるか。千葉マリンで20発打てる和製大砲は貴重。

激戦区は外野だ。
角中・岡田は当確として、残りの一枠を荻野貴・伊志嶺・工藤・G.G.佐藤・新人の加藤が争う。
加藤は俊足・強肩を生かした守備が魅力のスイッチヒッター。
パンチ力のある打撃も評価が高く、伊東監督は似ている選手としてかつてチームメイトだった秋山幸二の名前を挙げた。
意外にも外野登録の選手は少ないので、開幕一軍、開幕スタメンもあるかもしれない。

問題なのは二遊間の守備。
昨季のエラー数は根元が19個、井口が10個。
セイバーメトリクスによる守備指標なんていうのも挙げたかったが、時間・知識が不十分なため割愛。
井口は今年39歳。
シーズン途中にはサブローのように一塁コンバートも考えられる。
その後釜は鈴木大地になるだろう。
と言っても、二塁に根元が周り、遊撃に鈴木が入るのが現実的か。根元はセカンドで見たい。
藤岡とは東洋大学でもチームメイトで(鈴木が主将で、藤岡が副将だった)、在学中には三塁手、遊撃手としてベストナインを受賞。
名前はオリンピックの金メダリストにあやかって付けられた。
バットコントロールと、どこでも守れる器用さ以外にも、打席に入る際に審判に挨拶する礼儀正しさ、グラウンドでの全力疾走、練習での声出しは魅力的。
野球に取り組む姿勢がとても真摯で、見ている側はとても気持ちがいい。



控え



(捕)田中
(捕)金澤△
(内)福浦△
(内)大松△
(内)塀内△
(内)鈴木△
(内)細谷
(内)早坂□
(外)荻野貴
(外)伊志嶺
(外)工藤△
(外)G.G.佐藤
(外)加藤□



※△は左打ち、□は両打ち





試合終盤に勝負を左右することが増えると思う。
勝つためには控えのバックアップが必要不可欠。






投手陣



救援陣の酷使は目を瞑りたくなるほどだった。
頭数揃うか。




先発★★★☆☆


成瀬・グライシンガーの両輪が共に12勝。
24歳の唐川・藤岡が先発に定着し、もう一枠をベテランの渡辺・小野が埋めるのが理想的か。
巨人から移籍したゴンザレスはリリーフ起用案も出ているが適応に難を示している。

ドラ一・松永は大阪ガス時代に不祥事による活動自粛した経緯があり、いきなり1軍ローテ、というのは難しい。
ドラ二・川満もまずは体作りからスタートしそう。
11年の藤岡・中後に続きまたもサウスポーの獲得に成功した、数年後は左腕王国となっているだろう。





1.成瀬△
2.グライシンガー
3.唐川
4.藤岡△
5.渡辺


(小野)
(大谷)
(ゴンザレス)
(松永△)
(レズデマ△)




リリーフ★★★★☆


救援防御率はリーグ二位の2.80と優秀も、後半は疲れを見せた。
薮田の跡を継ぐ、幕張の防波堤は出るか。

抑え候補として有力なのは昨季新人王の益田。
リーグ新人記録も更新したタフネス、故障で出遅れたが投球の安心感は相変わらず。

3年目の南も要注目。
1年目は肩のケアに費やしたが、昨季は25イニングで自責点は1(しかも野手の判断ミスによるもの)、防御率0.36。
経歴が似ていることから西口二世と言われるが、それに恥じない本格派。
リリーフカーでそのまま帰る珍事でも注目された。



益田
中郷

中後△

ロサ
伊藤



薮田







総評



昨季は開幕ダッシュに成功し、他の上位チームと優勝、Aクラス争いを繰り広げると思っていたが―
夏場からは近年でも稀に見る大失速。
打線と投手陣が噛み合わない、見ている方にとってはたまらない堕ちよう。
オフシーズンで来季への巻き返しを図りたかったが、ドラフトではくじ引きに失敗、指名も4人のみとなった。
新体制への移行も、ジョニー黒木にフラれたのは誤算。
戦力補強もかなり消極的だが、それは現有戦力への自信の裏返しともとれる。
2005年と、2010年の優勝が証明しているように、生え抜きの戦力だけでもそれなりに戦えるのはこのチームの強み。
今度の優勝は、本拠地で胴上げだ。







~戦力分析2013・千葉ロッテマリーンズ編終了~


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1900位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
42位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク