【2014プロ野球展望】~順位予想編~

12球団を書いた後の総まとめは恒例(!?)の順位予想。
初めて開幕前に間に合わすことができた。


↓の「続きを読む」からどうぞ

スポンサーリンク

セ・リーグ


1位・・・読売 →戦力分析ページへ

2位・・・広島 →戦力分析ページへ
 
3位・・・中日 →戦力分析ページへ

4位・・・阪神 →戦力分析ページへ

5位・・・DeNA →戦力分析ページへ

6位・・・ヤクルト →戦力分析ページへ


圧倒的戦力の巨人がリーグ3連覇を飾ると予想。

広島は投手陣を中心に2位に躍進。若手の成長で野手の選手層も厚くなった。

正捕手が誰になるのかは気がかりだが中日は3位。残りチームで一番骨組みがしっかりしているのはやはりこの球団。

阪神の課題はもはや首脳陣のみ。選手が働いても監督が無能でも話にならない。

正捕手を失ったDeNAはAクラス入りならず。中畑清・高田繁体制の見直しが現実味を帯びる。

最下位はヤクルトと予想。戦力が万全だとAクラス入りは間違いないが、あとは故障者の出方がカギを握る。


パ・リーグ


1位・・・ソフトバンク →戦力分析ページへ

2位・・・ロッテ →戦力分析ページへ

3位・・・西武 →戦力分析ページへ

4位・・・楽天 →戦力分析ページへ

5位・・・日本ハム →戦力分析ページへ

6位・・・オリックス →戦力分析ページへ


超大型補強のソフトバンクが1位に返り咲き。昨年も優勝と予想したが…

伊東監督のロッテが2年目で本領発揮。CSからの逆転優勝もありうる。

投打の主力を失うも西武はAクラスを死守。伊原体制でこれまでとは違う西武野球を見られそう。

田中とマギーの穴はやはりデカかった。永井らくすぶっている中堅選手の奮起を!

昨季HR王のアブレイユが調整遅れなど不安を抱える日本ハムはまたもBクラス。選手個々のレベルは高いので投打がかみ合いさえすればリーグ制覇を果たした2011年のような戦いもできる。

最下位はオリックス。オープン戦の段階から昨年からの課題を抱えたまま。しようとする野球は分らないでもないがどうも空回り。



と、このような順位予想。

昨年の順位予想正答率セが3/6パが1/6
読み返して予想外だったのはヤクルトの最下位、ソフトバンクのBクラス落ち、ロッテのAクラス入りだった。
やはりシーズンが始まってから何が起こるかはわからないし、始まってみて初めて分かることもある。
自分なりの予想とシーズンの結果を比べるとまた新たな見方や考え方が得られる気がする。
開幕はもうすぐそこ。さぁ、今年も野球をたっぷり楽しもう。


~プロ野球戦力分析2014・順位予想編終了~

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
43位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク