【2013プロ野球展望】戦力分析~広島東洋カープ~

広島東洋カープ




夏前は希望を見せたが、結局失速。
打撃陣にテコ入れして念願の念願のCS進出へ。




↓の「続きを読む」からどうぞ

スポンサーリンク

広島東洋カープ





ドラフト★☆☆☆☆



× 森 雄大 --- --- ---
× 増田 達至 --- --- ---
1位 高橋 大樹 龍谷大平安高 外野手
2位 鈴木 誠也 二松学舎大付高 外野手
3位 上本 崇司 明治大     二塁手
4位 下水流 昂 ホンダ     外野手
5位 美間 優槻 鳴門渦潮高 内野手
育1位 辻 空     岐阜城北高 投手  
育2位 森下 宗 愛知工業大 外野手  



森雄大を一本釣りできなかったのが大誤算。
即戦力候補は4位の下水流(ホンダ)だけ、投手は育成枠の一人のみ。




新入団選手★★☆☆☆

投手

久本   中日
ソコロビッチ


野手

ルイス



久本が一番の補強か。
経験豊富な渋いベテランはAクラス入りのために必須。






野手



予想メンバー


スタメン



1(中)丸△
2(二)菊池
3(右)ルイス△
4(一)栗原
5(左)エルドレッド
6(三)堂林
7(遊)安部△
8(捕)石原



捕手★★★☆☆
内野★★★☆☆
外野★★★★☆



失速の原因は打てない打線。
二遊間を張る梵が故障で出遅れ、東出はシーズン絶望。
オープン戦では遊撃・安部、二塁・菊池が結果を残しているので、こう予想してみた。

栗原が怪我から復帰し、エルドレッドは左翼に回される。
ニックはベンチスタートとなりそうだ。
一発のある選手は揃ってきている。

外野は激しい争いになりそうだが、左翼エルドレッドはほぼ確定。
新外国人のルイスは荒削りだが、積極的な走塁、巧みな打撃を見せている。
外国人に挟まれる形となるセンターには6年目の丸を入れてみた。
打撃は長打も期待できるが、選球眼がよく出塁率が良い。足も早く一番バッターにはピッタリだ。

新人の下水流も猛アピール中だ。
ハンカチ世代で、横浜高校-青学大-ホンダと名門の出身。
パンチ力のある打撃と守備走塁はレベルが高く、開幕一軍どころか開幕スタメンも可能性がある。
外れ外れ一位・高橋はまずはやはり育成。
「プロ入り当初の長打力は堂林以上」と内田二軍監督は評する。高卒選手を育てるのがうまい広島、楽しみだ。

個人的に注目しているのは8年目の鈴木将光。
昨季ようやくプロ入り初安打を放つと、翌年のWBC強化試合では内海からスリーラン。初安打の時のピッチャーも内海なので、「内海キラー」として名を馳せるかもしれない。
プロ入り当初から怪我で出遅れているが、俊足と強肩、高校通算64本塁打の長打力は魅力。
ちなみに新人の鈴木誠也は内野手。高校時代は投手だった。




控え



(捕)倉
(捕)白濱
(内)木村△
(内)梵
(内)小窪
(内)松本
(外)天谷△
(外)廣瀬
(外)赤松
(外)岩本△
(外)前田智△
(外)迎
(外)中東△
(外)ニック
(外)松山△
(外)鈴木将



※△は左打ち、□は両打ち





手薄な二遊間はチャンス。
若手の捕手もそろそろ。






投手陣



投手王国が形成されつつある。
リリーフを固めて盤石リレー完成へ。




先発★★★★☆


先発防御率2.59が示している通り、先発投手は優秀。
しかし、ローテ入りしそうな左腕がいなさそうなため、星4つとさせていただいた。
エース・前田健を柱に、大竹、野村祐、バリントンが確定的か。
残りの一枠にサウスポーの篠田、齋藤が定着できたらもう完璧。
昨年の成績だけで見ると、今井が入りそうだが。
21才を迎える中崎にも大注目。マエケンも認める有望株だ。
中日を戦力外となった久本も先発テストで好投。
先発、リリーフとなんでもござれな起用となりそう。



1.前田健
2.大竹
3.野村
4.バリントン
5.今井


(久本△)
(篠田△)
(齋藤△)
(中崎)
(戸田△)




リリーフ★★★☆☆


昨季47試合に登板したサファテの穴をどう埋めるかがカギ。
69試合に登板した今村、61試合登板のミコライオ、速球派の新加入・ソコロビッチがリリーフエース。
奇跡の復活を遂げた河内、江草、横山のベテラン勢がしっかり脇を固めたら他球団にとっては脅威。
昨季は手術の影響で登板がなかった青木の復活にも期待。
今村は壊れないかホントに心配…
福井は中継ぎ固定で持ち味発揮なるか。



今村
ソコロビッチ
河内△
江草△
横山
福井
岸本
青木△



ミコライオ







総評



栗原が故障で離脱し、今年もダメかとため息が漏れていた所を、若手の抜粋で戦力底上げ。
前半戦を1997年以来の3位で折り返し、ついに今年こそ…と思われていたが。
9月に入り8連敗するなど、ヤクルトとの3位争いで完敗。
敗因は、肝心の勝負どころで打てなかった打線。
堂林は14本塁打を放ったが、三振、失策はダントツでリーグワースト。
いい意味悪い意味でも2012年のカープを象徴するような選手だ。
Aクラス入りに向けて意地を見せ続けるが他球団の戦力アップという壁が立ちはだかる。
最下位が定位置のDeNAも大補強に成功。
このままでは2005年以来の最下位もちらつく。
しかし、希望の光りは見えている。
帰ってきた大砲と、現役引退、コーチに就任する石井琢朗もいる。
マツダスタジアムで初のホーム勝ち越しを決めた昨季。
市民球団が最高の形で恩返しするシーズンだ。




~戦力分析2013・広島東洋カープ編終了~
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
43位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク