スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

菅野智之の負け運は固有名詞が付いていいレベル

「土日のヤクルト戦で優勝チームが決まる!」なんてことを言っていました。
1戦目は高木勇人が山田哲人に先制3ランを浴びるも、岡本和真の適時打と阿部の決勝打で大逆転勝利を収めました。
そして昨日の2戦目は、ヤクルトが先発投手の石川雅之の先制タイムリーを含む2点のリードを守り切り、巨人が敗戦。

高木勇人は9月は4試合に先発して1勝2敗防御率6.89です。
うーん……春先ダッシュに成功して終盤に失速するというのは印象がすこぶる悪いですが、
彼のおかげでチームに勢いがついた(特にルーキーが活躍するという点で)部分も間違いなくあると思うので、来年も腐らずに頑張って下さいと言いたいです(昨日2軍落ちしたがCSでの登板はあるのだろうか)。

それよりも誰やねん2戦目に打たれた奴は!ピッチャーに先制打打たれとるやんけ!
二軍で阿部健太にタイムリー打たれてた内海かな?あ、違う。
今年で完全に内海哲也んからエースの座を奪った菅野智之さんですよ言うまでもなく。エースならさぞ貯金を作っているんでしょうねぇ…

菅野智之 25試合 10勝11敗 179回 126奪三振 防御率1.91

ん?

10勝11敗 防御率1.91

10勝11敗 防御率1.91

10勝11敗 防御率1.91


なんで防御率1点代で負け越しているんですか……
手元にある選手名鑑で遡った所、規定投球回数到達者で防御率1点代で負け越しをマークした投手は過去8年間でただ一人、12年の広島・野村祐輔のみでした(9勝11敗防御率1.98)。
ただ11年と12年はボールが基準よりも飛ばないといういわゆる“違反球”での成績なので、投高打低が顕著でした。
11年の新人王・澤村拓一の11勝11敗防御率2.02もそれに該当します。

となると、今年の菅野の「防御率1点代&2ケタ勝利&2ケタ敗戦&負け越し」は相当異常なんですね。
過去にこの条件をクリアした選手が居るかどうかは正確には調べていませんが、近年稀に見る勝ち運の無さであることは間違いありません。

日程から予想すると、あともう1試合だけ先発するかもしれません。
エースという称号は、大事な試合を抑えて貯金を稼いでくれる投手に与えられるべきだと思いますので、なんとか負け越しは阻止してもらいたいですね。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
49位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。