スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

1番立岡・4番亀井が創る2015巨人打線

 久しぶりに野球ネタ。
ここまで巨人は流動的に打線を毎試合のように組み換えて戦ってきた。
「あの選手もこの選手も調子が良いから使ってみよう」という訳ではなく、どんなに弄っても得点できないから変えてみようというネガティブな意味での、流動的な、です。
リーグワースト1、2を争う得点と打率がそれを物語っている。
逆に失点が最小で盗塁数がリーグトップってどこの中日やねん。

 そもそも今年のセ・リーグはホント情けないです。
交流戦でパ球団に思いっきり搾取されて挙句の果てに全チーム貯金ゼロ&借金状態?
社会主義リーグとかギリシャリーグに移行とか言ってる場合じゃない。
得失点差がダントツでマイナスの阪神が2位に着けているのもツッコミどころだし。

 話を戻しますが今年の巨人打線も例年に見ない程調子が悪い。坂本が離脱した時は終わった、と思いましたね。
オーダー見た時にどんだけ4番軽視するんだこの監督と思った球団史上83代目4番・中井大介を経て、最近4試合は亀井善行が4番を打っています。
亀井が4番タイプではないのは言うまでもないが、消去法的に4番バッターにはまるのは認めざるをえない。
正直なところ、僕は「4番・亀井」はアリだと思っています。
3番坂本・5番長野・6番・阿部で左右打ちのバッターが交互に並ぶジグザグ打線になりますし、当分の間はこのスタメンでいって欲しいです。

 あと「1番・立岡」も続けて欲しいですね。少なくとも上位で使って欲しいです。
2番・井端とのコンビもなかなかハマっていると思います。やはり高出塁率の選手に1、2番を打ってもらいたいです。
立岡は守備や細かい部分がまだ粗削りなのでこれからは未知数です。
2012年にソフトバンクからトレードで移籍。その直後の試合中に左肘靭帯断裂のケガをした影響でバットが振れないようになり、左打ちに転向。
今も両打ち登録ですが左打席に立ち続けているというなかなかの紆余曲折っぷりです。

 チームにとってのピンチは選手にとってのチャンスを生む。
立岡宗一郎と亀井善行の打順定着はファンに安心感を与える。
今度は中井大介、大田泰示が7番あたりに切り込んで…
あ、村田修一さんは…
…アァ

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
55位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。