スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

東京国立博物館へ行ってきた。

消防博物館に続き(過去記事→消防博物館に行ってきた!)、GW中に行ってきたよシリーズ第二弾。てかこれが最後。
上野公園にある東京国立博物館に行ってきた。通称トーハク。
う~~ん、大学生っぽい休日の過ごし方だ(?)。
ここは大学生なら一般よりも安い料金で見学することができる。他の国立の博物館・美術館にも共通することだけど通っている大学がキャンパスメンバーズの加盟校だと無料で入れる場合もある。特別展は別途かかるけど。
そもそも東京国立博物館には「総合文化展」と「特別展」という2種類があり、まず入場するには「総合文化展」の入場料を払わなければならない。
そして「特別展」には別途料金がかかるとのことだ。
ちなみにどちらの展示も入れ替えがあるので何度も訪問する価値があるはずだ。

駅に到着し博物館までの道のりを歩く。
上野公園の周辺は都会の喧騒を微塵も感じさせない程の穏やかさでとても落ち着いた。東京って意外に自然が多いんだよね。大阪とは違うところ。
到着しいざ入場!
噴水前までとりあえず歩くと行列が目に飛び込んできた。
「なにここ新型Windowの発売あるの?」ぐらいの勢いの行列。
何かと思いパンフレットを見たらキトラ古墳壁画の特別展示の行列のようだ。
2014年4月22日から2014年5月18日までの開催で5月2日に来場者5万人を突破したらしい。
もちろん行列に加わる勇気も別料金を払う気力もなく横目でスルー。

まずは「東洋館」という施設を見て回った。
ここでは中国・インド・西域・エジプトなどの美術品・工芸品・考古遺物を展示している。
いわゆるシルクロードだね。シル、ク、ロード、です。
一番インパクトがあったのはミイラの展示。
初めて生でミイラ見たよ。
棺桶と全身が一緒に保管されているのはたいへん珍しいらしい。
世界の文化の始まりや移り変わりを数多くの展示品で感じることができる。
中国の4世紀あたりの仏像を見たりしながら思ったんだけどさ、ああいうのってなんか創作の原点を見ている気がするんだよなぁ。
ものづくりの原点。太古の人々は一体何を思い創作活動に打ち込んだのだろうか。
展示フロアは地下地上合わせて6階。ここだけでもかなりボリュームがある。
僕は世界史がサッパリ分からないのだけどじっくりと見入ってしまった。
今度来る時は歴史の勉強をしてから来よう。

とりあえず見終わり、東洋館を出ると隣にレストランが。
こういうトコって高いんだよなぁ~と思いつつメニューの看板をチラッ。
なにこれ。牛丼が5杯食える値段でハンバーグ出してる。牛丼1杯の値段で春巻きが4本しか食えない。
昼食休憩を怒りの中止。結構お腹が減っていたので落胆するも次に「本館」に行った。

本館には日本の文化がテーマの展示が並ぶ。
古墳時代から昭和の戦前あたりまでの流れが目視できる。
ここもホントに楽しくて空腹の疲れが吹き飛んだ。
教科書で見た作品や工芸品が目の前にある!感動や!
片足を失くした土偶、密教の曼荼羅、海北友松の山水図…
そして!尾形光琳の風神雷神図屏風
目の前に経つと圧倒されそうな程のスケールは教科書では絶対に分からない。
2014年5月18日(日)までの展示なのでこれはぜひ見て欲しい。
教科書や資料集では「なんかすごいことやってんなー」くらいに思ってた作品でもいざ目の前に現れると絶対に見方が変わるハズ。
まぁそりゃ教科書に乗ってない作品の方が多かったけどさ、そんな作品を見ると「こんな浮世絵があったのか!」みたいな発見もあった(喜多川歌麿の山姥と金太郎シリーズとか)。そうした発見がむちゃくちゃ楽しかった。

それをさらに「平成館」で実感した。
ここは考古遺物の展示だった。
2014年12月8日~2015年6月までリニューアルのため休館するそうなので、今のうちに行っておくことをおすすめする。
一番の発見は「埴輪(はにわ)はデカイ」ということ。
なんか自分でも笑いそうなほどアホみたいな発見だけど。はにわってむちゃくちゃ可愛んだよぉ。
小さいものでも50cm、大きいものでも100cm強はあった。
僕が特に見入ったのは埼玉県の野原古墳出土の『埴輪 踊る人々』と群馬県大泉町出土の『埴輪 腰かける巫女』。
この2つが特にカワイイ!
踊る人々の方はいかにも「はにわ!」って感じのはにわだし(どんなだよ)、腰かける巫女の方はちょこんっと座っている姿がなんとも可愛らしい。さっきから可愛いしか言ってない。
ドラえもんで土偶が出てきた大長編(調べたら『ドラえもん のび太の日本誕生』だった)を思い出した。

ここまでのコーナーは全て総合文化展なので、特別料金を払わずに見て回ることができる。
国際博物館の日(5月18日)、敬老の日(9月第3月曜日。2014年は9月15日(月・祝))は、総合文化展が無料になるのでぜひチェックして欲しい。
特に5月18日までの展示もあるので急いで!詳しくはHP(リンク→東京国立博物館)に書いている。

実はこの博物館を見た後に、時間があれば美術館にも行きたかったんだけど予想以上に見どころ満載で時間をかけすぎた上に空腹でノックアウトされたので行くことができなかった。
法隆寺宝物館も行けなかった。
あとみやげ物ショップも東洋館と本館にあったけど財布と相談して無理をせず手ぶらで帰った。いや、無料のパンフレットをもらってきた。

大学在住中がチャンスなのでこれからもいろんな美術館や博物館に行きたい。
500年、1000年、1500年と時を超えて今なお現代の人々の心を打つ作品、それには古代の人々のDNAがしっかりと刻まれているのだろう─
日本国内外の文化の移り変わり・人々の想いに心を震わせた後、上野駅近くの松屋で牛めし大盛りをかきこんで帰宅したのであった。

おわり

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1407位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
32位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。