スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

巨人・セドンはグライシンガーになれるか?

セドンが初登板で快挙!

巨人・セドン、両リーグで初の初登板で毎回三振
巨人の新外国人クリス・セドン(30)がいきなりやってのけた。
原監督の謎の采配ミス(アンダーソンに守備固めを出し忘れ)もあり完封こそならなかったが、8回2/3を6安打1四球自責点1、5者連続三振を含む15奪三振は上出来すぎる結果。
初登板での毎回奪三振はセパ通じて初というおまけつき。

オープン戦ではボークやクイック難を露呈しあまり期待されていなかっただけに、左腕の鮮烈デビューには巨人ファンがドギモを抜いた。
ローテが確定していた訳でなく、宮国・今村らと争うポジションとして入団したためファンの期待度もあまり高くはなかった。
「数獲って当たったらラッキー」程度の選手だったのにも関わらず、怖いぐらいのナイスピッチ。

セドンとグライシンガーの共通点?

そもそも僕が新外国人投手に着目する主なポイントは・奪三振率・経歴
なぜこの2つに着目するかは後述。
野手編を含め詳しくはまたいつかやります。

話を戻す。
僕がセドンの経歴を見て真っ先に思い浮かべたのは現ロッテのセス・グライシンガー。
セドンとグライシンガーの共通点は韓国でも経験があり、奇しくも二人ともシーズン14勝をマークしていること。
両者を比べてみる。
まずグライシンガーのMLBキャリアハイはデビュー年の6勝9敗。以後はマイナーを行ったり来たり。
ヤクルト移籍前年に韓国で14勝をマーク。
投球回188、被安打151、被本塁打10、与四球47。奪三振164、奪三振率は7.85。
一方セドンはMLB通算3勝。昨年韓国SKでは14勝で最多勝のタイトル獲得。
投球回187.1、被安打169、被本塁打14、与四球73。奪三振160、奪三振率は7.69。
スタミナ、奪三振能力はいい勝負だが他はやはりと言っていいがグライシンガーの圧勝。最多勝2回の実力だ。

助っ人投手活躍の条件?

さて、なぜ経歴と奪三振率に着目するのかと言うと、選手の適応能力を計るためである。
グライシンガーはわずか1年といえどメジャーの先発投手として6勝を挙げ、韓国でも実力を発揮した。
門倉が軽く2桁勝てるリーグじゃないか、と反論はあるかもしれないが野球は野球
メジャーでも、韓国でも実力が通用する適応能力をグライシンガーは持っている。
奪三振率はそれ自体よりも空振りが取れているのかに注目する。
ある程度まとまった制球力がないと三振が取れないことも当たり前なので、高い奪三振率を挙げるにはコントロールも不可欠となる。
奪三振率にはその投手の空振りが取れる能力制球力が盛り込まれている。
経歴はその投手の適応力苦労経験の有無が分かる。異国リーグでの経験もあったら心強い。
これはグライシンガーだけでなく、他の助っ人外国人投手にも当てはまる理論だ。詳しくはまた今度。
他にも指標はあるが僕が真っ先に見るのはこの二つ。二つだけなら手っ取り早いし。

セドンはグライシンガーになれるか?

ぶっちゃけ、なれないと思う。(おい)
まず、グライシンガーの制球力が圧倒的に上すぎる。
強化版バーンサイド(2008-2009、外国人枠の問題で2年目は登板なしでクビに)くらいになれたらなぁ、とは思う。
と言っても年俸はおよそ8000万円。
1試合のみの夢見料となってしまうのは残念だが。
先発予定だったDeNA戦が雨で流れ、初登板が東京ドームでの広島カープとの首位攻防戦となったセドン。
無理もない話だが、このたった1試合で巨人ファンのハートを鷲掴みにした。
5球団目に選んだこの球団で、最強のローテ5番手となれるか。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
49位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。