【2014プロ野球展望】戦力分析~埼玉西武ライオンズ~

埼玉西武ライオンズ


伊原新監督就任でチームカラーがガラリと変わった。
戦力流出が相次いだが名門の立て直しにはいい時期。


↓の「続きを読む」からどうぞ

スポンサーリンク

埼玉西武ライオンズ


新入団選手★★☆☆☆


投手

ボウデン(カブス)
レイノルズ(レッズ3A)
中郷大樹(ロッテ・人的補償)
ロペス(パイレーツ1A)※育成枠


野手

ランサム(カブス)
脇谷亮太(巨人・人的補償)
森本稀哲(DeNA・自由契約)


FAで主力2人が流出したのは痛手。
新外国人がカギを握る。


野手

予想メンバー

スタメン


1(左)栗山△   
2(右)熊代or木村△
3(二)浅村
4(一)中村
5(指)坂田△ 
6(三)ランサムor脇谷△
7(中)秋山△
8(捕)炭谷
9(遊)鬼崎△or金子□


ヘルマン・片岡と主力が抜けたのは痛手だが中村が復帰するのは嬉しいしらせ。
昨季固定できなかった二遊間だが、浅村がセカンドコンバートとなりショートには鬼崎が当確状態。
注目は2012年に投手から外野にコンバートされた木村文紀(25)。
一日1700スイングをノルマにする猛練習っぷりが話題となった。
昨年DeNAの三浦からプロ初ホーマーを放ったホープは今春のオープン戦でも3/17現在、打率.346盗塁5とアピール。
ファーストもこなし機会をうかがっている。


捕手★★★★☆
内野★★★☆☆
外野★★★★☆


※△は左打ち、□は両打ち


投手陣


手薄な救援陣が不安。
新外国人頼みの現状。


先発★★★★☆


故障離脱が惜しかったが菊池の成長は大きい。
開幕投手の岸が引っ張る。
新入団のレイノルズはスタンフォード大出身。


1.岸
2.牧田
3.野上
4.菊池△
5.十亀

(岡本洋)
(レイノルズ)
(藤原)


リリーフ★★☆☆☆


昨季のリリーフ防御率はリーグ最下位。
ただでさえ層が薄いのにサファテの流出は大出血。
後半に台頭してきた高橋朋己(26)も抑え候補。
独特なフォームから繰り出される150キロ近い速球を武器に奪三振率13.50と奪三振能力の高さを見せた。


ウィリアムス△
増田
中郷
高橋△
大石
(岡本篤)
(武隈△)
(豊田)



ボウデン


総評


一昨年はの中島、今年の片岡と二遊間のレギュラーの退団が続き今年は涌井・サファテと投手陣の柱も流出。
生え抜き戦力の相次ぐ流出は痛いが、それは育成力の強さの証明。
浅村が、秋山が、坂田が、菊池が、というように次々出てくる若手の活きのよさにチーム自体が勢いづいた。
ここ数年は四苦八苦でAクラスだが新監督は黄金期を知る鬼軍曹。
規律に厳しい鬼軍曹に選手たちが着いて来れるかは心配だが、機動力や小技を活かした采配は今でも通用する。
ごった返しのパリーグで格の違いを見せつけたい。


~戦力分析2014・埼玉西武ライオンズ編終了~

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1809位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
42位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク