18年春アニメ 感想その3

『多田くんは恋をしない』 3話視聴

まず気になったのは、カメラのメーカー名をパロディではなくプロダクト・プレイスメントの要領で晒しまくること。
同じくカメラ部が出てくる『Just Because!』はキヤノンが協力したためほぼキヤノン製品しか登場しなかったですが、多田くんにはニコン・キヤノン・パナソニック・ソニー等様々なメーカーが登場。
下手の横好きでカメラをいじってるのでこういうところに目が行っちゃうんですよ。ちなみに多田くんのD7200は僕が使っているカメラと同じ機種です。つまり僕=多田くん(冗談は顔だけにしろ)

カメラが重要な小道具を担うということで興味が惹かれたのですが、肝心の中身も面白いです。
とにかくキャラが可愛い。金髪ポニテのテレサ、赤髪でキツイ目のアレク、三つ編みメガネの委員長、黒髪おかっぱの多田妹……。どれもストライク・ゾーンをガンガン攻めてきて素晴らしいです。それぞれの属性といい外観といい、個人的なキャラの好みは今期ナンバーワンの作品でしょう。

展開にも触れるとここまでの3話は、キャラの魅力を全開に引き出す構成である印象です。特に多田くん以外の伊集院(料亭のボンボン)、杉本(ヌード写真家志望)、山下(ヘアピン)の3人の男は助演男優賞並の働きで、カメラ部女子部員にどのように扱われるのかを通して各々の個性がにじみ出ていました。杉本はいいヤツですね、友達にいると心が豊かになりそうなタイプです。
3話はボグセビックならぬニャンコビッグの視点で物語が進みました。誰の視点(一人称か三人称か?)でストーリーを書くべきなのかという問題は書き手の頭を悩ませるものです。創作活動する人にとってはヒントになるお話だったんじゃないのかなぁ、と。
ところで飲食店に猫って置いていいものなのか?

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』 3話視聴

SAOの名を残しながら味わいはまったく異なる点で、作者の引き出しの多さに感心しました。……と書いたけど調べたら川原礫さんの原案で時雨沢恵一さんがスピンオフとして執筆したという経緯なので、厳密に言うと作者が違いましたね。
アスナとやっぱキリトかなーwが出てきたSAOは「失われたものを取り戻す」という普遍的なテーマがオーソドックスに描かれていた印象ですが、今作はどこか厚みを感じさせるのです。

それは幼女スタイルのレンが武器を持ち、エムという大柄な男性と共に、荒廃した土地で戦闘を行っていくというギャップがそうさせているのではないかと考えられます。
レンには現実世界で自分の姿にコンプレックスを持っていて、でもこのままではダメだと発起してゲームを始めた背景があります。そのあたりの「コンプレックス・悩みを解消しよう」という姿勢が存在していることも、以前のSAOとは一味違うように思います。
声優は楠木ともりさんが演じていますが、新人とは思えないハマりようです。『メルヘン・メドヘン』では一旦打ち切りの悲劇こそありましたが、、ロリ系の声質とシリアス演技をこなす技術力にはその頃から定評があります。

関連記事

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック


〈スポンサードリンク〉

〈スポンサードリンク〉

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
【Twitter】@blmtpeter
お問い合わせはコチラ→blmtpeter☆gmail.com



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


最新記事
FC2カウンター
Twitter
バロメーター
カテゴリ
広告
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
7868位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
221位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック
FC2拍手ランキング