iPad Proは市場でどのような反応を生み出すか

Appleの新製品、iPad Proの発売が始まりました。
従来のiPadが大きくなっただけでなく、性能面もパワーアップした製品です。
この製品が登場した背景としては、やはりVAIO ZとSurface Pro 4の存在が大きいでしょう。
いずれも“ハイスペック・タブレット”という位置付けです。
タブレット独特のタッチパネルやスタイラスペンでの操作を活かしつつ、パソコンとしての高性能も実現するこのクラスの製品は、低~中上位クラスのタブレット製品とは明らかに差別化されています。

個人的にはこのiPad Proは真打ち登場か、と思っています。
VAIOとSurfaceにはパソコンのOSであるWindowsが搭載されますが、iPad Proにはモバイル用OSのiOSが搭載されます。
あくまでパソコンではなくタブレットというスタンスなのでその点で使い勝手が悪いのではないのか、という意見もありますが、むしろパソコン用OSを搭載してしまうとただのタッチ対応Macになってしまうので、そこはAppleの姿勢が良いと思いました。
僕はWindowsタブレットとiPhoneを使っていますが、正直なところモバイル向けOSとしてのWindows10は使い勝手がイマイチなんですよね。やはりスマートフォンの先駆者的存在であるAppleのモバイル向けOSは造り込みが素晴らしいです。

さらにApple製品の特長であるAdobeソフトとの相性の良さも存分に活きると思います。
従来のiPadではスペック不足だった作業ができるようになるとクリエイター系の人達は一斉に飛びつくでしょう。
高解像度の画面と高音質のスピーカーもウケが良さそうです。GarageBandやフォトショップを動かすのには最適でしょうね。

そして合わせて発売されるApple PencilとSmart Keyboardという2つのアクセサリがiPad Proをより強力にします。
ジョブズはスタイラスペンを「誰が欲しがるんだ?」とプレゼンで一蹴しましたが、その掟を破って登場するのがApple Pencilです。ジョブズはあくまでもスマフォに付属させるのが嫌だったというスタンスで受け止めればセーフでしょう(?)。
モバイルデバイスがタッチ対応になって久しいですが、スタイラスペンを使って操作する人は実はそれほど多くないのではないのかと思います。
高性能な筆圧感知と高い筆記性を誇るApple Pencilはその現状を打破する可能性があります。ジョブズの意向とは少し逸れますが、その意味でもこの製品は今のAppleの強い意志を感じます。
お絵かきツール、画像編集ツールとしてのiPad Proの価値がグンと高まります。
Smart Keyboardで文字入力の面も補完されます。が、英語(米国)キーボードのレイアウトのみにしか対応していないので、使う人は選ぶでしょう。

Apple Watchには迷走を感じましたが、このiPad Proは久し振りにAppleから良い製品が出たなと思いました。
使ってもいない新製品を評するのも中々楽しいものですね。
ちなみにiPad Proの最低価格は32GBモデルの94,800円(税別)、Apple Pencilが11,800円(税別)、Smart Keyboardが19,800円(税別)です。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
17位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク