スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

【2014プロ野球展望】戦力分析~東京ヤクルトスワローズ~

東京ヤクルトスワローズ



故障者続出で6年ぶりの最下位。
新人王に本塁打王と明るい話題もあったが不安要素の方が大きい。



↓の「続きを読む」からどうぞ

スポンサーリンク

東京ヤクルトスワローズ


新入団選手★★☆☆☆

投手

ナーブソン(ブルワーズ3A)
カーペンター(レッドソックス3A)
真田裕貴(台湾・兄弟)

消極補強は例年通り。
ブルペンの層を厚くする新戦力。


野手

予想メンバー

スタメン

1(二)山田or田中
2(中)上田△or雄平△or飯原
3(左)ミレッジ
4(右)バレンティン
5(一)畠山orユウイチ
6(三)川端
7(遊)森岡or川島
8(捕)相川

捕手★★★★☆
内野★★★★☆
外野★★★★★

バレンティンを活かす打線作りが急務。
昨季不振の田中の復活もカギ。
機動力が使える選手も豊富で現有戦力の底上げ次第で上位は狙える。

※△は左打ち、□は両打ち


投手陣

ドラ1・2の石山・小川の活躍が光った。
高津新コーチの下で投手陣の再整備を。


先発★★★☆☆

昨季のチーム最多勝は16勝の小川、そして6勝の石川、5勝が八木・村中となっている。
館山・由規は今期もケガとの戦いから始まる。
新人の杉浦・秋吉は即戦力の呼び声が高く、昨年に続き二匹目のドジョウとなるか。

1.小川
2.石川△
3.八木△
4.村中△
5.杉浦


(ナーブソン)
(秋吉)
(赤川△)


リリーフ★★★★☆

違反球じゃなくなった途端、抑えのバーネットが大炎上で防御率6.02・8敗。
60試合登板の山本・石山を中心に建て直し。


山本
石山
久古△
松岡
ロマン
(真田)
(江村△)
(カーペンター)



バーネット


総評


キーワードはケガ。
僕は昨年、この場で「故障者がいてもそれをカバーできる戦力はある」と書いた。
が、そんなことはなかった。
カバーできるのにも程ってのがある。
チーム最年長の宮本が引退し、黄金期を知る現役選手はいなくなった。
経験豊富な高津臣吾氏が入閣し、昨年から復活したストライプユニフォームを身にまとった。
新たな黄金期は今年から作りたい。

~戦力分析2014・東京ヤクルトスワローズ編終了~

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
46位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。