【2013プロ野球展望】戦力分析~福岡ソフトバンクホークス~

福岡ソフトバンクホークス




若手の台頭が光った。
2年ぶりVで最強チーム完成へ。




↓の「続きを読む」からどうぞ

スポンサーリンク

福岡ソフトバンクホークス




ドラフト★★★★★



1位 東浜 巨 亜細亜大 投手
2位 伊藤 祐介 東北学院大 投手
3位 高田 知季 亜細亜大 遊撃手
4位 真砂 勇介 西城陽高 外野手
5位 笠原 大芽 福岡工大城東高 投手
6位 山中 浩史 ホンダ熊本 投手
育1位 八木 健史 BCリーグ・群馬 捕手  
育2位 大滝 勇佑 地球環境高 外野手
育3位 飯田 優也 東農大北海道 投手  
育4位 宮崎 駿 三重中京大 外野手



東浜の当たりクジを見事引いた。
即戦力あり、素材型ありの成功ドラフト。



新入団選手★★★★★

投手

山本△    DeNA
江尻     DeNA
五十嵐
寺原     オリックス
パディーヤ


野手

吉村     DeNA
ラヘア



貪欲に補強を進めた。
今年もメジャー100勝投手を獲得したが…




野手



予想メンバー


スタメン



1(右)長谷川△  [中村]
2(二)本多△
3(左)内川
4(指)ペーニャ
5(一)ラヘア△  [松中]
6(三)松田
7(中)柳田△
8(遊)今宮
9(捕)細川



捕手★★★★☆
内野★★★☆☆
外野★★★★★


予想オーダーはかなり悩んだ。
というのも、様々な打順を組める選手が揃っているだからだ。
長谷川が故障で開幕は間に合わないとのこと。
オープン戦では6年目の中村晃が1番・右翼を任されている。
帝京高校時代は4番で、甲子園で本塁打も放った。
ファーストを守れるのも強み。

「1番候補」としてだけ見れば、本多・柳田・今宮・明石あたりが面白い。
相手投手やチーム状況に応じて臨機応変にオーダーを組み替える、「最強打線」が見られそうだ。

左の大砲として獲得したのはブライアン・ラヘア。
昨季16本塁打と自己最高の成績を収め、オールスターにも出場した伸び盛りの一塁手。
左投手に弱いのが一番の弱点か。
松中・吉村・江川と併用される可能性があるが、高級取り。できればフルで出て欲しいが。

手薄な二遊間にはドラフト3位の高田知季(亜細亜大)が加入。
軽快なフットワークから生み出される広い守備範囲は大学No.1との呼び声も。
打撃はバットコントロールと選球眼が身上。
一年目から出番がありそうだ。決して東浜の喋り相手だけという訳ではない。



控え



(捕)山崎
(捕)高谷
(内)明石△
(内)松中△
(内)金子□
(内)李杜軒
(内)福元△
(内)牧原△
(外)城所
(外)福田
(外)江川
(外)中村
(外)吉村
(外)中原恵




※△は左打ち、□は両打ち





手薄な内野はチャンス。
堅実な野球ができる層の厚さ。






投手陣



チーム防御率2.56と昨年に続きリーグ1位。
戦力の充実さもダントツ。




先発★★★★☆


杉内・和田・ホールトンの3人が抜けるも若手がその穴を埋めてくれた。
特に武田翔太は高卒ルーキーながら防御率1.07で8勝をマークした。
摂津・大隣がWBCに選出されその影響も心配だが候補は豊富。
メジャー100勝のパディーヤ、出戻りで寺原を獲得したほか、東浜、山中もアピール。

ドラフト6位・山中浩史の話を先に。
アンダースロー、今年27才のオールドルーキーという点も含めて西武・牧田タイプ。
ストレートは120キロ台だが、変化球を見事な緩急をつけて投げ込んでくる。
80キロ台のスローボールも見せ、先発中継ぎどちらでもいけそうだ。

投手の大物助っ人はビセンテ・パディーヤ。
MLB通算108勝という触れ込みは昨年のペニー(119勝)を思い出させるが、こっちの方がちょっと謙虚。
先発としての登板は過去2年無いが、昨年はレッドソックスで56試合に登板。
オープン戦では先発として好投。
速球派で150キロ台の球で内角をえぐりまくる。
通算与死球は109で、2006年にはリーグ最多の17死球。
ケンカ投法がウリなのは頼もしい。

ドラ1・東浜巨は過去記事で。

始めに4月、6月の投球を見てたが、その時はフォームがノーワインドアップなのが気になった。
しかし、9月の投球を見ると高校時代同様ワインドアップだったので安心した。
スタミナ温存のためフォームをいじったのであろう。

そのゆったりとしたフォームは独特の雰囲気、存在感、試合の支配者という感じがじんじんする。
直球と変化球をうまく投げ分け、見逃しでストライクが取れる。
同じく上位指名候補の駒大・白崎にツーベースヒットを打たれていたのを見たのと、連戦での酷使以外は特に気になる事は無い。




1.摂津
2.大隣△
3.パディーヤ
4.山田△
5.武田


(寺原)
(新垣)
(大場)
(陽耀勲△)
(山本△)
(帆足△)
(東浜)
(山中)




リリーフ★★★★☆


先発候補から漏れた選手が入るということも想定して星5…にしたかったが左腕不足なので星4。
日本球界復帰の五十嵐の獲得にも成功したのも大きい。
岡島が抜けて左のリリーフはさらに手薄になった。


ファルケンボーグ
森福△
金澤
藤岡
柳瀬
岩嵜
金無英
江尻
甲藤
嘉弥真△



五十嵐







総評



2011年の圧倒的強さに加え、さらなる大補強で覇権を守ろうとしたがあえなく失敗。
投打に若手の力がもっと台頭し、ベテランとの一体感がさらに高まれば天下無敵のチームが出来上がる。
今年のソフトバンクはその点での期待の高さは12球団イチかもしれない。
中継ぎ左腕不足は手痛いが、短期決戦での戦い方さえ間違わなければ再び頂点の座に立てるだろう。
昨季の弱点だった打線にもテコ入れ。
大型補強に加え、育成力も試されるシーズンだ。
準備は整った。
胴上げの日はいつか、待ち遠しい。





~戦力分析2013・福岡ソフトバンクホークス編終了~


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
17位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク