スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ビリギャル流行における格差の表出

「ビリギャル」の正体に疑問の声 実は名門校出身のお嬢様?

 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40 上げて慶應大学に現役合格した話』の書籍が大流行し、映画化もされてこれまた大ヒットしているという。
 まあまあ、僕はこの本そのものに文句を言うつもりはない。
このお話はそもそも2013年5月にウェブサイトで掲載された記事が爆発的に拡散されたのが発端だった。
はてなブックマークかなんかに掲載されてて、書籍化される前にその記事を読んだことがあってその時は特に疑いもせず「すげーなー」くらいな感想だった。

 が、その後に一気に疑わしくなった。
このビリギャルとやらは実はお嬢様系進学校のビリだったと言う。表紙に写ってる人はまったくの別人。
受かったのは慶應のSFCで英語と小論文で受験できる学部だったという。
まあ、嘘はついていないよね。
『(進学校の)学年ビリのギャル(表紙の人はまったくの別人)が1年(と半年)で偏差値を40 上げて慶應大学(SFC)に現役合格した話』
…よし、間違いじゃないな。
僕は凄いとはまったく思いません。私立中学受験するということは、経済的に裕福な家庭であること間違いないし、そもそもの地頭が良いハズだ。

 「じゃあなんで流行してるの?」って事だが、それはハッキリ言って受験について知らない人たちが飛びついているからだ。
おそらく大学受験の勉強などしたことの人たちが、「これを見ればワタチもケーオーイケルかも!」なんてほざいているのだ。
低学歴の世界と高学歴の世界が交わるとき、そこには膨大な金脈が広がる。
このブログの記事で主張されていることが、ここにも当てはまる。

 ビリギャルを書いたのは塾講師の人だが、こういうのを見越して書いたのかもしれませんね。正確には出版社の人かな。
T進ハイ○クー○みたいな予備校もいい商売だ(僕はここを予備校界の読売ジャイアンツと読んでいる)。
CMをあれだけ打てるということは、広告費をバンバン使っているはずだけど、本来そのお金は学習環境のアップに投資するべきでは…
あそこの社長は消費者金融会社の社外取締役もやるくらいだからアレなんでしょうけど。そろそろやめておくか。

 ビリギャル読むくらいなら『ドラゴン桜』の方がインパクトは大きいですよね。
ムチャな勉強法もあるが参考になるかもしれない。

 『偏差値40の高校で万年ビリだった生徒がマサチューセッツに飛び級入学した話』くらいのストーリーがあったら読みたいと思います。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

偏差値なんて全く同じ点数でも他の人によって大きく変わるのに、「40あがるなんてすごい」ってのは、仕組みを理解してないんでしょうね・・・(もちろん努力自体はすごいと思いますし、合格もめでたいことなんですが、それとは別に)

自分も、(校内)偏差値で25くらいぐらつくことくらいありましたし、
30代前半から70なら、まぁそもそもそういう所に行ける子なら巻き返しは十分可能な気もしますよね・・・。
平均点位の子(偏差値50)が40上げたらすごいですがw

違和感ってのは、あれが「大逆転劇」のような扱い方をされてるからでしょうね・・・。

>M.I.F さん

偏差値というのは模試の種類にも左右されますから、一概にどうとは言い難いですよね。
進学校に入ってまったく勉強せずに偏差値は落ちたけど、詰めて勉強し始めたら復活した、なんて話は僕の身の回りでも怒りました。

高校受験では当日の学力考査だけでなく内申点も評価に入りますが、大学受験ではそのようなことはありません。
大学受験というのは一発逆転が狙える勝負の場なので、面白いところだと思います。
非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
49位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。