スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

【2013プロ野球展望】戦力分析~中日ドラゴンズ~

中日ドラゴンズ



宿敵・巨人に負け越し、三連覇はならず。
主力外国人が退団した今季は勝負のシーズン。



↓の「続きを読む」からどうぞ

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ




ドラフト★★★★☆


1位  福谷 浩司 慶応大       投手
2位  浜田 達郎 愛工大名電高    投手
3位  古本 武尊 龍谷大       外野手
4位  杉山 翔大 早稲田大      一塁手
5位  溝脇 隼人 九州学院高     遊撃手
6位  井上 公志 シティライト岡山  投手
7位  若松 駿太 祐誠高       投手


投手では福谷の一本釣りに成功し、注目だった浜田も2位で指名。
大学No.1外野手の呼び声もある古本、三冠王の杉山も獲得に成功。




新入団選手★★★☆☆

投手

ブラッドリー
カブレラ   


野手

ルナ
クラーク



ブランコ・ソト・ソーサの穴を埋めるべく外国人選手を補強。
吉と出るか凶と出るか。





野手



予想メンバー


スタメン



1(中)大島△
2(二)荒木
3(三)森野△
4(左)和田
5(一)クラーク  [ルナ△]
6(遊)井端
7(右)平田    [松井佑]
8(捕)谷繁



捕手★★★★☆
内野★★★★☆
外野★★★★☆


やはり高齢化は深刻。
43歳を迎える谷繁を筆頭に、和田が41歳、井端が38歳、荒木が36歳。
和田・山崎・谷繁という40台クリーンアップも完成してしまった。
ベテラン選手がこれだけ戦力として機能しているのも凄いがそろそろ危ない。
落合前監督は彼らの後任をどうするつもりだったのだろう。
40歳やちょっとじゃ壊れない鍛え方をしたのだろうか。

しかし昨季は大島がセンターに定着しタイトル獲得。
高橋周も2本塁打と徐々に世代交代の波が押し寄せている感じだ。

そんな中、主砲のブランコが退団したのは痛い。
クラーク。ルナという左右の外国人を獲得した。

クラークは常用薬問題でさっそく話題になったが、長打力は期待できる。
メジャー経験こそ無いが、3Aでは昨季22本塁打。
三振が多いのが難点か。

ルナは3塁・2塁・1塁を守れ、森野を脅かす存在となる。
広角に鋭い打球を打ち分け、どちらかと言うとアベレージタイプ。
打順・守備位置共に適応力を見せてくれたら大きな戦力だ。
個人的にはクラークの方が当たりと思っていたがどっちも良さそうに思えてきた。

ドラフトでは強打の外野手・古本と六大学の三冠王・杉山を指名。
投手力中心のチームだがやはり野球は点を取らなければ勝てない。
古本は目に自打球を当てた時の後遺症が心配されたが問題なし。
目に怪我を負うまでは上位指名候補で、持ち前のミート力に秘めたパンチ力と肩の強さが魅力。
未成年飲酒をしたことをSNSに書き込み、指名会見は謝罪から始まったというお騒がせルーキーだ。

杉山は故障で開幕アウト。
小柄でガッシリとした体格からの長打力はまさに中日が欲しがっていたモノ。
守備への不安から大学2年の秋から一塁・三塁を守るようになった。
チームは捕手として育てていくつもりだが…内野手としての方が打力を生かせると思う。




控え



(捕)小田
(捕)田中
(内)堂上直
(内)山崎
(内)高橋周△
(内)岩崎△
(内)谷
(内)柳田
(内)福田
(内)吉川
(内)ルナ
(外)堂上剛△
(外)藤井□
(外)野本△
(外)松井佑
(外)ディアス




※△は左打ち、□は両打ち





課題は山積み。
新戦力の躍動なるか。








投手陣



自慢の投手王国にヒビか。
故障者をどう乗り切る。



先発★★★★☆


エース・吉見が肘の骨折から復帰したばかりで、山内・中田はオープン戦で炎上。
期待の若手も不調で先発投手不足が懸念されている。

ドラ一・福谷浩司(慶応大)はMAX155キロ右腕。
救援を中心に53試合に登板、防御率1.90。その内先発は6試合。
1年目からバリバリ先発、中継ぎで使われるだろう。
西武・大石タイプか。

2位の濱田達郎(愛工大名電)は3年次に肩痛に苦しめられた。
最速147キロの待望の左腕ということで数年後が楽しみ。
怪我の回復とメンタル強化が課題。
ちなみに彼の父親と山本昌は同い年。おもしろい。

新外国人のダニエル・カブレラはメジャー通算48勝の右腕。
トミー・ジョン手術から復帰した昨季は球速が落ちた分、制球が改善された。
乱闘騒ぎを起こしたことがあるその性格はやや難点。
制球難で自滅する投手はもったいない。

ブラッドリーは一転、制球に優れた技巧派。
MLBでは球威不足ゆえに一発を打たれることが多かったが統一球の日本野球にアジャストできたら二桁間違いなし。
グライシンガータイプだ。



1.吉見
2.山内
3.中田
4.岩田
5.大野△


(川上)
(山本昌△)
(雄大△)
(伊藤)
(ブラッドリー)
(カブレラ)
(朝倉)
(福谷)




リリーフ★★★★★


森繁コーチがいなくなっても安定感抜群。
退任した権藤コーチと高木監督の不仲騒動があったが果たして。
山井と浅尾の調整が遅れているのは気がかり。
武藤、鈴木、高橋聡の奮起に期待。



浅尾
田島
山井
小林正△
武藤
高橋聡△
鈴木
三瀬△



岩瀬△







総評



こんなドラゴンズを見るとは思わなかった。
高木監督と権藤コーチの内紛に始まるめちゃくちゃ選手起用。
代打を序盤で代打を使いまくって野手不足になり、挙げ句の果てに捕手登録の福田がセカンドのを守らせていたのもありえない。
これまでの落合野球ではありえないのだ。
徹底的に情報統制を敷き、管理野球を徹底し常勝球団を築いてきた俺流の姿はもうない。
8年間の落合政権をまるで無かったことのようににしてしまった球団。
ベテラン選手もそろそろ限界。2001年以来のBクラスもちらつく。
貪欲に勝利を目指す落合野球と今の高木ドラゴンズ、どちらが正しいのか。
その答えはシーズンの結果が教えてくれる。




~戦力分析2013・中日ドラゴンズ編終了~


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
68位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。