18年春アニメ 感想その2

『ウマ娘 プリティダービー』 3話視聴

評価するつもりはないけど評価が難しいアニメ。『ウマ娘』はしょせん声優コンテンツ、果たしてアニメは……? と思ったら案外人気があるようです。
しかし「ウマ娘」という生き物はどうなのか? 「人馬一体」という言葉がある通り、ヒトとウマは本来別個の存在なのが本質なのではないでしょうか? ならこれは陸上アニメなのでは?
馬と騎手の調子・実績、ダートの状態など、あらゆる要素に鑑みて馬券をするのが競馬のおもしろさなんじゃないんですかね? ヒトとウマが一体なら八百長もやりたい放題でしょう。僕はギャンブルをやらないので知りませんけど、競馬そのものが否定されてしまっているような感覚……。

逆に言うと「常識にとらわれない発想」という風に解釈できますし、競馬をまったく知らない僕でもストーリーで楽しめていますから、シンプルにアニメとして考えたら良作のたぐいなんでしょうねぇ……。「そのジャンルに詳しくなくても展開がおもしろい」ところは『りゅうおうのおしごと』と共通しています。

『ヒナまつり』 3話視聴

個人的には今期の中でも上位に位置付けられている作品です。
ヤクザと少女のミスマッチ具合、ヒナちゃんと新田の絶妙な行き違いが妙にツボです。
この2人の考えや行動のズレで笑わしてくると思いきや、変顔をしたりや能力を発揮したりするシーンで視覚に訴えるストレートな笑いを誘う。
さらにアンズとホームレスが生活をする3話のように人情ドラマ的な要素もあります。他の方も書いていましたが前期の『三ツ星カラーズ』と通ずる部分もあります。
ストーリー展開と同じくらいコメディ要素にも期待したいです。


『魔法少女サイト』 3話視聴

異色派魔法少女モノ枠。系統としては『魔法少女育成計画』寄りなんだけどそっちよりもグロシーン多し。
まず、物語としては普通に面白いと思います。「魔法少女サイト」の管理人が一体誰で何のためにこんなことをやっているのかとか、主人公は生き残れるのかとか、続きも気になりますし。
それとは別に、残酷な描写が多いのは刺激を通り越して不愉快。グロを挟むだけ挟んで、意図が存在しないような印象を受けます。

ふと思い出しましたが、ジャンルは違いますけど『Another』のグロシーンは視聴していてゾッとすることが多くありました。
要するに、グロや残酷のゴリ押しではなく緩急を意識して使った方が、その表現が効果的になるんじゃないのかということを言いたいのです。

……と、これは2話まで見て書いた感想。
3話にはアイドルの穴沢が登場。朝霧・奴村含め心なしか一気に可愛さが出てきた印象を受けました。
それにしても穴沢の声優が芹澤さんなのはドンピシャですね。彼女のInstagramのIDを見て以来、個人的に芹澤さんはオラオラ系のイメージを強く持っています。今期の『3D彼女 リアルガール』の五十嵐さんもピッタリの配役だと思いました。
その穴沢の魔法少女ステッキが実はパンツという設定は、作中のホラーの雰囲気とかけ離れている点で意外性があり面白いです。
いつの間にか朝霧と奴村の間にも親密性が築かれ始めているし、その2人が壁をどう乗り越えていくのか興味津々です。
この3話は、作品の特徴である「グロ」と「ホラー」を活かす上で非常に重要な役割だったと思いました。

関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック


〈スポンサードリンク〉

〈スポンサードリンク〉

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


最新記事
FC2カウンター
Twitter
バロメーター
カテゴリ
広告
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
7868位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
221位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2拍手ランキング