スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

【2014プロ野球展望】戦力分析~読売ジャイアンツ~

読売ジャイアンツ


リーグ連覇は果たしたが、あくまでも目指すものは日本一。
王者奪還へ準備万端。


↓の「続きを読む」からどうぞ

スポンサーリンク

読売ジャイアンツ


新入団選手★★★★★


投手

大竹寛(広島東洋・FA)
セドン(韓国SK)   


野手

井端弘和(中日・自由契約)
片岡治大(西武・FA)
アンダーソン(レイズ3A)


日本一へ大型補強。
二遊間の大物加入でチーム内の競争意識が大きく高まる。


野手

予想メンバー

スタメン


1(右)長野
2(二)片岡or井端or寺内
3(遊)坂本
4(捕)阿部△
5(三)村田  
6(左)高橋△orアンダーソン△or中井  
7(一)ロペス   
8(中)橋本△or藤村△ 


捕手★★★★★
内野★★★★★
外野★★★★☆


固定できなかったセカンドには井端・片岡の加入でスキのない布陣。
昨季後半不振に陥った坂本のバックアップも万端だ。
高橋由・阿部は高齢なので負担を減らすために打順は昨年よりも流動的になるだろう。
また二番に片岡がくると右打者が続いてしまうのでやはり状況に応じて変えていくのがベター。
今年のキャンプ・オープン戦では何より若手の活躍が光る。
新人の小林(日本生命)が阪神戦で逆転満塁弾を打つと、24歳の橋本が強肩巧打で、25歳藤村は外野守備にも就くなどアピール。
そんな中、大田の不振とインフルエンザによる2軍落ち、中井の右肘痛による離脱は残念。
中堅でも寺内・亀井の故障は痛い。
しかし1軍組が離脱している間がチャンスの若手にとっては恰好のアピール機会。
ベテラン井端の加入もよい活性剤。
熟練の技術を若手へ伝承する。


投手陣


キャンプでの故障者続出が心配。
誰が救世主になれるか。


先発★★★★★


オープン戦では内海が不調で開幕投手は2年目の菅野に。
新外国人のクリス・セドン(30)は韓国最多勝サウスポー。
宮國・今村らと争うポジション。


1.菅野
2.内海△
3.杉内△
4.大竹
5.澤村

(セドン△)
(宮國)
(今村△)


リリーフ★★★★★


「スコット鉄太郎」の存在が大きく救援防御率2.57は12球団トップ。
山口の肩炎症による出遅れは心配だが若手の台頭を願うしかない。
昨季カープから途中加入の青木も貴重な戦力。
中継ぎながら5勝を挙げるなど欠かせないブルペンの一員となった。


山口△
マシソン
高木京△
青木△
笠原

(小山)
(香月)
(公文△)



西村


総評


惜しくも日本一連覇はならなかったが、やはり昨季も圧倒的に強かった。
開幕から球団タイ記録の7連勝を飾ると8月にマジック点灯、最終的に2位阪神に12.5ゲーム差をつけた。
しかし巨人に求められるのは日本一のみ。
王者の死守を目指すチームは今季も大型補強を敢行、豪華なメンバーが軒を連ねた。
小笠原・谷の退団もありチーム改革がさらに進んだ印象。
外様に出番を奪われまいと今年は若手のアピールが一段と目立つ。
補強に選手が腐らないのは強いチームの証し。
この巨大戦力をまとめる原監督は「巨人が1番。個人は2番」を提唱する。
勝利の味を知る選手を、いつ何時も向上心を忘れない指揮官が引っ張る。
不安要素もあるがこれだけの戦力をもって失敗は許されない。
今年も最強のジャイアンツが見られそうだ。


~戦力分析2014・読売ジャイアンツ編終了~

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
87位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。