Apple Watchを試着してみた

昨日秋葉原のヨドバシカメラに行ってきた。
予定していた買い物を終え、店内を歩いているとAppleコーナーが目についた。
せっかくだからと展示されている身に付けるiPod nanoApple Watchをじっくり見ていると、
店員さんが試着をしてみないかと声をかけられた。

声かけされるのは苦手だし普段なら断るところだが、ウェアラブルコンピュータが次世代を担う分野になると個人的に考えているし、平日で人も少なく待ち時間なしで試せるとのことなので試着することにした。





試すバンドは三種類まで選べるが、予備知識があまりないのでなんとなく「リンクブレスレット」と「ミラネーゼループ」を選択。
店員さんが試着機を持ってくるまでデモ機をいじる。

Apple watchにはWatch OSというiPhoneのiOSとはまた違うOSが搭載されている。
まずこの操作に戸惑った。





上記画像は公式HPから引用。
これがスマフォで言うところのいわゆるホーム画面だが、アプリの並びに慣れない。
iPhoneが普及したポイントのひとつは「直感的に使える」ことだと思う。
画面には正方形のアイコンがキッチリと並びひと目でどれがどのアプリかが分かる。
Androidだと機種やキャリアによってUIが違ったり、バックグラウンドで意図せずアプリが起動している場合があったりと使うのにある程度慣れが必要だ。

自分でカスタマイズできるのもAndroidの強みだがそれが弱点でもある。
逆に自由度が低いのはiOSの弱い点だがそれが長所でもある。
機能だけでなく使い勝手にも重点を置いて欲しかった。





これがリングブレスレット。
時計店に持って行かなくても自分でコマ調整ができる。
僕は腕が細いのでどうかと思ったがこれは簡単だと思った。

ケース径はいずれも42mm。
本体は意外に軽くて驚いた。
「異物を身に着けている」感はほとんどない。







ミラネーゼループは端がマグネットになっており、コマ調整という概念そのものがなく自在に調整できる。
もしかすると「直感的に使える」のは本体ではなく、ベルトの方なのではないだろうか。

最終的な僕の感想としては、「ベルトすげえ!」だった。
Appleはこの製品のためにタグ・ホイヤーといった高級時計メーカーの幹部を引き抜いたらしいが、その真髄を最も感じたのはベルト部分だった。
本体と同じかそれよりも価格が高いので相当気合が入っているのだろう。

200万円もするモデルがあるように、他メーカーのウェアラブルコンピュータだけでなく高級時計ブランドもライバルに入る。
しかし今のままでは高級時計としてもウェアラブルコンピュータとしても中途半端になると感じた。
僕だって200万円時計に使えと言われたらロレックスのデイトナあたりを選ぶだろう。

次期モデル(Apple watch 2ないしApple watch 2nd みたいな名前になるのかな)で実用時計としての機能性をアップさせて、それから高級時計としての在り方も考えていくみたいなスタンスを見たい。
とりあえずバッテリーと充電周りはなんとかして欲しい。

ウェアラブルコンピュータにおける定番商品ががまだ存在しないだけに、少し残念に思った。
なんてことを記事に書こうかなあとふけっていると、店員さんから予約ゴリ推し攻撃を10連発くらい受けてしまいHPがゼロになる前に退散しましたとさ。。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
32位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク