【巨人】山口鉄也がPRP療法/阿部慎之助がファースト完全転向

山口、左肘に「PRP療法」 マー君も治療-2014年10月29日15時53分 スポーツ報知
ついにこの時がきた。
新人王を獲って以降、防御率が3超えしたのは2010年と今シーズンの2度だけ。
2010年は先発挑戦による調整不足が原因で不振だったが、今季は明らかに勤続疲労が原因だ。
7年連続60試合登板なんてやってたら誰だって壊れる。中日・岩瀬の15年連続50試合はアブノーマルだ。
第二次原辰徳政権は山口鉄也あってこそだ。死語になってしまった「育成の巨人」のハシリは山口だ。
山口が出てくる前の左のリリーフって誰だっけ?林昌範?岡島秀樹?前田幸長?條辺剛?思い出せないくらい、山口の存在は今のジャイアンツにとって欠かせない戦力だ。

今オフの補強課題はまずは左のリリーフ投手。
日ハム・宮西尚生の巨人獲得も現実味を帯びてくる。だが宮西も6年連続50試合登板が絶賛継続中なので、やはり故障のリスクもある。しかも関西出身なので阪神・オリックスとの獲得競争もありえる。
ドラフトでは“左の澤村”こと日大・戸根千明、100試合登板を宣言した三菱重工名古屋・高木勇人、ベストナイン投手の国士館大・田中大輝を指名。1位の岡本和真以外はピッチャーという、来季をかなり意識した指名となった。
とりあえず、高木京・公文の成長に期待しつつ、今シーズン台頭してきた笠原・田原・江柄子らと新人を含めて全員で乗り越えていくのが現実的か。
2軍のエース・阿南、なぜかクビにならなかった(近日中にクビになるかもしれない)須永も忘れていない。育成出身の星野真澄…はなぜかクビになってしまった。新天地で雪辱を晴らして欲しい。

楽天・斎藤 PRP療法で復活も「劇的には良くならなかった」-2014年7月12日 05:30 スポニチ
楽天・斎藤隆はMLB時代にPRP療法を受けたそう。近年のMLBではトミー・ジョン手術を受ける前にこの療法をするらしい。

来季の正捕手も課題だ。
阿部、一塁手に完全転向!不動の4番へ28日本格始動-2014年10月28日9時0分 スポーツ報知
このニュースにしても「ああ、この時がきたか」という思い。
35歳、ここ数年は特に足や首の故障に悩まされることが多くなり、打撃にも悪影響が出ていた。
だが一塁に転向したからといって3割30本が保証されるわけではない。
今季は打率.249、本塁打19本。捕手としては立派だが、一塁手としてはかなり微妙。
完全転向とはいっても、原監督は普通に捕手として起用することもあると思う。
試合終盤、捕手小林に代打→一塁阿部→捕手阿部なんて図は簡単に想像できる。
来季は小林を実松・加藤がバックアップするイメージだろうか。
2年目のジンクスにハマって社会人時代の非力な打撃が復活しそうな匂いもするが…前任者が阿部だけにプレッシャーは計り知れない。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
34位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク