【2013プロ野球展望】戦力分析~阪神タイガース~

阪神タイガース



昨季は誤算続きで、まさかの5位。
甲子園のスーパースターにメジャー帰りの大物が入団でチームに光。



↓の「続きを読む」からどうぞ

スポンサーリンク

阪神タイガース




ドラフト★★★★★


1位 藤浪 晋太郎 大阪桐蔭高 投手
2位 北條 史也 光星学院高 遊撃手
3位 田面 巧二郎 JFE東日本 投手
4位 小豆畑 真也 西濃運輸 捕手
5位 金田 和之 大阪学院大 投手
6位 緒方 凌介 東洋大     外野手


スーパースターの帰る場所は、やはり甲子園だった。
藤浪のくじ引きに成功して勢いにのると、続々と注目ルーキを指名。
阪神のドラフトとしては前代未聞の大成功となった。



新入団選手★★★★★

投手

高宮   オリックス


野手

福留
西岡
日高   オリックス
コンラッド


メジャー帰りの二人は周囲にも好影響。
これ以上ない補強に成功した。





野手



予想メンバー


スタメン



1(二)西岡□
2(中)大和
3(遊)鳥谷△
4(一)新井良
5(右)福留△
6(左)マートン
7(三)コンラッド□
8(捕)藤井



捕手★★★★☆
内野★★★★★
外野★★★★☆


顔ぶれががらりと変わった。
スイッチヒッターが二人も打線に入ることによってジグザグ打線がより強力になり、クリーンアップも12球団屈指。

昨季飛躍への足がかりを掴んだ新井良太を4番に据えてみたが、和田監督によると4番鳥谷案も考えているとのこと。コーチ時代から温めているという。
一番良いのは、新井貴浩が復活すること。終盤は右肩痛のため二軍落ちしたが高級取り、働いてもらわないと。

下位打線にはマートン、コンラッドのダブル助っ人が待ち構える。
本業のレフトに固定されるマートンは、優等生時代を思い出して欲しい。安打製造機が復調すれば4番も。

コンラッドはスイッチヒッターのパワーヒッター。
対外試合では絶好調で自慢の長打力を見せているが…
阪神の助っ人、何が起こるか分からない。(素手で打っているところが去年のボウカーを思い出す)

捕手は藤井、日高、昨季72試合に出場した小宮山の3人体制が予想される。
先発投手の相性によって藤井・日高がスタメン、小宮山はバックアップ要員だろう。
日高は打撃も非凡なので代打起用としても期待。
リードが課題の今成は外野の守備練習もしているとのこと。
4位指名・小豆畑は守備に定評。
打撃は1軍クラスではないが、スローイングの安定感は新人離れしている。

2位指名・北条は将来のリーダー候補。
藤浪と並び甲子園で光った内野手だが2軍でじっくり育成、数年後に1軍デビューとなるだろう。
打撃・守備センスは一級品。期待を浴びるが、焦る必要はない。


控え



(捕)日高△
(捕)小宮山
(捕)小豆畑
(内)新井貴
(内)関本
(内)上本
(外)柴田△
(外)浅井
(外)桧山△
(外)伊藤△
(外)田上△
(外)俊介




※△は左打ち、□は両打ち





新戦力の加入で、全体的に層がグッと厚くなった。
代打の神様も待機している。








投手陣



野手陣に比べると若干不安。
期待のルーキは果たして―



先発★★★☆☆


能見10勝10敗、メッセンジャー10勝11敗、スタンリッジ7勝12敗、岩田8勝14敗…
打線の援護に恵まれず、10敗カルテットが完成してしまったが、この4人はローテはほぼ当確だろう。
オープン戦での結果次第で、ここに藤浪晋太郎の名前が入る。
昨年の高卒投手の勝ちっぷりを見ると、十分即戦力として期待できる。
怪我さえなければ、197cmの長身から繰り出せれるダイナミックなピッチングを早いうちに見ることができるだろう。
中3で英検準2級を取った国際派でもある。

その他の若手先発投手候補は対外試合で炎上、特に見るところは無い。
もう一人くらいローテ級の投手が育って欲しいところだ。



1.能見△
2.メッセンジャー
3.スタンリッジ
4.岩田△
5.藤浪


(安藤)
(岩本)
(秋山)




リリーフ★★★★☆


虎の守護神として君臨した藤川球児がついにメジャー移籍。
その代わりは案外すんなり決まった、久保康友。
クイックが巧みで走者を置いても仕掛けにくい。
リリーフとしての経験もあるし、ウイニングショットもあるので適応できると判断したのだろう。

リリーフ防御率は2.15、リーグ2位なのでまあ安泰だろう。
もう一枚右の中継ぎがいてもいい。



榎田△
加藤△
福原
渡辺
筒井△

(高宮△)
(ザラテ△)



久保







総評



阪神の黄金期を築いた鉄人がユニフォームを脱いだ。
星野が連れてきて、岡田が4番に固定、真弓時代に肩を痛め、和田で引退。
4人の監督と共に歩んだ10年間で、大きくチームは変わった。
2回のリーグ優勝を含めた4回のAクラス。
今回の大型補強には賛否両論あるが、移籍選手がもたらす好影響でチームを強くしてきた。
今年はチームの転換期。
甲子園のスーパースターが2人も入団したのは何かの縁か。
福留は阪神とDeNAの争奪戦で、決め手は甲子園だったとほのめかすようなことも言っていた。
久しぶりにセ・リーグに入った高卒大物ルーキーと共に、新たな黄金期が始まるであろう今季は、新生タイガースの元年だ。




~戦力分析2013・阪神タイガース編終了~


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2681位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
72位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク