ドラフト当日!2014年ドラフト会議展望2/2

第一条戦力外通告が済み、CSも一段落しいよいよドラフト会議が間近に迫ってまいりました。
巨人はまさかの4連敗…
菅野が故障離脱し、野手陣にもシーズンで目立った成績を残した選手がいないので、ある程度の覚悟はしていたのだけど…実際そうなるとやはり残念。
CS敗退は2007年に中日相手以来か。あの後ラミレス・グライシンガー・クルーンを獲得したように、今年も反動による超大型補強は避けられないでしょう。
それはそれとし、生え抜き選手の底上げがやはり最大の補強だと思う。内田順三を呼び出したのもそのため。

その巨人の1位指名が予想されるのは智弁学園の岡本和真
ここ2日の間に株が急に上がっている。なんと楽天とロッテも参戦する可能性があるとのこと。
全日本では木製バットでの対応もなんとかしていたみたいだけど個人的にはあまり乗り気はしなかった。
しかし、高校ナンバーワン投手の安楽、六大学ナンバーワンの有原の有り様を見るとここらでロマンを追いかけるのも悪くない気がする。
なぜ乗り気ではなかったというと、一塁手中心での起用だったこと。
高卒の素材型長距離砲でしかも一塁手…その選手を1位指名かい。
それでも甲子園では三塁も投手もやってたし、目を瞑ろう。
三塁手に固執し続けたり、無理な矯正をししたりして打撃に影響してしまった大田の悲劇は繰り返さないで欲しい。

その他注目しているのはまずは六大学ナンバーワンの早大・有原航平
ストレートはコンスタントに140キロ後半は連発できるし、緩急を活かしたピッチングもならでは。
秋に入ってからはイマイチだけど、春の段階ではピカイチだったのだから問題はない。競合必至。

秋に入ってから評判を落とした投手といえば法大の石田健太
春はまだ粘りを見せた投球をしていたがそれは一体どこへやら。
MAX150キロ左腕という触れ込みながら直球はせいぜい140キロ中盤が出ればいいほう。
ストレートの球威が出ないので緩急が使えず、変化球も打たれるという悪循環。
本人は法大コレクターのDeNAか地元の広島が指名してくれると思っているかもしれないが、一度メンタルから鍛え直したほうがいい。

大学に入ってから評判を落としたのは中央大の島袋洋奨
正確には3年の秋くらいからか。制球難に苦しむという左ピッチャーの典型的パターン。
変則左腕なだけにうまく手を付けられる投手コーチのいる球団がいい。

あとは社会人野手で日本生命の小田裕也が気になる。
昨年は巨人・小林、ロッテ・アジャ井上・吉原、DeNA柿田を排出した日本生命なだけに期待は大きい。
東洋大時代は4年にようやくレギュラーを掴む遅咲きだったが、大学選手権で現中日・福谷からホームランを打った。
走攻守三拍子揃った逸材で、巨人との交流試合では育成の雨宮からホームラン。
日生OBである現阪神の福留から長打力を引いたようなタイプか。
昨年は巨人・阪神が候補にしていたが指名はなかった。
外野手が手薄な球団が3位くらいで指名する可能性は十分にある。

今年もワクワクのドラフト会議がやってくる。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1809位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
42位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク