益の無い消耗戦/『就活のバカヤロー』

 読む本をどうやって選びますか?
好きなジャンルや作家であったり、ベストセラーを参考にしたり、メディアで見かけて気になった本を取ってみたり…
という風に僕は本を選ぶが、たまーにタイトルを見て「これだ!」となる本がある。

 その内の一冊が『就活のバカヤロー』(光文社新書)だった。
まあざっくり言うと就職活動のナンセンスな部分をズバズバ指摘する本です。
これはいいと思ったのは、就職活動を「学生・大学・企業・就職情報会社」という4者の視点から書いているという所だ。
読み進める内にそれぞれの立場にはそれぞれの背景・事情があって事態が悪い方向に進んでいることが分かります。

 まず各章の節のタイトルが挑発的でなかなかオモシロイ。
第1章 就活生はイタすぎる
・学生の「自己分析」はイタすぎる
・何人いるんだ?「私はテニスサークルの代表でした」人間
・99%の学生にとって、資格は無意味
・帰国子女?だから何?

第2章 大学にとって「就活はいい迷惑」
・「うちの就職課は使えねえ」
・「学歴じゃんけん」に負けていじける低偏差値学生

第5章 マッチポンプで儲ける就職情報会社
・ナビサイトはドル箱商品
・電通のナビサイトがシンプルな理由

おわりに
・バカヤローは誰なのか?

思わず笑ったものや印象的なものをいくつか挙げてみた。
本文にもフフッとなるような文章がいくつかあってゲラゲラしながら読んでしまいました。
ライタ―でジャーナリストの石渡嶺司氏と大沢仁氏の共著ですが、やはり面白い文章というのは見習いたくなります。それはさておき…

 著者は就職活動「茶番劇に成り下がった」とぶった斬っていますが、その一番の原因は採用の早期化にあると論じています。
優秀な学生をいち早く獲得したい企業、それに乗じて焦ってイタイ自己分析なんかをしてしまう学生、学生を慌てさせないように1年次から就活関連講座を開く大学、それらを手のひらに載せるようにして煽りまくる就職情報会社…

 2016年卒からスケジュールが3ヶ月前倒しになったそうだが、問題解決に繋がるのだろうか?
本書である大学教員は就活のせいで学生の学業が疎かになっては元も子も無いと述べています。
もっともだと思います。大学というのは本来学問をする場所であって、就職予備校ではありません。
将来を考える事は必要ですが、それはセミナーや講座ではないと思います。

 就職という枠で捉えるのではなく、働くこと・生きることという風に大きく考える必要があるのではないのでしょうか。
13歳のハローワークの村上龍氏が「サラリーマン以外でどうやって食べていくかを考えなさい」とエッセイか何かで書いていましたが、それと似ています。
どこかの企業に就職して働く。それ以外の選択肢を考えてみよう…

 僕は1年生の時、そこそこ意識が高くて?就職を意識して、演習形式の少人数制授業や英語でコミュニケーションをする授業を取っていました。
が、2年生になってそのような授業の選び方は辞めました。
大学がまるで就職予備校のようになっている事に疑問を感じたのです。

 オレはこんな事をするために大学に入ったんじゃない!1年生から就活を意識する奴は資本主義の犬だ!
というのは冗談ですが、就活・就職をせずに食べていく方法を最近考えています。
思いついているのはライターと小説家です。
ライターを名乗るには専門分野の知識が必要ですし、小説家には構成力が必要です。
そして今の僕にはどちらもありません。

 あれ、何を書きたかったのかな。
実は現状の就活っていうのは、学生・大学・企業・就職情報会社それぞれが互いの首を締め合って、結果茶番劇になっているという事だと読み終えて感じました。
この本にはページの下部にはみ出しメモみたいなのが載ってて、各大学の取り組みや人事部の嘆きなどが掲載されています。
聞いたことのない企業を知れましたし、しっぽまであんこがたっぷり詰まったたい焼きみたいな本です。

 一見過激なタイトルですが、中身は非常にしっかりしていて冷静にありのままを分析しています。
ノウハウ本を読み漁る前にこの本をオススメします。




関連記事

スポンサーリンク

コメント

職業訓練の高等教育機関に・・・というニュース然り、本質がずれてしまってますよね。
本屋で見かけたことはあります!就活しない(希望進路は)ので、面白半分に読んでみようかな。

本屋で本かうのは、半分くらい、その場で見かけた惹かれたタイトルとか内容ですね。

>M.I.F さん

 大学を再定義するくらいの政策ですからね。
悪い方向へと進まなければいいのですが…

 やはりタイトルは重要ですね。
山田真哉という公認会計士兼作家の人がいるのですが、あの人はタイトル名人だと思っています。

山田さんの本は読んだことありますよ。
最近はあまりですが、さおだけ屋は高校の時に読んで、経済学に興味湧いたくらいですしw
非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1809位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
42位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク