スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

「Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」 で料理を撮る

どうもクリスマスは特に用事が無い者です。
ブログを書くくらいぐーたらしています。

今月からついに単焦点レンズの世界に踏み込んだのですが、非常に面白いです。
もう少し使い込んでから色々書こうと思いますが、今日は料理写真にテーマを絞ります。

僕が買った35mm F1.8とよく比較されるのが、40mm F2.8というマクロレンズです。
40mm F2.8はマクロレンズなので被写体まで数センチの所まで寄ることができる一方、
35mm F1.8は最短撮影距離が0.3m・最大撮影倍率が0.16倍と、近寄って撮るのには不向きなレンズです。

なので料理写真には40mm F2.8が適しているというレビューをよく見かけます。
僕はF1.8という明るさに惹かれて買いましたが、果たしてこのレンズでどのように料理を写せるのか試してみました。





料理写真(スーパーの半額寿司)。





肉豆腐。イヴに食べた。簡単だしご飯に合う。





こんにゃくを甘辛く炒めたやつ。下処理をちゃんとすると味が染み込むんだな…





ピントが怪しいけど春雨の炒めもの。





これだけ絞り開放。


ありきたりな構図でレンズの真価を発揮させていないような写真たちです…
そもそも40mm F2.8を持っていないので比較もヘチマもないですが…
35mm F1.8でも料理写真は撮れます
ただ、料理一品に注目して撮るよりも、2~3品を俯瞰的に撮る方が向いていると感じました。

単焦点を使い始めて身にしみて実感していることですが、結局は撮る人の腕次第ですね。どんなカメラやレンズを使おうとも。
これまで自分がどれだけズームに頼って構図を決めていたのかがモロバレでした。
そういう意味で単焦点レンズは撮る人を試させるものです。

また来年このブログに同じテーマで写真を載せて、自分の写真がどれほど変わったのかを見比べたいものです。
こんな結論になってしまい、検索でたどり着いた人には申し訳ない……


単焦点デビュー/Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 開封&試し撮り

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
87位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。