スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

2015年センター試験まであと100日を切る&Google翻訳は万能ではない

2015年のセンター試験まであと100日を切って、現時点で98日だそうです。
僕の経験した1年前がはるか昔のように感じられるなあ。
現役生は今がまさに伸び始める時期なので諦めずに頑張ってほしいものです。
必死に過ごした夏休みの成果が、ようやく現れ…ってそんな受験生はネットなんてやらないか。
僕もこの時期はまだまだ学力不足に喘いでいた。
それでも、途中で投げ出さずに最後までやれた。
ちょうど今くらいの時期から推薦勢が続々と決まり始めるので精神的にも辛いでしょうね。
今の感じで、やっていってどうぞ。

大学の授業でも英訳や和訳を求められる課題が度々出ている。
単語レベルなら辞書を引きながらできるが、長々と文が続いているようなものは正直難しい。
受験を終えて以来、すっかり英語から離れてしまった。必修の授業が終わったらますます知識が抜けていくだろう。

当たり前だが自分の力で挑んでいるが、文量がかなり多かったり、大量の課題が降り注いできた時はGoogle翻訳の助けを借りている。
もちろんサービス自体はずっと前から知っているが、実際に使い始めたのはここ最近からだ。
使ってみた感想を結論から言うと、英語日本語は実用的だが、日本語英語はまだまだだ。

和訳に関しては英語だけでなく第二外国語にもある程度は通用している。
もちろん完璧とまではいかない。なので、背景知識や文章の流れを把握しておくことは絶対必要。
怪しい部分や細かい箇所だけ自分で修正しなければならない。それでもかなり役に立つ。

英訳は明らかに不自然な文も出来上がるし実用にはまだ遠いというレベル。
特に冠詞や代名詞、前置詞でそれを感じる。
「お、なかなかいいじゃん」と一旦は思っても後で見直してみて間違いに気づくというパターンが多い。
あくまでも補助ツールのひとつとしてとらえて、一つの参考程度にして英文を書いていけばいいと思った。
コツとしては主語・述語をハッキリさせた短い文を使うこと。

しかしどちらにしても、数年前に比べて技術が上がっていて驚いた。
発音してくれる機能も便利です。
それでは

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
55位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。