スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

見た目だけいっちょまえのピーマンの肉詰め



どやややや!
スパゲッティの時(過去記事→【男子大学生の自炊】目玉焼きのっけスパゲッティと冷凍餃子ともやし炒め)のビジュアルといい勝負だ。

今回はピーマンの肉詰めを作ってみた。焦げて見えるのはソースね。ソースも作ってみた。
しかもその下には待望のレタスが!
相変わらずレトルトごはんとレトルト味噌汁なのはさておき、なかなかレベルが高いぞ!
いや~、もうここまで来たか。女子力爆上げ中なり。

それじゃ冷めないうちに、いただきますと(ぱくっ)
ん…?見た目に比例した味じゃないぞ…
なんか……
パサパサじゃねぇか。

その原因はすぐに分かった。
この料理をつくる際、ググってクックパッドなどで情報収集した。
その際、必要材料を見て愕然とした。
材料:…卵、小麦粉、パン粉、玉ねぎ……
持ってないよ!あるわけないだろ!
そりゃそうだ。
ピーマンにハンバーグのたねを詰めて焼くのだからハンバーグの材料が必要に決まっている。
そんな基本事項をド忘れし肉がパサついてしまったのだろう。
僕のつくり方はまず豚ひき肉+塩こしょうを手でこねてそのまま半切りのピーマンに詰め込んだ。本当はピーマンの内側に片栗粉をまぶすべきらしいがもちろん持っていないのでスルー。
焼くときはまずピーマンを下にして焼いた。
いきなり肉だね面から焼くと肉とピーマンが分離しやすくなるというポイントを情報収集の際に読んだからだ。
もしかしたら初めに肉を焼いて肉汁を閉じ込めてからピーマン面を焼いた方がいいかもしれなかったのかな。
ソースは調理が終わった後、肉汁したたるフライパンにケチャップ・しょう油・マヨネーズをぶち込んでひと煮立ちさせただけ。
ソースはまぁよかった。

一口目にパサつきを感じたけどレタスで包んだりソースをたっぷり付けるという食べ方をしたら、パサつきは多少は解消された。
肉詰めをレタスで包んで食べる。詰めて包む。この食べ方は結構おいしかった。レタスは何にでも合う。

反省点も収穫も多かったです。
料理は難しい。
うん。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
49位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。