DeNA9位 明治大・佐野恵太はお買い得選手?

1人で複数ポジションをこなす選手がいると、チームにとって心強い。
相手先発投手に合わせて柔軟にスタメンを変えることが出来るし、試合終盤での切り札的起用もしやすい。
今年CSに初進出したDeNAで言うところの宮﨑敏郎のような選手だ。
そのDeNAは、ドラフト9位で明治大学の佐野恵太を指名した。

佐野はコンバートが大前提


佐野は主に3番や4番を打つ左バッター。ポジションは一塁手。
DeNAがなぜ大卒の一塁手を指名したのかというと、これはコンバートを考えてのことだろう。
実は広陵高校時代、佐野はショートからキャッチャーに転向した経歴を持つ。
明治大は捕手の層が厚い。先輩に阪神・坂本誠志郎がいて、同期には通算7本塁打の牛島将太と、オリックスに育成指名された中道勝士が在籍している。
捕手ではなく、より打棒を活かせるポジションで期待されたのだ。
鉄は熱いうちに打てということわざの通り、佐野も若い内にセカンドやサードの練習を積めば、今後の野球人生に花を咲かせるための種をまけるだろう。

通算6本塁打の主砲


主軸として春秋連覇を遂げた佐野は2年秋に初ホームランを放った。
通算6本塁打の内訳は3ラン3本、満塁弾1本、ソロ2本と印象に残る活躍をしている。
僕が六大学のバッターを見る上で、東大戦とそれ以外での成績の差異を重要視しているが、佐野の場合は以下のようになっている。



1年次は出場が無かったのでサンプル数としての物足りなさこそあるが、指名されるギリギリのラインだろう。
東大戦では27打数で1つしか三振を喫していない事に少々驚きだった。
ちなみに巨人・山本泰寛の東大戦を除いた成績は64試合.244(234-57)4本塁打9打点である。
大学通算7本塁打の内3本を東大戦で打った山本だが、今季1軍ではファンの期待を盛り上げるような打席を見せてきた。
佐野も早々に1軍デビューしたら、前述のようなインパクトある活躍をしてくれるかもしれない。

三振率と四死球率の比較



成績は全て六大学野球連盟のHPから算出しているが、犠飛が掲載されていないため出塁率の計算が出来ない。
そこで四死球率(四死球/打席数)を代用としてはじき出した。
また、阪神・高山俊と楽天・茂木栄五郎の成績をベンチマークとして比較に用いた。
僕のような巨人ファン向けに山本のソレも置いてみた。



打席数(打数)は高山444(404)、茂木332(277)、山本312(280)、佐野232(200)。
三振率は早打ちのバッターだと低くなる傾向こそあるが、佐野の数値は他3人よりも低い。
比較対象が少ないので強くは言えないが、四死球率もズバ抜けて悪い訳ではない。
ちなみに山本は今季二軍で三振率.171(51/298)四死球率.084(28/334)だった。

通算成績・まとめ




4年秋はホームラン0、二塁打1本と低空飛行だったが打率はキッチリ残した。
成績の推移を見ても今まさに伸び盛りの選手である。
ポジションは一塁だけども、それは化けの皮で、実は打力を兼ね備えたユーティリティになれる素質を持っている。そんな魅力が佐野にはある。
DeNAは前の2年で山下幸輝・柴田竜拓と大学生内野手を指名している。
佐野の武器である打力は、この2人にとっては脅威だろう。DeNAは9位で現有戦力の尻叩きが出来るような選手を指名したのである。
まだ決まった訳ではないが、佐野は入団に前向きなコメントを残している。
目指すは左の宮﨑敏郎。
ハマスタで躍動する佐野を見る日はそう遠くないはずだ。

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

大学生
野球、アニメ、カメラに興味
読売ジャイアンツ/東京六大学野球/東都野球/ニコン など
ブログにテコ入れをはじめました

【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com
About



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


FC2カウンター

Twitter

バロメーター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
34位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QRコード

広告

はてなブックマーク