9月14日 東都リーグ (國學院大-専修大) の感想 【清水昇、宮内崇匡】

また東都の1部リーグについての記事です。
なかなか勝点を挙げられない専修大学と、國學院大学の対戦。

ほとんど予習をしないまま観戦をした訳ですが、國學院大の投手は全体的にハイレベルだと感じました。



まず、先発の清水昇(2年)は最速147キロを誇る右の本格派。
今秋リーグが始まるまでに通算38.1回で39奪三振。
この試合ではストレートの最速が145キロでした。
変化球は120キロ前後のスライダーとフォーク、帝京高校の先輩の山崎康晃直伝の120キロ台のツーシームを交えていて、制球は可もなく不可もなく。
打者の手元で変化させてバットの芯を外す球種や、直球に続けて緩急を付けるための球種などを、しっかりと使い分けて投げ込んでいる印象を受けました。
欲を言えば、より効果的に緩急を付けるための100キロ台のカーブをもっと投げて欲しかったなあと。
4回73球被安打5四死球2三振4で降板。コントロールのアバウトさがマシになれば、もっと長いイニングも任せてもらえるでしょう。
正直に言って、個人的に最も注目の投手ですね。それくらい本格派としての雰囲気を感じました。
変化球をより活かすためのストレートの質の向上、制球力の改善に特に期待したいです。

そして2番手はサウスポーの宮内崇匡(3年)。



こちらも通算17回で16奪三振と奪三振能力が伺えるピッチャー。
土浦日大時代は甲子園経験がなく、進学後3年春に初登板。救援中心で9試合3勝2敗防御率3.18。
常時ノーワインドアップのフォームから最速139キロ。
チェンジアップとカーブはブレーキが効いているのと、投げる瞬間にタメを作っているので、球速表示よりも速いと感じられるでしょう。
あと良いと思ったのが、見逃しでストライクを取れるということ。無駄なカウントにもつれ込んでしまう事はあったものの、この辺りの精密さは目を見張るものがありました。
強打者揃いと評判の専修大打線から3回53球被安打3四死球1三振2。1塁ベースカバー時に送球をポロリしてしまい失点は1。
タメを作るフォームと直球の質は中央学院大の田辺樹大、変化球のブレーキの効き加減は神奈川大の濱口遥大を連想しました。

3番手は山口和哉(2年)。



済美高校時代は同学年に安樂智大がいたため登板機会はさほど無かったそうです。
グラブを正面に突き出す特徴も持ちながらも、基本的にオーソドックスな右のオーバースロー。
直球は130キロ台後半で、2回17球被安打1打者6人失点0で交代完了。
彼もゆくゆくは清水と共にこの世代を引っ張るのだと感じさせるナイスピッチでした。

一方、宮内のエラー間に生還した1得点のみとなった専修大打線は悩めますね。



前週の亜細亜大との試合で2ランを放った福永裕基(2年)は5打数3安打と気を吐いていました。



3番セカンドで出場した伊與田一起(4年)は小柄ながら力強い打球をレフト前に。



星稜高校出身でゴジラ2世の呼び声高い森山恵佑(4年)は1安打と足踏み……
6番ライトで4打数2安打だった2年生の秦匠太朗は注目。亜細亜大との開幕戦でもタイムリー2ベースを打っていました。




國學院大の背番号1・4番センター久保田昌也(4年)はノーヒットも俊足強打ということで楽しみな素材。



決勝2ランの松野悠大(2年)。左バッターボックスからライトへ完璧な打球でした。



この試合一番の名(?)場面は専修大の齋藤正直監督の抗議。
ハーフスイングをしていないという判定に怒って飛び出してきました。大学野球でこんなシーンは初めて見ましたw
熱い闘志を見せるものの、結局は3対1で國學院大が勝利という試合結果でした。
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2016&SEASONID=02&LEAGUEID=01&GAMEID=16276
次の日は秦の2ランなどで5対3で専修大が勝利するも、16日金曜日の試合はやはり清水と宮内のリレーが専修打線を封じ込め國學院大學が勝点を挙げました。

國學院大と専修大のカードは、両者の投手力の差が命運を分けました。
亜細亜大との試合同様に専修大はブルペンの入れ替わりが慌ただしかったです。
平間、堀田、勝田、高橋礼、柳澤、本間と一通り専修大のピッチャーを見ましたが、どの投手も球速・制球・変化球という3要素はそれなりのものを持っていると思います。
選手達をむやみに混乱させるような運用・起用ではなく、役回りを決めてあげる方が能力を発揮させやすいでしょう。
そのためには選手個々の特性をしっかり認識することが必要です。あのブルペンの動きを見てしまうと少し可哀想な気もしてしまいます。

さて、長くなってしまうので専修大のピッチャーについてはまた記事を改めて書こうと思います。当ブログイチオシのサブマリン高橋礼は登板なしでした。
授業が始まり現地で観戦出来るかは難しいので、ブログへのアウトプット中心でいきます。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1900位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
42位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク