【2014プロ野球展望】戦力分析~広島東洋カープ~

広島東洋カープ


念願の初CS進出でファンの期待度はMAX。
野村監督5年目の集大成へ。


↓の「続きを読む」からどうぞ

スポンサーリンク

広島東洋カープ


新入団選手★☆☆☆☆


投手

一岡竜司(巨人・人的補償)
フィリップス(マーリンズ)


野手

ロサリオ(カープアカデミー)


大きな補強はなし。
一岡はよい収穫。


野手

予想メンバー

スタメン


1(中)丸△
2(二)菊池
3(左)松山△
4(一)キラ△
5(遊)梵
6(右)堂林
7(三)木村△or小窪or田中△
8(捕)石原



捕手★★★☆☆
内野★★★☆☆
外野★★★★☆


リーグトップの盗塁数を誇るがリーグワーストの失策数は不安。
堂林は高校時代は投手で肩が良く足も速く右翼転向プランも。
コンバートされると打撃への影響減となり覚醒もありえる。
代わりの三塁には即戦力ルーキーの田中に期待。
守備力を考慮するとエルドレッドは代打の切り札に回る。
栗原の復活もカギを握る。


※△は左打ち、□は両打ち


投手陣


投手王国の成熟がルーキーの使命。
投手リレーも完成の域。


先発★★★★★


2桁勝利カルテットから大竹が抜けたが、現有戦力の実力UPに期待。
大瀬良・九里と評価の高い先発投手を獲得できたのは大きい。



1.前田健
2.野村
3.バリントン
4.久本△
5.大瀬良

(今井)
(中崎)
(中村恭△)


リリーフ★★★☆☆


抑えにミコライオが定着し盤石のリリーフ陣。
人的補償の一岡は巨人を後悔させるだけの力は持っているハズ。
新外国人のフィリップスは速球派のサウスポー。
奪三振能力も高くフォームも独特で期待できる。


今村
横山
河内△
永川
フィリップス△
(中田)
(小野)
(一岡)



ミコライオ


総評


今年のテーマは確実性。
確実性がなければ、144試合のレギュラーシーズンで白星を重ねることもとも、短期決戦を勝ち抜くこともできない。
DH今村事件以来、野村監督はボーンヘッドの多い監督だという印象がついてしまった。
実際昨年も前進守備が裏目に出て走者一掃タイムリーを痛打される場面を何回と見た。
4年間で576試合を執った指揮官には経験や勝負所のカンもついてきただろう。
カープファンのボルテージは最高潮。
集大成を見せるのは今季だ。


~戦力分析2014・広島東洋カープ編終了~

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
43位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク